東京モーターフェス2018

※この記事は取材時(2018年10月)の内容のため、現在とは情報が異なっている場合がありますので、ご注意ください。

メインPhoto

どんなイベント?

2018年10月6日〜8日の3日間、東京臨海副都心のお台場で開催されたのが『東京モーターフェス2018』です。参加する26のクルマ・バイクメーカーが、会場内の各所にイベントステージやブースの設置や最新モデルの展示を行い、来場者はタイムテーブルを片手に思い思いのステージやブースをのぞいて楽しむことができるという“フェス”形式の内容。さらには会場内の特設コースや周辺の公道を使っての最新車両や小型モビリティの試乗体験、クルマ好きなタレントやアーティストを招いてのトークショーなど、名前の通り“クルマとバイクのお祭り”として大変な賑わいを見せていました。
こうしたフェス形式のイベントを効率的に楽しめるのが、スマートフォンを使った公式アプリの存在。人気の体験試乗は公式アプリを使った予約やチェックインが可能で、イベントにつきものの行列もなく快適に楽しむことができたようです。
お台場に集結したモーターファンを魅了した、数々のイベントの様子をご紹介します!

ヤリスのWRCマシンがデモ走行! ハンドルを握るのは!?

10月7日に行われた『動くクルマ図鑑ステージ ラリースペシャル』では、GAZOO Racing仕様の86が入場! 特設エリア内で白煙を上げながらドリフトを決めた車両から出てきたのは、“モリゾウ”ことトヨタ自動車の豊田章男社長! 司会を務めるピストン西沢氏を助手席に乗せて再びコース内を疾走し、そのドライビングテクニックを披露してくれました。さらに章男社長は世界ラリー選手権(WRC)でランキングトップを走るトヨタGAZOO Racingのヤリス(ヴィッツの海外名)にも搭乗。最高出力380PSのモンスターマシンの走りに、数多くの歓声や拍手が上がっていました。
image

86の鋭い走りに見とれていた観客も、出てきたドライバーを知ってさらにビックリ。正真正銘、豊田章男社長の運転でした!

image

ヤリスのWRCマシンが走る姿は、日本ではなかなか見ることができません。これを目当てに来た、という来場者も。

クルマ好きタレントのトークショーも開催!

3日間に渡るイベントの中では、数々の有名人もステージイベントに登場! イベント初日は、トヨタ自動車の豊田章男社長とマツコ・デラックスさんによるトークショーを開催。さらにソフトバンクグループの孫正義会長がサプライズゲストとして参加し、クルマの未来に向けたトークが盛り上がりました。このほか、平成という時代に頂点を極めたアーティストを招くイベントでは、TUBEの前田亘輝さんや、DREAMS COME TRUEの中村正人さん、EXILEのMAKIDAIさんが登壇し、クルマへの熱い思いを語ってくれました。
image

2日目のステージに立ったDREAMS COME TRUEの中村さんは、名曲『未来予想図II』の歌詞の誕生秘話も公開。

image

いまの音楽シーンでトップを走るEXILEからは、クルマ好きとして有名なMAKIDAIさんが3日目のステージに登場。

MEGA WEBの『e-Circuit』ではお子様でもリアルなサーキット走行が可能

会期中、「MEGA WEB」のライドスタジオが、人気ゲーム『グランツーリスモ』と提携したe-Circuitに変身! アジア・オセアニア最高峰の走りを決めるe-Sports大会が行われました。最終日の10月8日には、お笑い芸人の千原ジュニアさんと原西孝幸さん、プロサッカー選手の大黒将志さんを招いたイベントを開催。プロレーサーの脇阪寿一さんを司会に迎え、クルマ好きならではのトークで親睦を深めると、『グランツーリスモ』での真剣勝負に! レースは後続を見事なブロックで抑えた原西さんが1位でゴール。満面の笑顔でイベントを締めくくりました。
image

運転免許がいらないということで、お子様達の人気が高かったこのエリア。見守るご両親も、将来のレーサー誕生に期待大?

image

芸能人による公開『グランツーリスモ』対決も開催! 波乱のレースで勝利を収めたのは、FUJIWARAの原西さんでした!!

お台場一帯がクルマをテーマにしたフェス会場に!

image

ランドクルーザー200やランドクルーザープラド、HILUXで特設コースを同乗して体験! 迫力の走りにギャラリーも集結。

image

86 GR SPORTSやレクサスLC500をはじめ、各社のイチオシ車両が集まった体験試乗コーナー。専用アプリで予約も快適!

image

未来の乗り物として注目を集めている、小型コミュニケータ。トヨタのi-ROADを会場内の特設コースで試乗できました。

image

自動車ジャーナリストの運転する最新車両に同乗し、解説を聞きながらドライビングを体感できるコーナーも。

image

タイヤ交換にお子様が挑戦できる『タイヤチャレンジ』。ピットクルー姿のお子様は、ここでしか撮れないフォトスポット!

image

バブリーダンスで話題の登美丘高校ダンス部OGは、ドリフトユニットとのフォーメーションダンスで会場を沸かせました。

『グルメキングダム』では全国の名店が集結!!

会場内には『第45回東京モーターショー』でも好評を博した、「グルメキングダム」が登場! 今回も東京・渋谷の人気店『肉のヒマラヤ 梵火家』の特製ガーリックバター丼や、注文を受けてから焼き上げる『T'sStyle』のマルゲリータなど、グルメユニット・食べあるキングが厳選した名店の味がズラリ! こうしたイベントでは、ランチタイムには数多くの人で混雑しがちですが、今回はグルメエリアが複数の区画にわかれていたため、程よく来場者が分かれていたようです。

image

バター&ガーリックで炒めたご飯の上に、噛む程旨味が溢れる赤身牛肉をトッピングした「ガーリックバター丼」(800円)。

image

スペイン産イベリコ黒豚の赤身肉使用の「イベリコ黒豚丼」(900円)。温泉たまご(+100円)を加えるとさらに旨味倍増!

よく読まれている記事
営業日
2023年 2月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
1
2
3
4

定休日

イベント日

臨時休業

■イベント日 ■定休日 ■臨時休業日

【新型コロナウイルス感染拡大防止に関する弊社の対応について】

SNS
ネッツトヨタ埼玉公式LINE

※一部環境によっては、表示がくずれたり、表示ができない場合があります。

メルマガ
メルマガを登録

このWEBマガジンは、ネッツトヨタ埼玉の各種キャンペーンやクルマに関する情報の配信をご了解いただいた方に向けてお送りしております。
フィーチャーフォン(従来型携帯電話)でご登録の方は、コンテンツを閲覧できない場合がありますので、予めご了承願います。
配信先変更、配信停止などは、こちらよりお願いします。
お使いの機種や動作環境によって、お名前が文字化けする場合があります。その際は、下記【ネッツトヨタ埼玉 Webマガジンサポート】までご連絡をお願いいたします。なお、登録時のアドレス以外でご連絡いただいた場合、修正対応ができない場合がありますので、ご注意ください。

■ネッツトヨタ埼玉ホームページ
https://saitama.netz-toyota-dealer.jp/

■お問い合わせ
ネッツトヨタ埼玉 Webマガジンサポート
webmag@netz-saitama.com