㐂九八 garage

【埼玉県所沢市】

所沢航空公園の東側、埼玉ふじみ野所沢線をふじみ野方面に約1キロメートル、北原町中央交差点を右に入ってすぐにあるのが「㐂九八(きくや) garage」。東京・青梅の行列店「㐂九家」の店主・大野喜久さんが出身地である所沢にオープンした店舗で、現在では所沢市内に4店舗を展開しておりそのどれもが人気店となっています。このように書くと本店の味を忠実に再現するチェーン店のように思われそうですが、本店を含めた5店それぞれのメニューが異なり、個性の異なる店舗となっているのも特徴となっています。
そんな「㐂九八 garage」では、昆布と動物系ダシに白醤油ダレで仕上げた「生姜中華そば(950円)」と、煮干しと動物系ダシを使ったしょう油と塩が選べる「煮干し中華そば(980円)」、貝ダシを使って塩味に仕上げた「三種の貝出汁潮そば(1100円)」の3種のラーメンと、スープオフの「しらすと生のりの山葵和えそば(1000円)」をレギュラーメニューとして提供。和食をバックボーンとしている大野さんの技術と経験に裏打ちされた味わいは、ラーメンのメインターゲットである若い男性だけでなくご年配の方や女性にも人気となっています。
店長の山田和明さんにお店のこだわりを伺うと、真っ先に挙げられたのが丁寧な接客。来店したお客様には、必ずスタッフが券売機の横でアテンドを行うので、券売機の操作が苦手というお客様でもスムーズに注文ができます。アテンドの際には、その日の提供メニューについての説明が必要かどうかを尋ね、求められた場合にはどのようなラーメンなのかを説明。来店から食事までの待ち時間を極力減らし、お客様にとってストレスフリーな環境づくりを心掛けています。手間も人手もかかるオペレーションですが、山田さん自身が常連客からスタッフになった経緯もあり、お店の特徴として外すことのできないポイントです。
極上のラーメンに手間を惜しまない接客で人気の「㐂九八 garage」、味はもちろん心地よい接客で高い満足感を保証します!

三種類の貝をふんだんに使い超濃厚なうま味を引き出した一杯

今回は「㐂九八 garage」の人気メニュー、「三種の貝出汁潮そば」をいただきました。
まず出てきた瞬間に驚かされるのが、器からあふれ出すような海鮮の香り。スープをひとすくいすると、貝のうま味と甘味が口いっぱいに充満していきます。決して強くはない貝のうま味に満ちているのは、材料をふんだんに使っているだけでなく引き出す技術もあってこそのスープなのでしょう。単なる和風の貝出汁であればラーメンには物足りないところですが、貝の味の濃厚さと香味油を使うことで“貝を主役としたこってり感”を演出しています。
そんな貝のうま味たっぷりのスープを受け止めるのは、低加水率のストレートな細麺。スープをしっかりと身にまとい、日本そばのようなすすり心地の良さで麺をたぐる箸がとまらなくなる、和食の技術の一端を感じさせる組み合わせとなっています。
トッピングではまずは目を引くのがハマグリ。プリッとした歯応えを楽しむように身を噛みしめると、スープと共に身から溢れる旨味がたまりません!
大ぶりなチャーシューは一時流行ったレア感の強さではなく、うっすらとピンクが残る程度にしっかりと熱を通した低温調理で、肩ロース特有の肉の弾力と柔らかさを持たせた絶妙な火の通り加減。味付けは控えめですが、貝出汁のスープに浸ることで豚肉本来の味わいが際立つように計算されています。
そして非常に良い仕事をしているのがバラ海苔と魚粉の存在。スープを吸ってほどよくほぐれたバラ海苔は、麺にからむことで磯の香りを加えて貝に負けない存在感を放ちます。魚粉はあえてスープ全体に混ぜずに、インパクトの強い魚粉を混ぜたワイルド海鮮な部分と、貝出汁スープを純粋に楽しめる部分を交互に味わうことで、それぞれの味わいがより引き立ちます。このほか爽やかな香りやピリッとした辛味で口内をリフレッシュする三つ葉やタマネギなど、どれもが明確な役割を持って器の中に存在しているようです。
大盛の設定はありませんが、オススメしたいのが2種類の和え玉。「オマールエビとバター」ならシーフードの延長線上にある正統派の味変が、「所沢醤油ジャンク和え玉」は背脂+しょう油+黒コショウのジャンクな味へと振り幅の大きな味変が楽しめます。
超濃厚な貝出汁スープを使い、飽きさせることのない仕掛けを一杯の中にふんだんに盛り込んだ「㐂九八 garage」の「三種の貝出汁潮そば」、ぜひオススメしたい一杯です!

image

三種類の貝を使ったスープは染み渡るような滋味深い味わいながら、こってり感も備えたラーメンスープにアジャストした味わい。

image

そば感の強い細麺が貝出汁スープをほどよくまとい、すすり心地満点! 前歯でプツプツと噛み切る歯応えも楽しめます。

image

チャーシューはしっかりと熱の入った低温調理で、しっとりとした弾力を残しながらも柔らかな歯触りで絶妙な火の通り加減に。

image

「オマールエビとバター(350円/右)」と「所沢醤油ジャンク和え玉(300円/左)」の、個性の異なる2種類の和え玉もお試しを!

スポット情報
よく読まれている記事
営業日
2024年 7月
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3

定休日

イベント日

臨時休業

■イベント日 ■定休日 ■臨時休業日

SNS
ネッツトヨタ埼玉公式LINE

※一部環境によっては、表示がくずれたり、表示ができない場合があります。

メルマガ
メルマガを登録

このWEBマガジンは、ネッツトヨタ埼玉の各種キャンペーンやクルマに関する情報の配信をご了解いただいた方に向けてお送りしております。
フィーチャーフォン(従来型携帯電話)でご登録の方は、コンテンツを閲覧できない場合がありますので、予めご了承願います。
配信先変更、配信停止などは、こちらよりお願いします。
お使いの機種や動作環境によって、お名前が文字化けする場合があります。その際は、下記【ネッツトヨタ埼玉 Webマガジンサポート】までご連絡をお願いいたします。なお、登録時のアドレス以外でご連絡いただいた場合、修正対応ができない場合がありますので、ご注意ください。

■ネッツトヨタ埼玉ホームページ
https://saitama.netz-toyota-dealer.jp/

■お問い合わせ
ネッツトヨタ埼玉 Webマガジンサポート
webmag@netz-saitama.com