国立競技場スタジアムツアー

【東京都新宿区】

メインPhoto

どんなところ?

2021年に開催され、数々の感動を生んだ「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)」。そのメイン会場として使用された「国立競技場」の、通常は入ることができないトラックや選手ロッカールームなどに、入ることができる「国立競技場スタジアムツアー」をご紹介します。
このツアーでは「東京2020大会」で実際に選手たちが走ったコースを実際に走ることはもちろん、実際に大会で使われた聖火台やトーチ、表彰台と共に写真の撮れるフォトスポットを用意。バックステージにある、約300もの世界中から集まった選手たちのサインが書かれた「サインウォール」も壮観です!!
「東京2020大会」以外にも、国立競技場を舞台に戦ったサッカーやラグビーの日本代表選手やクラブチームの企画展示も期間限定で行われており、様々なスポーツのファンや未来のアスリートを目ざすお子様にもオススメ!
ツアーの開催日時や申し込みは、公式サイトのカレンダーからご確認ください。

気分は有名アスリート? 東京2020大会のレガシーと写真を!

まず最初にご紹介するのは、「東京2020大会」に出場したアスリートが書き残したサインウォール。全部で約300ものサインがあり、大会で応援していたあの選手のものも見つかるかもしれませんよ。
出場選手のインタビューなどに使われた「フラッシュインタビューエリア」では、実際に大会で使われた聖火台や表彰台と撮影できるフォトスポットコーナーを用意。ここではTV中継で印象深い、「ビクトリーサイン」も体験できます。撮影した映像は、QRコードでお持ち帰りも可能。当日までにサインを考えておいてくださいね!
image

「東京2020大会」に出場したアスリートのサインがずらり! 添えられたイラストやひとことから、人柄も垣間見えます。

image

無数のサインの中から、100メートル走で日本人史上初の9秒台を記録した桐生祥秀選手の直筆サインを発見!

image

日本全国を巡り、東京で聖火台に火を灯したトーチ。向かって左がオリンピック、右がパラリンピックで使用したものです。

image

実際に使用された表彰台に立って記念撮影することができます。やっぱり真ん中の1位の場所に立ちたくなりますよね!

image

カメラに向かってサインをする“あの映像”が撮れる「ビクトリーサイン体験」。何を書くか、迷ってしまいますよね?

image

「ビクトリーサイン体験」で撮影した動画はQRコードでお持ち帰りできます。SNSにアップしてアスリートの仲間入り!?

「ビクトリーサイン体験」のお持ち帰り動画はこちら!!

ロッカールーム裏にはサッカーやラグビーの日本代表のサインも

このツアーでは、通常は入れない「選手ロッカールーム」にも入れるんです! 木のぬくもりを感じさせるロッカールームで、試合に向けて選手たちがどんなコミュニケーションを取っていたのか、想像するだけでワクワクしてしまいます。
取材で訪れた2023年9月には、「歴代日本女子サッカー代表 なでしこユニフォーム&ボール」が展示されていました。こうした期間限定の企画展示も随時開催されているので、要注目ですよ!
image

JFA主催「ファンが選ぶサッカー日本代表ベストイレブン」のユニフォームがズラリ! 当時のユニフォームなのも注目!

image

取材で訪れた2023年9月には、「歴代日本女子サッカー代表 なでしこユニフォーム&ボール」を展示していました。

image

選手ロッカー裏の通路で、FCバルセロナの選手のサインを発見! 2023年6月に、ヴィッセル神戸戦で来日した際のもの。

image

こちらは日本中を歓喜に沸かせたラグビー日本代表のサイン。ジャージと同じ赤い文字から、熱さが伝わってきそうです。

トップアスリートの汗が染み込んだトラックへ!!

このツアーの醍醐味ともいえるのが「トラック&フィールドエリア」。
選手が登場する入り口から入場することができ、沢山の観客席や天然芝が目の前に広がる光景は圧巻です! 実際にトラックを走ることもできるので、天気が良い日には心地良い太陽の光や風を浴びながら、小さいお子様も目一杯遊ぶことができますよ。
また、観客席の一部が開放されているので、競技中とは違った雰囲気の会場をゆっくり眺めるのもオススメです。
image

トラックには本物のスターティングブロックやハードルが設置されており、トップアスリート気分を味わえます。

image

グラウンドから見る客席はまさに圧巻の迫力!! 観客席に手を振ったりすれば、スポーツ紙の一面を飾るような写真に!?

居心地が100点満点!?展望エリア

ツアーの締めくくりには、トラックを一望できる4Fの「展望エリア」へ! ここからは全国各地の木材を使った天井や、「森の木漏れ日」をイメージした客席のモザイク模様など、日本を代表する建築家・隈研吾氏のデザインをじっくり鑑賞できます。
また展望エリアの通路では、サッカーやラグビーの試合で使われたベンチや、通常の大会で使用している表彰台を設置。もちろん、こちらも実際に座ったり、表彰台に上がって撮影することが可能ですからお見逃しなく!
image

座り心地が最高なこのベンチ、なんと実際に試合で使用していた選手用のもの。座れば気分は出番を待つスーパーサブ!?

image

ベンチ座面の樹脂部分に芝が封入されているのがわかりますか? これは「東京2020大会」で使用された芝なんです。

外周には聖火台も展示されてますよ!

今回ご紹介する、「国立競技場スタジアムツアー」の見学コースには含まれていませんが、ご来場の際には外周に展示されている「東京2020大会」の「聖火台」にもぜひお立ち寄りください。大会史上初めて聖火に水素ガスを使用した、サスティナブルな聖火台となっています。
そのすぐ近くには、1964年開催の「東京オリンピック」で使われた「炬火台(きょかだい)」も設置されていますので、こちらもお見逃しなく!!

ツアーの記念にオリジナルグッズをおみやげにどうぞ!

入場ゲート近くにある国立競技場オフィシャルショップでは、様々な公式限定グッズやおみやげを販売しています。
建築物としての国立競技場に興味を持った方には、設計コンセプトやエンジニアリング、施工などを記録した、総ページ数200ページの『JAPAN NATIONAL STADIUM 国立競技場(3300円)』という本がオススメ! 「つくるんです®ウッドパズル TGN03 国立競技場(5280円)」も、プラモデル感覚でおうち時間のお供にぴったりですよ。
image

国立競技場のロゴやシルエットが焼き込まれた「国立競技場 瓦せんべい(972円/12枚入り)」。パリッとした歯ごたえが緑茶にぴったりです。

image

「国立競技場 クッキー(864円/18枚入り)」は、色鮮やかなフルカラーの国立競技場をプリント! 個包装なので職場のおみやげにも。

モデル:島袋香菜(SHOWTITLE)

スポット情報
  • 所在地
    東京都新宿区霞ヶ丘町10-1
  • 参加費
    大人1800円/高校生以下1000円
    ※特別ツアー・イベント開催時の参加費は別途設定
  • ツアー開催時間
    10:00〜17:00
    ※当日の施設利用状況によりツアーの開催時刻が異なります
  • 開催日
    公式サイトの開催日カレンダーを参照
  • 駐車場
    近隣に有料駐車場あり
  • 公式サイト
よく読まれている記事
営業日
2024年 4月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

定休日

イベント日

臨時休業

■イベント日 ■定休日 ■臨時休業日

SNS
ネッツトヨタ埼玉公式LINE

※一部環境によっては、表示がくずれたり、表示ができない場合があります。

メルマガ
メルマガを登録

このWEBマガジンは、ネッツトヨタ埼玉の各種キャンペーンやクルマに関する情報の配信をご了解いただいた方に向けてお送りしております。
フィーチャーフォン(従来型携帯電話)でご登録の方は、コンテンツを閲覧できない場合がありますので、予めご了承願います。
配信先変更、配信停止などは、こちらよりお願いします。
お使いの機種や動作環境によって、お名前が文字化けする場合があります。その際は、下記【ネッツトヨタ埼玉 Webマガジンサポート】までご連絡をお願いいたします。なお、登録時のアドレス以外でご連絡いただいた場合、修正対応ができない場合がありますので、ご注意ください。

■ネッツトヨタ埼玉ホームページ
https://saitama.netz-toyota-dealer.jp/

■お問い合わせ
ネッツトヨタ埼玉 Webマガジンサポート
webmag@netz-saitama.com