みなかみフルーツランド モギトーレ

【群馬県利根郡】

※この記事は取材時(2019年3月)の内容のため、現在とは情報が異なっている場合がありますので、ご注意ください。

メインPhoto

どんなところ?

365日新鮮で美味しいフルーツを楽しめる『みなかみフルーツランド モギトーレ』。“トーレ”にはイタリア語で“〜する人”という意味があり、四季折々のフルーツを「もぎとれ」ることから、この名前がつけられました。フルーツ狩りは季節によって種類が異なり、1〜5月はイチゴ、夏期にはサクランボ、ブルーベリー、モモ、プラム、ブドウ、ナシ、9月〜12月にはリンゴが収穫できます。1年を通じて、いつ来てもフルーツ狩りができるのは嬉しいですよね! 園内のカフェでは、採れたてのフルーツを使ったスイーツや、地元食材を使った食事も味わうことができ、様々な方法で旬の果実を楽しむことができますよ。
また、『モギトーレ』は“ユネスコエコパーク”にも指定されているみなかみ町にあり、広大な自然に囲まれているのも特徴です。園内を散歩や自転車で散策してみたり、広場でバーベキューを楽しんだりして、家族や友人と賑やかに過ごすのもオススメです。

旬のフルーツがもぎ取り放題! 完熟フルーツをその場でいただく!!

約6.5万平方メートルという広大な敷地の中で、季節毎の旬のフルーツ狩りを楽しめます。フルーツによって制限時間内でいくつ食べてもOKな「食べ放題コース」と、規定の個数の収穫と試食ができる「基本コース」があり、目的によって選べるのが嬉しいポイント。バーベキューやスイーツのついたセットコースもあるので、フルーツはもちろん群馬のブランド肉まで、色々な味覚が楽しめますよ。なお取材日のイチゴ狩りは、やよいひめや章姫など4〜5種類の苺が30分間食べ放題。値段は変動しますが、お店で買うよりもお得に購入できますので、お土産にもピッタリです。
image

完熟した果物を食べられるのが醍醐味! イチゴは先端よりもヘタ側の方が甘いんですよ。

image

練乳のサービスもあり。もちろん、付けなくても充分に甘いので、最初は果実そのものの味をぜひお楽しみください。

image

運が良ければ「白イチゴ」も見つかるかも!? 種の部分が赤いほど、ホワイトチョコレートのような甘さが強いんですよ。

image

桃のような香りが特徴の「桃薫」は、イチゴなのにモモを食べているかのような不思議な食感と味。形もモモにソックリです。

image

イチゴのレーンには、品種のラベルが掲示されています。違いを感じながら、すべての品種を食べ比べしてみてくださいね。

image

取材時はイチゴ狩りシーズンでしたが、季節が変わればブドウやリンゴ狩りも楽しめます。6月からはサクランボ狩りがスタート。

採れたてのフルーツを使った“果物が主役”のスイーツたち!

園内にある「フルーツcafe」では、モギトーレで収穫された新鮮なフルーツをふんだんに使ったスイーツやジェラートを販売。旬の果物を使っているので、季節毎に内容が変わります。スイーツは愛媛県今治市のパティシエ・管真紀さんが監修しており、ケーキのクリームやスポンジは、主役の果実を1番美味しく食べられる絶妙なバランス! 12月〜2月までケーキ作り体験も行っているので、思い出作りにもピッタリ(完全予約制)。また、群馬の食材を使ったメニューも豊富ですので、ティーブレイクだけでなく、お食事にもオススメです。
image

「採れたていちごのマウンテンケーキ」(税込500円/1カット)はイチゴの甘さと酸味、そして可愛さが際立っています!

image

たっぷりイチゴの「いちごタルトケーキ」(税込400円/1カット)。2層のクリームは甘すぎず、とても軽い口当たり。

image

群馬の和豚もち豚ベーコンを使った「ミックスピザ」(税込1200円)。工房で手作りされた、焼きたてのピザを食べられます。

image

併設の「Gardenレストラン」では、農園を見渡しながらBBQやランチを楽しめます。冬の間はお休みなのでご注意下さい。

image

「自家製りんごジュース」(税込300円)。モギトーレの農園で採れたリンゴ100%のすりおろしジュースです。

image

「農園のフルーツティー」(税込350円)には、園内で収穫されたフルーツがたっぷり。さっぱり味でケーキとの相性抜群。

image

太陽の光が降り注ぐ、木の暖かみを感じる店内。山並みや農園を、のんびり眺めながら食事ができますよ。

フルーツを使った加工品や地元の特産品をおみやげに!

施設内にあるショップ『フルーツマルシェ』では、園内で収穫されたもぎたてフルーツはもちろん、地元で採れた新鮮な野菜やキノコも販売しています。他にも、農園で育った果実を使って作られたジャムやジュース、『モギトーレ』の近くにある道の駅『たくみの里』で作られたヨーグルト製品なども取り揃えており、充実のラインナップです。食品以外にも、群馬県のキャラクター・ぐんまちゃんグッズやみなかみ木材で作った木工品も販売しており、お土産選びには困りませんよ!
image

果物の店頭販売もありますので、お時間の無い方やちょっと立ち寄ったときにも新鮮なフルーツをGETできます!

image

『モギトーレ』で収穫されたフルーツを使ったジュースは、果肉成分がたっぷり。沈殿物は天然果汁100%の証です。

image

蜜をたっぷり蓄えた“幻のリンゴ”「ぐんま名月」をふんだんに使ったジャム。パンやヨーグルトに合わせても美味しいですよ。

image

併設のスイーツ工房では、店内で販売しているスイーツが作られる様子を見られます。

image

みなかみ村産の木材で作られたフルーツストラップ。自分でフルーツ狩りをした果物のものを購入すれば、来園の記念に!

image

木製のジャムスプーンとバターナイフ(各税込500円)。ジャムとセットでギフトとして贈ってはいかがでしょう?

image

群馬県のマスコットキャラクター・ぐんまちゃんのグッズも。キーホルダーやぬいぐるみなど充実のラインナップ。

芝生の広場やツリーハウスなど、あそび場もいっぱい!!

フルーツや食事をお腹いっぱい食べたら、施設の裏にある『しばふ公園』で遊んではいかが? 世界各国のりんご150種類が植えられた『世界のりんご散歩道』や、夏には水遊びができる『ジャブジャブ池』などがあり、子どもから大人まで楽しく過ごせます。他にも東屋で大自然に囲まれながらバーベキューを楽しんだり、テラス席もあるのでペットを連れて食事やお散歩をすることもできますよ。
緑の中でリラックスしたり、思いっきり走り回ったりと、それぞれのひとときを過ごしましょう。
image

それぞれのリンゴの木にはプレートがついています。こんなにたくさんの品種を同時に見ることができるのは貴重ですよ!

image

ニュートンが万有引力の法則を発見したきっかけになったといわれる品種の木から、接木繁殖した木もあります。

image

園内にツリーハウスを作るプロジェクトが2019年4月からスタート! ハウスの中で食事したり遊んだりと、夢が広がりますね!

image

夏場には「ジャブジャブ池」が水遊び場になり、噴水のように噴き出す水でお子様も大満足間違いナシです!

スポット情報
  • 所在地
    群馬県利根郡みなかみ町新巻5-10
  • 電話番号
    0278-64-2800
  • 料金
    入園無料
    ※フルーツ狩りは季節により料金が変動
  • 営業時間
    10月〜5月 10:00〜16:00/6月〜9月 10:00〜17:00
  • 休館日
    年中無休
    ※公式サイトのカレンダーを確認
  • 駐車場
    無料駐車場あり
  • 公式サイト
よく読まれている記事
営業日
2023年 2月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
1
2
3
4

定休日

イベント日

臨時休業

■イベント日 ■定休日 ■臨時休業日

【新型コロナウイルス感染拡大防止に関する弊社の対応について】

SNS
ネッツトヨタ埼玉公式LINE

※一部環境によっては、表示がくずれたり、表示ができない場合があります。

メルマガ
メルマガを登録

このWEBマガジンは、ネッツトヨタ埼玉の各種キャンペーンやクルマに関する情報の配信をご了解いただいた方に向けてお送りしております。
フィーチャーフォン(従来型携帯電話)でご登録の方は、コンテンツを閲覧できない場合がありますので、予めご了承願います。
配信先変更、配信停止などは、こちらよりお願いします。
お使いの機種や動作環境によって、お名前が文字化けする場合があります。その際は、下記【ネッツトヨタ埼玉 Webマガジンサポート】までご連絡をお願いいたします。なお、登録時のアドレス以外でご連絡いただいた場合、修正対応ができない場合がありますので、ご注意ください。

■ネッツトヨタ埼玉ホームページ
https://saitama.netz-toyota-dealer.jp/

■お問い合わせ
ネッツトヨタ埼玉 Webマガジンサポート
webmag@netz-saitama.com