ワーナー ブラザース スタジオツアー東京
-メイキング・オブ・ハリー・ポッター-

【東京都練馬区】

メインPhoto

どんなところ?

東京都豊島区に『ハリー・ポッター』シリーズをテーマにした屋内施設、「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京-メイキング・オブ・ハリー・ポッター-(以下、スタジオツアー東京)」がオープンしました!
園内にはハリーが居候として暮らしていたダーズリー家や、ホグワーツ魔法魔術学校などが、制作に携わったスタッフの手によってそのままに再現! 無造作に置かれた食べかけの食器や、テーブルの落書きなどから、圧倒的な物語への没入感が味わえます。
一方で、他のアミューズメント施設と大きく異なるのは、映画製作の裏側であるセットや美術の制作にもスポットが当てられている点。壮大な物語の舞台がどのように作られているのかを映像や資料から知ることもできます。
『ハリー・ポッター』シリーズのファンはもちろん、まだ見たことがないという人でも絶対楽しめる「スタジオツアー東京」。クルマで行ける「魔法ワールド」をぜひ一度お楽しみください!

数々の名場面の舞台となったホグワーツ魔法魔術学校の大広間!

劇中でも組み分けの儀式やヴォルデモートとの戦いなど、印象的な場面の多いホグワーツ魔法魔術学校の「大広間」。
教壇にはダンブルドア校長以下、教職員の等身大人形が衣装を着て並んでいます。寮ごとに分かれたテーブルには、グリフィンドールの席にはハリーやハーマイオニー、スリザリンにはマルフォイというように、所属するキャラクターの衣装が飾られています。
衣装が目を引きますが、寮別ポイント計や各寮を象徴する動物型の燭台、さらにはヨークストーンを敷きつめた床などもお見逃しなく!
image

グリフィンドールのテーブルには、もちろんハリー(中)とハーマイオニー(右)、ロン(左)の制服が。

image

教壇中央にあるフクロウの演台の前に立つダンブルドア校長と、組分け帽子の前に立つマクゴナガル先生。

image

ハグリット先生とフリットウィック先生の後ろに、各寮のポイント計が。これは小道具チームの自信作なのだそう。

image

ハリーたちに意地悪をする困った用務員・フィルチの人形を、大広間の端で発見! この配置も“らしい”?

気分は偉大な魔法使い? 動く肖像画を体験!

様々な魔法の仕掛けが施された「ホグワーツ城」、中でもこの階段のエリアには仕掛けが! 壁沿いに設置されている階段が30秒ごとに90度動いて進行方向を変える「動く階段」に、立派な魔法使いとなった肖像画が助言を与えてくれる「動く肖像画」が再現されています。
動く肖像画は隣接のブースで8秒間の動画を撮影すると、無数の肖像画の中の1枚になることができるというもの。動画はスマホでお持ち帰りもできるので、来園の記念に偉大な魔法使いの仲間入りをしておきましょう!
image

30秒に一度動いて、進む方向が変わってしまう「動く階段」。乗ることはできませんが、巨大な階段が動く光景はド迫力!

image

ブースで撮影した映像は、肖像画になって額の中の絵画の1枚と入れ替わっています。どこに出現するかもお楽しみ。

東京限定「魔法省」では、フルーパウダー体験も!!

世界で初めて、ここ「スタジオツアー東京」で再現されたのが、この「魔法省」のセットです。イギリスの職人が手作業で作ったものを、東京へと慎重に運搬して組み立てられました。
中央にそびえる銅像は、ヴォルデモートが魔法省を制圧したときに設置されたもので、マグル(魔法を使えない人間)が魔法界に支配される彼の思想を象徴しているものです。
ここでは巨大な暖炉から魔法省へ移動する、フルーパウダー(煙突飛行粉)の体験コーナーもあり、写真や動画を撮影できます。
image

魔法省の建物は、実際に映画に使われたものよりバージョンアップ! 各部屋の調度品まで作りこまれています。

image

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』にも登場したワゴンショップ。残念ながらドーナツやクッキーは買えません。

ハリーが暮らしていたダーズリー家を訪問しよう!

屋外エリアにあるのが、ハリーがホグワーツに入寮する前に暮らしていた「ダーズリー家」。
ここで注目なのはやはりハリーが暮らしていた階段下の物置! 子供の体にも狭すぎるスペースは、ひどい暮らしぶりが表れています。 また、リビングにはホグワーツからハリーに届いた案内状が大量に降り注ぐ場面など、映画の名場面を完全再現。作中の登場人物になりきって写真を撮りたくなるスポットです。
image

箱を並べた上に布団を乗せた粗末なベッド。簡素な棚に置かれた申し訳程度のおもちゃから、子ども部屋らしさが……。

image

ダイニングでは、ハリーの魔力が暴走して風船のようにふくらんだマージおばさんが今にも庭へ飛び出しそうに!

ショップでは限定アイテム販売のほか杖やローブのカスタムも!

ハリー・ポッターのショップとしては世界最大の広さを持つメインショップは、内部がさらに14のセクションに分かれ、無数の商品を販売しています。オリバンダーの店そっくりな売り場に置かれた魔法の杖も、ハリーやヴォルデモートなどの有名キャラクターから「スタジオツアー東京」でしか買えない杖まで45種類と、圧倒的な品揃えを誇ります。
お友達に配りたくなる魔法テイストに溢れたお菓子や魔法生物が描かれた文房具など、豊富な品揃えに目移りしてしまいますよ!
image

各寮のローブ(1万3000円)も販売。ツアー前に購入して、これを着てアクティビティに参加すれば盛り上がります!

image

杖やローブなどの一部商品は、カスタマイズコーナーで名前を入れて(有償)オリジナルアイテムにできます。

image

キャップやパーカー、マグカップなど、ここでしか買えない「スタジオツアー東京」限定のアイテムも多数あり!

image

「スタジオツアー東京」限定のゴーフルは、16枚入りBOX(1900円)と、8枚入り(1400円)/6枚入り(900円)の缶があり。

名物バタービールはもちろん、ハリーが食べた料理も!

「スタジオツアー東京」には4つの飲食エリアがあり、ツアー途中に訪れる「バックロットカフェ」では色や味の変わる魔法のドリンクや各寮をテーマにしたプレートがオススメ。開放感あふれる屋外エリアの「バタービールバー」は、一息入れるのにピッタリのポイント。ツアー前後の飲食なら、魔法ワールドの世界観にぴったりな英国の伝統料理を提供する「フードホール」や、見た目もかわいらしいスイーツがいっぱいの「チョコレートフロッグカフェ」をご利用ください!
image

ホグワーツの各寮をモチーフにした料理を提供する「バックロットカフェ」。内装も魔法学校の雰囲気がたっぷり!

image

ローストビーフがメインの「グリフィンドールプレート(ドリンク付3200円)」は、劇中でのハリーの食事を再現。

image

高い天井から各寮の紋章が入ったフラッグが掲げられた「フードホール」。まるで劇中の大広間で食事する気分に!

image

フードホールで提供する、イギリスの伝統的な朝食「9と3/4番線 オールデイブレックファスト(ドリンク付2200円)」。

モデル:内藤沙季(S.D.B.B.)

WIZARDING WORLD characters, names, and related indicia are © & ™ WarnerBros. Entertainment Inc. Publishing Rights © JKR. (s22)

スポット情報
  • 所在地
    東京都練馬区春日町1-1-7
  • チケット料金
    18歳以上 6300円/中学生・高校生 5200円/4~11歳 3800円
    ※3歳以下は入場無料、11歳以下のお子様のみでの入場不可
  • 営業時間
    9:30〜20:30
    ※10:00ファーストツアー開始/17:00ファイナルツアー開始
  • 定休日
    なし
    ※最新の営業日・営業時間はホームページをご参照ください
  • 駐車場
    事前予約制
  • 公式サイト
  • 備考
    チケット購入方法:公式サイトからの日時指定予約制
よく読まれている記事
営業日
2024年 2月
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
1
2

定休日

イベント日

臨時休業

■イベント日 ■定休日 ■臨時休業日

SNS
ネッツトヨタ埼玉公式LINE

※一部環境によっては、表示がくずれたり、表示ができない場合があります。

メルマガ
メルマガを登録

このWEBマガジンは、ネッツトヨタ埼玉の各種キャンペーンやクルマに関する情報の配信をご了解いただいた方に向けてお送りしております。
フィーチャーフォン(従来型携帯電話)でご登録の方は、コンテンツを閲覧できない場合がありますので、予めご了承願います。
配信先変更、配信停止などは、こちらよりお願いします。
お使いの機種や動作環境によって、お名前が文字化けする場合があります。その際は、下記【ネッツトヨタ埼玉 Webマガジンサポート】までご連絡をお願いいたします。なお、登録時のアドレス以外でご連絡いただいた場合、修正対応ができない場合がありますので、ご注意ください。

■ネッツトヨタ埼玉ホームページ
https://saitama.netz-toyota-dealer.jp/

■お問い合わせ
ネッツトヨタ埼玉 Webマガジンサポート
webmag@netz-saitama.com