おもちゃのまち バンダイミュージアム

【栃木県下都賀郡】

メインPhoto

どんなところ?

1950年の創立以来、数々のヒット商品をリリースしてきたバンダイ。その同社が運営するおもちゃの博物館が、今回ご紹介する「おもちゃのまち バンダイミュージアム(以下バンダイミュージアム)」です。
館内は、平安時代の「貝合わせ」から近年までの日本のおもちゃが並ぶ「ジャパントイミュージアム」、『ガンダム』シリーズの関連作品を集めた「ホビーミュージアム」、ヨーロッパを中心としたアンティークトイを集めた「ワールドトイミュージアム」に分かれ、文字通り古今東西のおもちゃを展示。遊びざかりのお子様はもちろん、お父さん・お母さんやおじいちゃん・おばあちゃん世代でも、思わずテンションが上がる品々が多数並んでいます。
また、館内には発明家・エジソンにまつわるコレクションを展示する「エジソンミュージアム」も併設。様々な機構を組み合わせたおもちゃと一緒に見ると、クリエイティブな発想力が刺激されて未来の発明王が誕生するきっかけになるかもしれませんよ!

原寸大ガンダムの胸像が圧倒的な存在感を放つホール!

館内に入ってすぐに姿を現すのが、『ガンダム』シリーズの原点とも言えるRX-78ガンダムの実物大胸像。現在では様々な原寸大ガンダムがありますが、この「バンダイミュージアム」のガンダムが最初に作られた原寸大モデル。胸像のために顔が近く、記念写真も撮りやすいと評判のフォトスポットです。
また1942年の大英帝国博覧会にも出展されていた炭鉱街のジオラマや、約100年前にイギリスで実際に使われていたアーケードゲームを眺めていると、タイムスリップ気分が味わえます。
image

ガンダム、Zガンダム、ユニコーンガンダムのコックピットがズラリ! ※撮影時は特別に搭乗しています

image

1904年から18年の歳月をかけて作られた炭鉱街のジオラマ。地上の町から地下に広がる坑道まで精巧に再現。

image

当時の生活が偲ばれる19~20世紀のドールハウス。元は富裕層の大人向けだった物が、子供の教育に使われるように。

image

占いやクレーンゲームなど、1900年代のアーケードゲームは現役で稼働中。専用コインは、交換機にて購入できます。

日本のおもちゃが大集結! 誰もが楽しめる「ジャパントイミュージアム」

「ジャパントイミュージアム」には、バンダイ製品に限らず日本の様々なおもちゃが集められています。いまでは世界中にコレクターがいるブリキ玩具は、オークションで数百万円の値段がついたレア物も展示しています。
歴代『スーパー戦隊』シリーズの合体ロボットをはじめ、『仮面ライダー』の変身ベルトや『セーラームーン』の歴代変身コンパクト、『ドラゴンボール』や『ワンピース』のフィギュアなどなど、まさにおもちゃの歴史が詰まっています。約2万点の収蔵品から約8500点が展示され、一日中眺めていても飽きない大ボリュームですよ!
image

こちらの『5人のギャング』と呼ばれるブリキのロボットは、NYのオークションで何百万円もの値段が付いたレア物!

image

『仮面ライダー』シリーズは、人形だけでなく変身ベルトのような“なりきりグッズ”も大ブームになりました。

image

1973年にポピーから発売された、全高約60センチの巨大フィギュアがこちらの「ジャンボマシンダー」シリーズ。

image

『スーパー戦隊』シリーズの歴代合体ロボットが積み上がったタワー! お子様も、お父さんも大興奮!?

image

実際にホットケーキが焼けるアサヒ玩具の「ママレンジ」は1969年に登場。綿菓子やポップコーンなどのシリーズも。

image

TVゲームが主役となっていた1996年、デジタル携帯ペットの『たまごっち』が大ブレイク! 現在も様々なシリーズを販売中。

「ホビーミュージアム」にはガンダムの生みの親・富野由悠季氏の大型作品も

いまや世界中で人気の「ガンプラ」をはじめ、『ガンダム』関連のおもちゃや展示物を集めたのが「ホビーミュージアム」です。 ガンダムファンにとって見逃せないのが、富野由悠季監督の立体作品『ZAKUの夢』。上野の森美術館で公開された『From First』をベースに、ガンダムのブロンズ像を加えてリニューアルアップした作品です。このほかガンプラでおなじみの1/144スケールで作られたホワイトベースや、名場面を再現した展示など『ガンダム』の世界に没入できる空間になっています。
image

『ガンダム』といったら欠かせないのが「ガンプラ」の存在。1980年に登場してからの進化がひと目でわかります。

image

「ガンプラ」の登場以前、クローバーから発売されていたガンダムの超合金も。これがなければガンプラもなかった?

image

上野の森美術館で展示された「From First」ではザクに囲まれていたガンダム。こちらでは別途ショーケースで展示。

image

1/10スケールのガンダムは、隣に立って記念撮影をするのにピッタリ。ホールには同スケールのジオングも!

各国の貴重なアンティークトイが並ぶ「ワールドトイミュージアム」

ロンドンのおもちゃ博物館より受け継いだ、約7000点のワールドトイコレクションから厳選したおもちゃを展示しているのが「ワールドトイミュージアム」です。
いまにも動き出しそうなアンティークドールや、精巧な作りの飛行機や鉄道の模型など、日本のおもちゃとはまた違った雰囲気で、文化の違いを感じられます。一部のぬいぐるみにはほころびも見られますが、それも持ち主と過ごした長い時間の証。注がれた愛情の表れだと思うと、時代時代の子供たちに抱きかかえられた姿が目に浮かぶようです。
image

ぬいぐるみといえば「テディベア」! 1994年に日本のオリジナルテディベア第1弾として作られた「Masako」も展示していま す。

image

右の“ウッドゥン・ドール”は1750年ごろに作られたもので、「バンダイミュージアム」にある人形の中で一番古い物。

image

1900年頃にイギリスで作られた、精巧な蒸気機関消防車の模型。付属品もすべて揃っており、鑑定額は300万円!

image

屋外には本物の蒸気自動車も展示しています。1919年以降、イギリスで自動車として活躍後、日本に渡ってから道路を走行したこと もあるそうです。

世紀の大発明の裏には日本との関わりも!? 「エジソンミュージアム」

おもちゃが集まるミュージアムの中、少し異なる趣を感じるのが「エジソンミュージアム」。ここでは子供たちの豊かな発想力を育むため、発明王トーマス・エジソンゆかりの品々を展示しています。
白熱電球をはじめ、映写機や蓄音機などの有名な発明品が並んでいます。生涯で1300もの発明をしたというエジソンですが、その発明を活かした商品には家電製品が多く見られます。好奇心旺盛な幼少期、発明家としての原点には、母親が最大の理解者だったということ が大きく影響しています。
image

エジソンの発明として有名なのが「白熱電球」。良質なフィラメントを探し求め、京都の竹に行き着いたのだそう。

image

フィルムを使った映写機(キネトスコープ)は、1893年にシカゴ万博で展示され、全米の町へ普及していきました。

image

エジソンは世界で初めて「音」を記録し、再生することのできる「蓄音機」を発明しました。

image

釘・竹・炭・鉛筆の芯の4種類の素材のうち、電気を通すのはどれかを実際に確認! どれなら光るかわかりますか?

モデル:島袋香菜(SHOWTITLE)

©創通・サンライズ

©石森プロ・東映

©ダイナミック企画・東映アニメ―ション

©東映

スポット情報
  • 所在地
    栃木県下都賀郡壬生町おもちゃのまち3-6-20
  • 入館料
    大人1000円/小人(中学生まで)600円(中学生まで)/シニア(65歳以上)800円/3才以下無料
    ※障がい者料金、団体割引等あり
  • 見学時間
    午前10:00〜16:30(入館は16:00まで)
  • 休館日
    毎週水曜日、年末年始
    ※変更の場合あり、詳しくはホームページをご参照ください
  • 駐車場
    無料駐車場あり(70台)
  • 公式サイト
よく読まれている記事
営業日
2024年 5月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1

定休日

イベント日

臨時休業

■イベント日 ■定休日 ■臨時休業日

SNS
ネッツトヨタ埼玉公式LINE

※一部環境によっては、表示がくずれたり、表示ができない場合があります。

メルマガ
メルマガを登録

このWEBマガジンは、ネッツトヨタ埼玉の各種キャンペーンやクルマに関する情報の配信をご了解いただいた方に向けてお送りしております。
フィーチャーフォン(従来型携帯電話)でご登録の方は、コンテンツを閲覧できない場合がありますので、予めご了承願います。
配信先変更、配信停止などは、こちらよりお願いします。
お使いの機種や動作環境によって、お名前が文字化けする場合があります。その際は、下記【ネッツトヨタ埼玉 Webマガジンサポート】までご連絡をお願いいたします。なお、登録時のアドレス以外でご連絡いただいた場合、修正対応ができない場合がありますので、ご注意ください。

■ネッツトヨタ埼玉ホームページ
https://saitama.netz-toyota-dealer.jp/

■お問い合わせ
ネッツトヨタ埼玉 Webマガジンサポート
webmag@netz-saitama.com