世界キャラクターさみっとin羽生

【玉県羽生市】

※この記事は取材時(2018年12月)の内容のため、現在とは情報が異なっている場合がありますので、ご注意ください。

メインPhoto

どんなイベント?

日々「地域の活性化」や「まちおこし」に取り組む“ご当地キャラクター”たち。そんなキャラクターたちが地域の魅力を発信するイベントが、毎年秋に埼玉県羽生市で行われている「世界キャラクターさみっと」。9回目を迎える今年は、39都道府県とイスラエル・ハワイ・ベルギーからやってきた合計325ものキャラクターたちが大集合! 11月24〜25日の2日間で27万人が来場し、大きな盛り上がりを見せました。 会場内の特設ステージでは、それぞれの特徴や個性を活かしてパフォーマンスを披露。ステージに上がっていないキャラたちは、会場内を気ままにおさんぽしており、その間は仲良く触れ合ったり、写真を撮ったりしてもOKです。各ブースではキャラクターグッズのほか、その土地の名産品なども販売。また、グルメエリアでは、東西南北から集まった、様々なご当地グルメをいただくこともできます。 ボリュームたっぷりのイベントなので、ひたすらキャラクターを探し回ったり、グルメ制覇を目指したり……と、様々な過ごし方ができますよ。

あの人気キャラたちが羽生市に集結!

会場には、熊本県から一躍全国の人気者となったくまモンや「梨汁ブシャー!」でおなじみのふなっしーも駆けつけてくれました。ほかにも、ご当地キャラブームの火付け役・ひこにゃんや、“キモかわ”で話題になったせんとくんなどなど……会場中どこを見渡してもキャラクターでいっぱいです! 人気キャラたちが同じステージに上がってパフォーマンスをしたり、コミュニケーションを取り合ったりする姿を見ているだけで癒されてしまいます……。キャラクター好きにとっては、まさに夢のような空間です。
image

人気のひこにゃんは、赤い陣羽織のお殿様スタイル。足軽風のビバッチェくん、市女笠のお姫様姿のやちにゃんも一緒です。

image

約10年放置されていた(笑)という、埼玉県・志木市のカパル。「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」では1位に輝きました。

3か所のステージでは様々な企画が盛りだくさん!

会場内には、羽生市のご当地キャラの名前がついた「ムジナもんステージ」「あにっちステージ」「いがまんちゃんステージ」が設置され、それぞれにキャラクターたちが入れ替わりで登場。自己紹介や地元のPRはもちろんのこと、歌やダンスなどの特技を披露してくれることも! さらに、複数のキャラたちが一緒にステージに上がる、コラボレーション企画も見逃せません! お目当ての“推しキャラ”を求めて見て回るのも、このイベントの楽しみ方です。
image

4代目たいそうのおねえさん・いとうまゆさんは、ダンスで会場を沸かせます。ブレイクタイムにはなんと手品も披露!

image

“ゆるドル”として活動中の寺嶋由芙さんと“ゆるっふぃ〜ず”がパフォーマンス。お揃いの衣装がとってもカワイイ!

image

ここでしか見られない!? キャラ同士の組み合わせが見どころの特別ステージ。特別に用意された“衣装”にも注目ですよ!

image

24日には、TOKYO MX2の『東京電波女子』の公開収録がありました。来場者参加型のイベントに、会場も大盛り上がり!

image

公開収録では相撲大会を開催! 優勝候補のぴあにしきくんでしたが、予想外の初戦敗退という結果に。

image

同じく公開収録からの一コマ、会場の中から「1番大きな声の人」を探す企画。優勝したのは、写真の男の子でした!

どこもかしこも見どころだらけ! 会場全体が見逃せない!?

ステージ以外の至るところにも、キャラクターたちが出没中! 各ブースでのグッズ販売はもちろん、会場内の色んなところをおさんぽするキャラたちと、自由に触れ合うことができます。ただし、ステージへ急いでいるキャラクターもいますので、そのときは優しくお見送りしてあげてくださいね。さらに会場には、開催地・羽生の魅力をお届けするブースも設置。地元のボランティアのみなさんの協力あってこそのイベントです。会場全体が“地元愛”に溢れています!
image

普段はあまり見られない、キャラクター同士の絡みも。どこでどのキャラ同士が出会うかは、本当に偶然なんです!

image

場内をおさんぽ中のキャラクターを見つけたら“斜め前”から声をかけてみましょう。OKなら、一緒に記念撮影できますよ。

image

当日は天気にも恵まれ、ムジナもんが描かれた熱気球の搭乗体験も開催。空の上から羽生の景色を一望できますよ。

image

会場にはラッピングカーの展示も。ゆっくり写真を撮れる機会ということもあって、フォトスポットになっていました。

image

グッズを求めるたくさんのお客さんで、各キャラクターのブースは大にぎわい! 人気キャラには長蛇の列が。

image

“梨の妖精”ふなっしーは、この日も相変わらずの大人気! 文房具から衣類まで、さまざまなラインナップでした。

image

地元の羽生ロータリークラブは、塗り絵コーナーを設置。キャラクターたちもやってきて、色塗りに挑戦していました!

image

羽生実業高校のブースでは、学生さんたちが作った農作物を販売。驚きの安さで美味しい野菜が手に入ると評判に!

image

当日に出たゴミは、地元の学生ボランティア達が丁寧に分別。会場内が綺麗に保たれているのも、皆さんのおかげです。

おなかが空いたらキャラクターの地元の味を堪能しよう!

全国各地から集結した、選りすぐりのご当地グルメを味わえるのも『世界キャラクターさみっと』の魅力のひとつ。グルメエリアでは、キャラクターたちが地元のグルメをPRしている姿を見ることもできました! 会場内には芝生スペースがあるので、レジャーシートを広げて食事を楽しむ人たちでいっぱい。食事をしながらステージを眺めたり、次は何を食べようか考えたりと、わいわい盛り上がっていました。毎年、こちらのグルメを目当てに来場する方も多いようです(笑)

image

この時期が旬の“会津地鶏”を乗せたラーメン(税込700円)。ガッツリお腹がいっぱいになり、体も温まるグルメということもあり行列ができていました。

image

宮城県産“蔵王牛”が大ボリュームの牛串は税込500円! 噛む程に旨味の出る牛タン串も、税込600円で頂けるのも嬉しいですよね!

image

屋外イベントでは珍しい、クリーミーで濃厚な蒸カキ(税込400円/1個)。口に入れた瞬間、磯の匂いが広がります!

image

秩父のB級グルメ・みそポテト(税込200円/1本)。サクサクの衣に包まれたポテトと、甘い味噌ダレは相性抜群!

image

農機メーカーが作る米粉ワッフル(税込150円)は、プレーン・メープル・しょう油味の3種類。もちもちの食感が◎。

image
イベント情報
  • 所在地
    玉県羽生市
よく読まれている記事
営業日
2023年 1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4

定休日

イベント日

臨時休業

■イベント日 ■定休日 ■臨時休業日

【新型コロナウイルス感染拡大防止に関する弊社の対応について】

SNS
ネッツトヨタ埼玉公式LINE

※一部環境によっては、表示がくずれたり、表示ができない場合があります。

メルマガ
メルマガを登録

このWEBマガジンは、ネッツトヨタ埼玉の各種キャンペーンやクルマに関する情報の配信をご了解いただいた方に向けてお送りしております。
フィーチャーフォン(従来型携帯電話)でご登録の方は、コンテンツを閲覧できない場合がありますので、予めご了承願います。
配信先変更、配信停止などは、こちらよりお願いします。
お使いの機種や動作環境によって、お名前が文字化けする場合があります。その際は、下記【ネッツトヨタ埼玉 Webマガジンサポート】までご連絡をお願いいたします。なお、登録時のアドレス以外でご連絡いただいた場合、修正対応ができない場合がありますので、ご注意ください。

■ネッツトヨタ埼玉ホームページ
https://saitama.netz-toyota-dealer.jp/

■お問い合わせ
ネッツトヨタ埼玉 Webマガジンサポート
webmag@netz-saitama.com