GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

【神奈川県横浜市】

※この記事は取材時(2020年12月)の内容のため、現在とは情報が異なっている場合がありますので、ご注意ください。

メインPhoto

どんなところ?

「実物大の動くガンダムが見たい!」
1979年の『機動戦士ガンダム』放送以来、数多くのファンが見続けてきた夢が、2020年12月から横浜で開催される『GUNDAM FACTORY YOKOHAMA』で実現しました!
2014年に原作者の富野由悠季氏を中心とした「ガンダム グローバル チャレンジ(GGC)」というプロジェクトが始動。原作アニメと同じ全高18メートルの“動くガンダム”の制作を開始し、2020年12月19日から一般公開されます。全高18メートルのガンダムは下から見上げるだけでもかなりのインパクトですが、実際に動く姿は圧倒的な迫力! 質量25トンの実在する機械が動く様子は、日ごろ目にするアニメや玩具では持ちえない説得力にあふれています!! 場内には“動くガンダム(RX-78F00ガンダム)”が格納された『GUNDAM-DOCK』のほか、複合施設である『GUNDAM-LAB』があり、その中には“動くガンダム”の構造や仕組みを解説する展示施設やグッズショップ、オリジナルメニューを楽しめるカフェを併設。
大人にとっては幼いころからの夢をかなえ、子供たちには将来への夢を感じさせる『GUNDAM FACTORY YOKOHAMA』、ぜひ一度訪れてみてください。

全高18メートルの動くガンダムが現実に!

場内に入るとすぐ目の前に見えるのが、原作アニメのサイズそのままに再現されたガンダムの姿! 『GUNDAM-DOCK』の中でたたずむ姿に、ファンでなくても見とれてしまいます。そして、今回最大の目玉となるのが、30分おきに行われる演出タイム。起動を知らせるアナウンスが流れるとタイマーのカウントダウンが始まり、ゼロになった瞬間ゲートが開いてガンダムの起動が開始します。原作の起動場面と同様に、メインカメラが光り輝き、一歩、また一歩と歩みを進める姿は感動モノ! なお、この先の演出は複数の種類があるので、ご自身の目で確かめてみてください。
image

腕や足などの大きな関節だけでなく、腰のひねりや指の1本1本まで細やかな動きを見せるガンダム。時代は宇宙世紀!?

image

ドックのガンダムは10:30〜20:30の毎時と30分に異なる演出が行われます。シーズン限定の特別演出も行われる予定。

image

陽が落ちてくるとドック部分の演出など、日中とはまた違った見え方に。夕陽を受けるガンダムも見どころ!

image

夜にはランドマークタワーをはじめとする横浜の夜景が浮かび、静かにたたずむガンダムとのコントラストが際立ちます。

『GUNDAM-DOCK TOWER』からガンダムを間近に!

『GUNDAM-DOCK』の右側にある『GUNDAM-DOCK TOWER』は、至近距離から“動くガンダム”を見ることができる特別観覧スペースになっています。
6階からはガンダムの頭の高さから頭部を間近に見ることができ、まさに作品の中でガンダムが起動したときのカメラアングルに。5階はちょうど胴体のコックピット部分にあたるため、ガンダムに乗り込むアムロ・レイになった気分が味わえます! なお、『GUNDAM-DOCK TOWER』の観覧チケットは、公式アプリまたは公式ホームページの入場チケット購入者専用ページからの申し込みとなっています。
image

『GUNDAM-DOCK TOWER』からは、地上から見る姿とは印象も一変? 細部の注意書きや関節の機構もみることができます。

image

タワーに上がるエレベーターに乗る前、ドックからのぞく足元にもご注目を! 巨大な足が醸す重量感が大迫力!!

ガンダムが動く仕組みを学べる『ACADEMY』

“動くガンダム”の仕組みを学ぶことのできる施設が、この『ACADEMY』です。“動くガンダム”開発のプロセスや、使われている技術がパネルや映像、ミニチュアモデルなどを通してわかりやすく説明されています。
また、CGモデルで再現されたガンダムに自由な動きを取らせるシミュレータや、“動くガンダム”のコクピット視点からの映像をリアルタイムで見ることのできるARドームなど、ガンダムを通して工業技術やデザインを学べる体験型設備を中心に豊富なコンテンツが用意されています。
image

ガンダムがどのように動いているのか、縮小模型や映像を使って具体的に紹介。関節の仕組みなどがよくわかります。

image

2009年の立像からのデザイン変更点を解説するパネル。ガンダムのイメージを保ちつつ動かすため、工夫が施されています。

image

CGで再現された“動くガンダム”を、動かすことができるシミュレータ。タッチパネルの簡単操作で思いのままのポーズに!

image

ソフトバンクの5G通信技術を使い、“動くガンダム”のコクピット映像を、リアルタイムで表示するVRドームも設置。

『THE GUNDAM BASE YOKOHAMA Satelite』にはRX-78F00グッズがいっぱい!

場内にある『THE GUNDAM BASE YOKOHAMA Satelite』には、ここでしか買えないガンダムグッズを販売しています。中でも目玉となるのは、やはり“動くガンダム”ことRX-78F00グッズの数々。2万円を超える細部まで作りこまれた超合金から500円のガシャポンまで、様々なサイズや価格帯のガンダムが並んでいます。もちろん、ガンダムには欠かせない「ガンプラ」も、1/144・1/100・SDと3種類をラインナップ。
また横浜銘菓「ありあけ横濱ハーバー」や元町のブランド「キタムラ」とのコラボグッズもお見逃しなく!
image

“動くガンダム”のデザインを忠実に再現した「超合金×GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78F00 GUNDAM(2万2000円)」。

image

「1/144 RX78F00ガンダム&ガンダムドック(2750円)」は、ガンダムとドックがセットになった自分で作れるガンプラ。

image

ガンプラにはまだ早いお子様には、簡易組立フィギュア付の食玩「ガンダムGフレーム GFYリミテッドver.(2420円)」を!

image

横浜名物といえば! の『GUNDAM FACTORY YOKOHAMA×横濱ハーバー・ダブルマロン 5個入り(1200円)」は期間限定販売。

横浜の名店とのコラボメニューが楽しめる『GUNDAM Café YOKOHAMA Satelite』

『ガンダムラボ』の2階にある『GUNDAM Café YOKOHAMA Satelite』では、ここだけでしか食べることのできないメニューや、会場限定のグッズも購入しています。
ホテル・ニューグランドの初代総料理長サリー・ワイルが作った「チキンカレー(1320円)」をはじめ、元町のパン屋さんとコラボしたパンや、中華街の名店の手による中華まんなどのメニューは、ガンダムファンだけでなく横浜を訪れた記念にもなる逸品ぞろい。 カフェはガンダムドックのほぼ正面でテラス席もあり、ガンダムを眺めながらの食事もオススメです!
image

大正12年創業・尾島商店とのコラボ「GUNDAM FACTORY YOKOHAMAチーズバーガー(1430円)」は、濃厚なお味で食べ応え満点!

image

中華街の名店・江戸清とのコラボは「GUNDAM FACTORY YOKOHAMAエビチリまん(左/550円)」と「ハロあんまん(右/550円)」。

image

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMAラテアート(750円)」には、元町・ポンパドウルとのコラボ「カップDEウインナー(550円)」を!

image

場内のフードトラックで販売される「ポップコーン(550円)」を収納する「ハロポップコーンケース(2640円)」。

© 創通・サンライズ

スポット情報
  • 所在地
    神奈川県横浜市中区山下町279-25 山下ふ頭
  • 入場料
    13歳以上1650円/7歳以上12歳以下1650円
    ※6歳以下は大人1名につき3名まで無料
    GUNDAM-DOCK TOWER観覧料:大人/子供3300円
    ※6歳以下は大人1名につき3名まで無料
  • 営業時間
    10:00〜21:00(20:00最終入場)
  • 駐車場
    なし(近隣に有料駐車場あり)
  • 公式サイト
  • 備考
    開催期間:2020年12月19日(土)〜2022年3月31日(木)
    入場チケット販売方法:公式ホームページ又は公式アプリより申し込み
よく読まれている記事
営業日
2023年 2月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
1
2
3
4

定休日

イベント日

臨時休業

■イベント日 ■定休日 ■臨時休業日

【新型コロナウイルス感染拡大防止に関する弊社の対応について】

SNS
ネッツトヨタ埼玉公式LINE

※一部環境によっては、表示がくずれたり、表示ができない場合があります。

メルマガ
メルマガを登録

このWEBマガジンは、ネッツトヨタ埼玉の各種キャンペーンやクルマに関する情報の配信をご了解いただいた方に向けてお送りしております。
フィーチャーフォン(従来型携帯電話)でご登録の方は、コンテンツを閲覧できない場合がありますので、予めご了承願います。
配信先変更、配信停止などは、こちらよりお願いします。
お使いの機種や動作環境によって、お名前が文字化けする場合があります。その際は、下記【ネッツトヨタ埼玉 Webマガジンサポート】までご連絡をお願いいたします。なお、登録時のアドレス以外でご連絡いただいた場合、修正対応ができない場合がありますので、ご注意ください。

■ネッツトヨタ埼玉ホームページ
https://saitama.netz-toyota-dealer.jp/

■お問い合わせ
ネッツトヨタ埼玉 Webマガジンサポート
webmag@netz-saitama.com