中華そば 四つ葉

【埼玉県比企郡川島町】

今回ご紹介するのは圏央道の川島I.C.からクルマで約5分の場所にある「中華そば 四つ葉」です。
寿司職人の父を持つ店主の岩本和人さんは、「生ものが苦手で寿司屋は継げないが、父のように手に職を付けた仕事をしたい」と思い、自分が好きな料理だったラーメン店の道を選択。12年間に渡ってラーメン店での修行を経て、父親の寿司店の一角を改装してオープンしました。
岩本さんが自分のお店を開くにあたり、最初にメニューに入れることを決めたのが自分が好きなしょう油ラーメン。そこでしょう油について調べていく中で、同じ川島町にある笛木醤油や学生時代にアルバイトをしていたという川越の松本醤油の存在を再認識。「こんな身近に素晴らしい食材があったんだ」と気がつくと同時に、「この伝統的な木桶仕込みで作ったしょう油を生かしたラーメンを作りたい」と思ったそうです。
また、郊外にお店を開くにあたって幅広いお客様からリピーターを作ることが必要と考え、まずはオーソドックスなしょう油ラーメンと、寿司職人のお父様からダシの取り方を教わったはまぐり出汁のラーメンをさっぱり系として用意。さらに、当時流行していた太麺のつけ麺と、地元養鶏場のブランド卵を使ったまぜそばをこってり系に据え、幅広い年齢層に向けたメニューを展開。そのどれもが高いクオリティにあったことで、評判を呼んで行列の絶えない人気店になりました。
大企業とのコラボも行うなど、押しも押されぬ有名店となった「中華そば 四つ葉」。岩本さんに今後の目標を聞いてみると、「このお店を出すとき、自然豊かなこの町に来て幸せを見つけて帰ってもらいたいという思いを込めて“四つ葉”という名前にしたんです。今年の6月でオープンから10年になりますが、子供の頃から来てくれていたお客さんが子供を連れて来てくれるようになって、その人たちの思いを裏切らないようなお店であり続けたいですね」と話してくれました。
地元のしょう油や卵を使い、父から受け継いだ技術と心で愛情溢れるラーメンを提供し続ける「中華そば 四つ葉」に、ぜひ一度足をお運びください!

木桶のしょう油と地鶏のダシを組み合わせた黄金スープ!

今回「中華そば 四つ葉」でいただいたのは一番人気の「四つ葉そば(1000円)」。岩本さんが最初にメニューに入れることを決めた、しょう油ラーメンです。
まず目に入るのは、たっぷりとスープを覆うように厚い層を成す輝く鶏油。これは比内地鶏や天草大王など、数種類の地鶏を使って出汁を取ったために出た良質な油で、まるで鶏の旨味成分だけを濃縮したかのような香りが食欲をそそります。麺を軽く混ぜてからスープをひとすくいして口に含むと、最初に来るのがしょう油の存在感。これが昔ながらの木桶仕込みのしょう油ならではの味わいなのか、塩気や酸味を感じさせることなく旨味の部分だけが舌に乗って来る様です。続いて地鶏の持つ動物性の旨味が口の中に広がり、しょう油と鶏油の持つ甘味がほどよい余韻を残していきます。しょう油も地鶏も旨味が濃厚でありながら、余計な塩分や鶏油のクドさがないため一口また一口と後を引く美味しさ。
合わせる麺は国産小麦をブレンドしたストレートの細麺で、細麺でありながらもちっとした食感もしっかり楽しめるのが特徴。ストレート麺ならではのなめらかなすすり心地で、スープをしっかりと引き上げながら口へと滑り込んでくる心地よさが楽しめます。
麺の中央には薄切りの低温調理のチャーシューが立体的に盛られ、まるで器にピンクの花が咲いたかのよう。じつはこの盛りつけは見た目だけでなく、低温調理のチャーシューにスープの熱が通り過ぎないようにするための工夫でもあるそう。鶏チャーシューも乗っているので、お肉をガッツリ噛みしめる食感はこちらでどうぞ!
トッピングで特筆したいのは海苔の香りの良さ。じつはお父様の寿司店の仕入れ先に「ラーメンに使う海苔を」と頼んだもので、スープの旨味に負けない存在感はさすがのクオリティ! 青みを添える三つ葉の香りも、しょう油と地鶏の和のテイストに調和したベストチョイスと言えます。
地元名産の木桶仕込みのしょう油と地鶏という素材の良さもさることながら、どこか一本筋の通った和食のバックボーンが感じられ、名店と呼ばれるのも納得の一杯です。
「中華そば 四つ葉」で忘れてはいけないのがサイドメニュー。「にぎり寿司(400円)」や“漬け”を使った「まぐろ丼(450円)」など、本格寿司店の味が楽しめるご飯物にも注目ですよ!

image

鶏油が上層を覆う黄金色のスープ。器から鶏の香りが立ち上り、しょう油の旨味も強いのにしつこさは感じません。

image

国産小麦をブレンドしたストレートの細麺を使用。細麺ながらも、もちっとした食感を感じさせる弾力も持っています。

image

スライスした低温調理のチャーシューは、お箸でクシャッとつまむとスープを含み、豚と地鶏のハーモニーが絶品に。

image

日替わりでネタが変わる「にぎり(400円)」。この日はかんぱちとまぐろで、クオリティはもちろん寿司屋のもの!

スポット情報
  • 所在地
    埼玉県比企郡川島町伊草298
  • 営業時間
    昼の部11:00〜15:00/夜の部17:30〜20:30L.O.
    ※詳細はホームページの営業カレンダーを参照
  • 定休日
    毎週火曜日と月曜夜の部
  • 駐車場
    無料駐車場あり(店舗前22台/第二駐車場15台)
  • 公式サイト
よく読まれている記事
営業日
2024年 5月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1

定休日

イベント日

臨時休業

■イベント日 ■定休日 ■臨時休業日

SNS
ネッツトヨタ埼玉公式LINE

※一部環境によっては、表示がくずれたり、表示ができない場合があります。

メルマガ
メルマガを登録

このWEBマガジンは、ネッツトヨタ埼玉の各種キャンペーンやクルマに関する情報の配信をご了解いただいた方に向けてお送りしております。
フィーチャーフォン(従来型携帯電話)でご登録の方は、コンテンツを閲覧できない場合がありますので、予めご了承願います。
配信先変更、配信停止などは、こちらよりお願いします。
お使いの機種や動作環境によって、お名前が文字化けする場合があります。その際は、下記【ネッツトヨタ埼玉 Webマガジンサポート】までご連絡をお願いいたします。なお、登録時のアドレス以外でご連絡いただいた場合、修正対応ができない場合がありますので、ご注意ください。

■ネッツトヨタ埼玉ホームページ
https://saitama.netz-toyota-dealer.jp/

■お問い合わせ
ネッツトヨタ埼玉 Webマガジンサポート
webmag@netz-saitama.com