REWILD OUTDOOR TOKYO

【東京都中央区】

メインPhoto

どんなところ?

今回は、東京・茅場町という都心で、アウトドアの雰囲気を楽しみながらキャンプの定番メニューを作って食べられるカフェ「REWILD OUTDOOR TOKYO」をご紹介します。
草木が生い茂る森を再現した店内には小川までが流れ、照明も木々からの木漏れ日をイメージ。テーブルやイスも実際のキャンプ用品や木目調で統一され、ここが都心であることをすっかり忘れてしまうほど。運営するREWILD社はキャンプ場も運営していると聞いて納得です。
オープンから14:00までは緑あふれるカフェといった営業形態ですが、14:00以降のディナータイムではメニューも一変! 下ごしらえを済ませた料理を受け取り、バーナーやメスティンを使って自分たちで調理をする「キャンプ体験メニュー」を提供するバーチャルキャンプ場へと変化します。
家族や友人たちとわいわい楽しみながら料理をするキャンプの醍醐味を、屋内にいながら完全に再現! まだ本格的なキャンプには不安のある初心者やお子様にもオススメですよ。

生い茂る草木に川のせせらぎまで店内に再現!

「都会の森であそぶアウトドアカフェ」というコンセプトの店内は、床全面には人工芝が敷き詰められ、天井からは枝木や草が生い茂り、まさに森の一角を切り取ってきたかのよう。テーブルやイスもキャンプなどで使われるローテーブルやローチェアが使われ、店内の焚き火台も単なるインテリアではなく、「キャンプ体験メニュー」の一部でも使用します。
“まるでアウトドア”というより“アウトドアそのもの”な内装ながら、屋外での飲食に抵抗のある人でもキャンプ体験を楽しめるお店になっています。
image

屋内なのに、まるで野外にいるような開放感がある店内。秋は紅葉、春には花が咲いて…とディスプレイも変化します。

image

店内にはアウトドアの定番ロケーションである渓流が再現されています。水の流れる音は心が癒されますよね?

image

店内に配置されるチェアーも本格的! 地面に近く、傾斜の深い背もたれによるリラックス感は独特なもの。

image

店内のハンモックでゆったりとしたリラックスタイムを。ゆらゆらと揺れる座り心地は、クセになりますよ。

image

夜になると各テーブルにランタンの火が灯されて、アウトドアの雰囲気が満点! ゆらぐ炎に見入ってしまいます。

image

月に1~2回、キャンプに興味のある人が集まる交流会を開催中。キャンプ仲間が欲しい人はぜひ参加してみては?

美味しく映える「スモーキーマウンテン」で燻製体験

タラモサラダやチーズ、チキンやトマトでできた山々を、その場で燻製にしていただく「体験メニュー」が「スモーキーマウンテン(1430円)」です。スモーカーにセットしたチップに火を付けると、みるみるうちにガラスドーム内が燻煙で満たされます。たっぷり薫香を染みこませたら、ガラスドームをオープン! 山頂から眺める雲海のような光景は、ぜひ動画に収めたい“映え”な瞬間。スモーキーさが加わったタラモサラダやチーズの味も絶品で、絶対に注文していただきたい一皿ですよ。
image

お料理とスモーカーがセットされた状態で提供。ウッドチップはヒッコリーとサクラの2種類から選べます。

image

お好みのウッドチップをスモーカーの上にセットしたら、バーナーでチップに点火して燻製スタート!

image

点火すると、みるみるうちにドームの中にスモークが充填されていきます。5分ほど放置して薫香を染み込ませましょう。

image

再度チップを炊いて追いスモークし、煙が充満したら完成です。ドームをオープンする瞬間をお見逃しなく!

アウトドア飯の定番! メスティンで作るパスタ!!

アウトドアの調理シーンで必ず出てくる、メスティンを使ってパスタを作れるのが「ユデッパスティン(770円)」です。パスタとベーコンやタマネギなどの具材、水が入ったメスティンを、バーナーにかけてひたすらかき混ぜ、水分が蒸発したらお好みの調味料で味付けすれば完成! さらにハンバーグやチキンなどの単品メニューと組み合わせればバージョンアップも可能です。調理自体はとっても簡単なので、火の取り扱いにだけ気をつければお子様の料理入門にもピッタリですよ
image

パスタと具材が入ったメスティンに、水が注がれた状態で提供されるので、そのまま点火したバーナーにオン!

image

麺がくっついてしまわないように、しっかりと全体をかき混ぜ続けるのが芯を残さずに作るポイントです。

image

火にかけ続けて水分がなくなったらゆで上がり! ここからお好みの調味料で味付けすれば完成です。

image

サイドメニューの追加でさらに豪華に! 上の写真はこちらの「オイスタージャグジー(660円)」を投入したもの。

自分で作る煎りたて・挽きたて・入れたてコーヒー!

設営の合間に一息入れたり冷えた身体を温めたりと、アウトドアに欠かせないのがコーヒータイム。「REWILD OUTDOOR TOKYO」では、通常の「ホットコーヒー(440円)」だけでなく、自分の手でコーヒーを淹れる「マイコーヒー(990円)」を提供しています。しかもミルで挽くだけでなく、なんと生豆の焙煎からできちゃうのはなかなか他ではできない体験です。「なんだか難しそう」と思うかも知れませんが、スタッフのアドバイスを聞けば意外と簡単。自分だけの味を楽しんじゃいましょう!
image

コーヒーを生豆から淹れるための道具がフルセットで登場! 買うと結構なお値段になるので、とってもお得。

image

まずは生豆の入った焙煎器で豆を煎ります。いかにも豆! という臭いが、だんだんコーヒーの香りに……。

image

お好みの具合に焙煎したら、コーヒーミルで粉にします。ハンドルを回してガリガリ削る作業は楽しいですよ。

image

ペーパーを敷いたドリッパーに粉になったコーヒーを移し、お湯を注いだら美味しいコーヒーのできあがり!

アウトドアの定番メニューや映えるドリンクがいっぱい!

「REWILD OUTDOOR TOKYO」の「体験メニュー」はまだまだあります! カレーやソーセージ&チーズなど、5種類の具材が選べるホットサンド(各1100円)や、マシュマロを焚き火で焼く「モアスモア(550円)など、アウトドアといったらコレ! というメニューがいっぱい! ジャンバラヤにハンバーグをトッピングしたり、即興で組み合わせるのもキャンプ飯の醍醐味です。迷ったときに嬉しいコースには、次回以降で使えるコーヒー無料券までついているのでオススメですよ!
image

キャンプ飯の定番、ホットサンド(各種1100円)も自分で作れます。ランチタイムにはできたてをセットで提供。

image

焼いたマシュマロをビスケットとチョコレートで挟む「スモア」は、店内にある焚き火台を使って実際に自分で焼けます!

image

オレンジが丸ごと乗っかった、その名も「そのまま丸ごとオレンジ(770円)」。グレープフルーツジュースもあり。

image

世界中から集めたクラフトビールのラインナップも魅力! その月限定の銘柄もあるのでお見逃しなく。

REWILDが運営するキャンプ場もオススメ!

「REWILD OUTDOOR TOKYO」を運営するREWILDは、女性に嬉しいグランピング・キャンプ場や音楽と楽しむアウトドアをテーマにしたフェス・キャンプ場、目の前に雲海が広がる天空のキャンプ場など、本物のキャンプ場も経営しています。アウトドアに興味がある人は「REWILD OUTDOOR TOKYO」からステップアップして、これらのキャンプ場でデビューを目指してみては?

モデル:小林眞琴

スポット情報
  • 所在地
    東京都中央区茅場町2-1-13 信光ビル1階
  • 電話番号
    03-6661-1290
  • 営業時間
    <ランチタイム>11:00〜14:00
    <キャンプ体験タイム>14:00〜22:00
  • 定休日
    土・日・祝日
  • 駐車場
    近隣に有料駐車場あり
  • 公式サイト
  • 備考
    支払い方法:キャッシュレス(クレジットカード・PayPay・各種交通系IC・ApplePay・iDなど)
    ※現金でのお支払いには対応していません
よく読まれている記事
営業日
2024年 2月
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
1
2

定休日

イベント日

臨時休業

■イベント日 ■定休日 ■臨時休業日

SNS
ネッツトヨタ埼玉公式LINE

※一部環境によっては、表示がくずれたり、表示ができない場合があります。

メルマガ
メルマガを登録

このWEBマガジンは、ネッツトヨタ埼玉の各種キャンペーンやクルマに関する情報の配信をご了解いただいた方に向けてお送りしております。
フィーチャーフォン(従来型携帯電話)でご登録の方は、コンテンツを閲覧できない場合がありますので、予めご了承願います。
配信先変更、配信停止などは、こちらよりお願いします。
お使いの機種や動作環境によって、お名前が文字化けする場合があります。その際は、下記【ネッツトヨタ埼玉 Webマガジンサポート】までご連絡をお願いいたします。なお、登録時のアドレス以外でご連絡いただいた場合、修正対応ができない場合がありますので、ご注意ください。

■ネッツトヨタ埼玉ホームページ
https://saitama.netz-toyota-dealer.jp/

■お問い合わせ
ネッツトヨタ埼玉 Webマガジンサポート
webmag@netz-saitama.com