小さな旅 川越温泉
江戸時代には「小江戸」と呼ばれ、北関東随一の町が川越です。今回紹介するのは川越インターからクルマで約7分、国道16号線から少し入った場所にある日帰り温泉『小さな旅 川越温泉』です。敷地内から湧き出る天然温泉は、美肌と保湿効果の高い泉質で、ゆったりのんびりお湯に浸かることで美容と健康を育みます。店頭で申し込める会員カードを使えば、温泉の入浴だけでなくレストランでの食事やマッサージなど、色々な館内サービスが割引になるのでオススメ。ご訪問の際はぜひ入館チケットの購入前に入会手続きを忘れずに。
● 小さな旅 川越温泉
  • 所在地:埼玉県川越市上野田町41-7
  • 電話番号:049-249-4126
  • 休所日:不定休 ※施設整備のため休所日あり
  • 営業時間
     平日  :10:00〜25:00
     土日祝日:09:00〜25:00(入浴受付時間は22:30まで)
  • 入館料:
     平日  :大人800円/3歳〜小学生400円
     土日祝日:大人900円/3歳〜小学生400円
  • 駐車場:無料駐車場あり
  • 公式ホームページはこちら
温泉
ここ「小さな旅 川越温泉」の浴室は、ほんのり自然の香りが漂う「木の湯」と自然味溢れる「石の湯」の2種類があり、日替わりで男女を入れ替え。それぞれ7種類あるお浴槽には縁起の良い七福神の名前を関しています。露天風呂にある生源泉掛け流しの惠比壽天の湯では、天然温泉を加水も加温もせず(冬季のみ加温の場合あり)に贅沢に掛け流し。熱々のお湯がお好みでしたら一段高い場所に設置された毘沙門天の湯がオススメです。屋内風呂にはのんびり入るのに最適なぬる湯の布袋の湯や、高濃度炭酸ガスを源泉に加えて心臓病や高血圧への効能を高めた弁財天の湯などもありますよ。


泉質はナトリウム-塩化物質泉で、海水に似た成分で身体を温め冷えにくいのが特徴です。神経痛や筋肉痛、関節痛、疲労回復等に有効。

「木の湯」にある替わり湯は、香りを加えた温泉でリラックス効果をアップ。香りは日替わりですから、常連さんにも飽きさせません。

「木の湯」「石の湯」ともにぬる湯の屋内風呂が一番広くなっています。広いお風呂にゆったりのんびり浸かる開放感は自宅では味わえませんね。

一般的な高温サウナでは、定期的にロウリュサービスを行っています。このほか木の湯には塩サウナ、石の湯にはハーブサウナがあります。
リラクゼーション
ソフト整体やマッサージ、アカスリといったリラクゼーションは館内の「ほぐし処 びぜん」で一括して受け付けています。ソフト整体は20分コースが2260円(会員2060円)から、オイルの全身トリートメントは3810円(会員3610円)から。また館内にはカットサロン「髪美粧」があり、ヘアカットが1300円(会員1100円)でうけられるほか、女性の顔そりはフェイスケア込みで2000円(会員1800円)。温泉上がりに散髪してサッパリしたり、散髪してからのんびり温泉を楽しんだりすることができますよ。他にも館内無料の休憩所にはリクライニングチェアと畳敷きの2種類がありますから、お好みの姿勢でのんびり身体を休めることができます。
レストラン
館内併設のレストランが「お食事処 小江戸屋」です。一番人気はコシのあるうどんを肉汁たっぷりのおつゆに漬けて食べる「肉汁うどん」(770円/会員700円)。ほかにもボリュームいっぱいの海鮮丼(1320円/会員1200円)はガッツリ食べたい人にオススメ。デザートでは「白玉抹茶パフェ」(530円/会員480円)などが、湯上がりの身体にほど良い冷たさで人気の一品。まだ少し早いですが、夏の暑い時期にはかき氷(280円より)は見逃せませんね。

川越の別名「小江戸」の名前を冠したレストラン。こちらのお料理も会員割引が設定されているので、会員証をお忘れなく。

店内のお座席にはテーブル席と掘りごたつ状のお座敷席の2種類があり、お好みの座席をお選びいただけます。

お湯上がりには岩泉直送の「岩泉飲むヨーグルト」もオススメ。200mlが200円、750mlが540円。こちらも店内で購入する事ができます。

こちら「ミニカツ丼うどん御膳」(1100円/会員1000円)は、肉汁うどんにミニ丼が付いた人気のセット。うどんは300円追加で大盛りに。

単品でもセットでも人気のうどんは、手打ちうどんを使用。コシの強い食べ応えのある麺で、釜揚げやあつもりでの注文もできます。

うどんのセットには写真のミニカツ丼以外にも、ミニ天丼やミニ海鮮丼、握り寿司5貫とのセットが同価格で設定してあります。
おみやの逸品
次号予告