ぜんや

【埼玉県新座市】

1999年のオープン以来、埼玉だけでなく日本を代表する塩ラーメンの名店として高い評価を受け続けているのが、新座市にある「ぜんや」です。
店主の飯倉さんは「お店をやるなら自分のオリジナルで」という思いから、他店での修行経験もないまま、まったくの独学でラーメンを研究。仕入れ先も地元の肉屋さんや八百屋さんを回って"いい食材"を集め、「毎日食べても飽きのこない、東京ラーメンの塩ラーメン版」を目ざして試行錯誤。苦心の末にたどり着いた「黄金色の塩ラーメン」は、栄枯盛衰の激しいラーメン業界でも唯一無二の味として高い評価を受け続けています。
そんな「ぜんや」は、関越自動車道の所沢I.C.から約9分、川越街道から志木街道に入ってすぐ右側にあります。カウンターのみ8席(取材時は感染症対策のため6席で営業)の小さな店舗に「これがあの有名なお店?」と、戸惑う人も多いはず。そこには飯倉さんのこだわりが表れていて「お店を大きくすれば人も雇わなければいけなくなるし、その分何百食も売り上げなければいけない。そうなれば、どこかで手を抜いたり、味を落とすことになってしまうと思うんです。だから自分ができる範囲でやっていきたいんですね」と穏やかに、そして迷いなく話していただきました。
お話を聞くと味への強いこだわりは伝わってくるものの、飯倉さんと奥様の接客対応は温和で店内の居心地もよく、"頑固おやじ"的な押し付けの強さはゼロ。お客様を裏切らない、実直なサービスが味にも接客にも表れる、まごうことなき名店にぜひ一度足をお運びください。

ひと口目から最後まで「おいしい」が続く、明日も食べたくなる塩ラーメン

オープン当時から、基本的な作り方は一切変えていないという「ぜんやラーメン(800円)」は、一般的な塩ラーメンの先入観を覆す"黄金色のスープ"が特徴。ひと口すすると、豚や鶏などの動物性の旨味と野菜や昆布などの植物性の旨味がバランスよく口の中に充満し、そのまま体中に旨味が染み渡ります。ふた口、三口と食べ進めるたびに、最初は隠れていた食材の旨味が顔を出しはじめ、完食に至るまで重層的な味わいへと深みを増していきます。
特定の食材が強く主張していないのに、ひと口目から充分な満足感があるのは味のバランスもさることながら、「この量のスープでは考えられない量の食材を使っているんですよ」と言うように、食材を惜しまない作りもあってこそなのでしょう。
そんなスープに合わせる麺は、細麺ストレートが主流の塩ラーメンには珍しい中太のちぢれ麺。もちっとした食べ応えのある麺は、通常の塩ラーメンにはない存在感に満ちた「ぜんや」のスープにぴったりフィット。「作り手の好みかもしれないけど、うちのスープには細麺や極太麺は合わないと思ったんですね」という言葉にも大いにうなずけます。
トッピングは、2種類のチャーシューに、味付けされたメンマとほうれん草。すべてがスープの味わいと調和するように計算されつくした味付けです。チャーシューは、バラとモモの部位ごとに味付けが変えられてあり、現在では多くのお店が行っている工夫を20年以上前から行っていたことに改めて驚かされます。
最初の一口はもちろん、最後の一滴まで「おいしい」が持続して、食べた直後から「また食べたい」と思える「ぜんや」のラーメン。「最近のラーメンはちょっと重たくて……」という人にも、ぜひお試しいただきたい名店の味です!

image

様々な食材の旨味が凝縮された「黄金色のスープ」。ひと口目の旨味がふた口、三口と食べ進むたびに上書きされ、深みを増していく。

image

昭和世代には懐かしい、中太の黄色いちぢれ麺。ただし近年のラーメンらしく、もっちりとした食感と、スープに負けない味わいです。

image

開店当時は、チャーシューが2枚というだけで珍しかった時代。バラとモモで味付けを変える工夫も当時から続けています。

image

多くても1日10食程度の提供という「ミニチャーシューメンマ丼(390円)」。コショウのパンチが効いた味付けが特徴。

スポット情報
  • 所在地
    埼玉県新座市野火止4-10-5
  • 電話番号
    048-479-6664
  • 営業時間
    11:30〜売り切れ次第営業終了
  • 定休日
    火・水曜日
  • 駐車場
    駐車場あり(3台)
    ※満車時は近隣の有料駐車場をご利用ください
よく読まれている記事
営業日
2022年 9月
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1

定休日

イベント日

臨時休業

■イベント日 ■定休日 ■臨時休業日

【新型コロナウイルス感染拡大防止に関する弊社の対応について】

SNS
ネッツトヨタ埼玉公式LINE

※一部環境によっては、表示がくずれたり、表示ができない場合があります。

メルマガ
メルマガを登録

このWEBマガジンは、ネッツトヨタ埼玉の各種キャンペーンやクルマに関する情報の配信をご了解いただいた方に向けてお送りしております。
フィーチャーフォン(従来型携帯電話)でご登録の方は、コンテンツを閲覧できない場合がありますので、予めご了承願います。
配信先変更、配信停止などは、こちらよりお願いします。
お使いの機種や動作環境によって、お名前が文字化けする場合があります。その際は、下記【ネッツトヨタ埼玉 Webマガジンサポート】までご連絡をお願いいたします。なお、登録時のアドレス以外でご連絡いただいた場合、修正対応ができない場合がありますので、ご注意ください。

■ネッツトヨタ埼玉ホームページ
https://saitama.netz-toyota-dealer.jp/

■お問い合わせ
ネッツトヨタ埼玉 Webマガジンサポート
webmag@netz-saitama.com