秩父川端温泉 梵の湯
秩父への玄関口にあたる皆野寄居有料道路、その終わりに位置する荒川を渡ってすぐの位置にあるのが、今回ご紹介する「秩父川端温泉 梵の湯」さんです。"川端温泉"と名乗る通り、露天風呂からは雄大な荒川の流れを望むことができ、四季に合わせて彩りを変える山々の木々と共に、季節や時間帯を問わず楽しむことができるのが特徴です。さらに隣接してオートキャンプ場やドッグランも併設されており、ご家族はもちろんワンちゃんと一緒にお出かけするにも最適なロケーションですよ。
● 秩父川端温泉 梵の湯
  • 所在地:埼玉県秩父市小柱309-1
  • 電話番号:0494-62-0620
  • 休所日:年中無休 ※設備点検等により休館の場合あり
  • 営業時間:
    9:00〜22:00(土曜日のみ22:30まで)
  • 入館料:
    平日:大人770円/4歳〜小学生520円/3歳以下310円
    休日:大人1050円/4歳〜小学生730円/3歳以下520円 ほか
    岩盤浴:1回530円(30分/予約制)
  • 駐車場:約250台分の無料駐車場あり
  • 公式ホームページはこちら
温泉
こちら「梵の湯」の温泉の特徴は、ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉となっており、1kg中の成分濃度が2569と非常に濃い重層泉です。そのためお風呂で温まった身体が冷めにくく、お肌の老廃物をしっかり流して入浴後には高い爽快感を味わうことができます。また、面白いのが「梵の湯」では2つの温泉井戸を所有しているのですが、それぞれ別の深度まで掘り進めたことで2種類の温泉を発掘。屋内湯と露天風呂でまったく異なる入浴感が楽しめます。
荒川に望む展望の素晴らしい露天風呂は、透明感の高いサラサラと軽い肌触りのサッパリとした爽快感の高いお風呂。一方の屋内浴場は薄く濁りのある濃厚なお湯で、肌にしっかりとまとわりついてくるような入浴感。順番はお好みでもいいですが、ここは両方を試してお湯比べを楽しむのがオススメです。ご家族のみなさんでどちらが好みだったか話してみるのもいいかもしれませんね。
なお、浴場内には温泉施設としては珍しく人工芝が敷かれており、足を滑らせたりしにくいようになっています。はしゃいでしまいがちなお子様や、足腰が弱くなったお年寄りとご一緒のご家族には嬉しい配慮ではないでしょうか?

泉質はナトリウム・塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉。関東でも屈指の重層泉で、美肌効果が高いのが特徴。2系統の井戸を所有しており、露天と屋内風呂でそれぞれ違ったお湯を楽しめるのも特徴です。

露天風呂から柵の外を見れば、木立の間から荒川の流れを見ることができます。目をつむって静かに耳を傾ければ川のせせらぎが聞こえ、最高のリラックスタイムを過ごすことができますよ。

屋内風呂は露天風呂とはまた異なった泉質で、ぬるぬるとした重厚な入浴感。短時間の入浴でも、たっぷりと温泉を堪能したように錯覚するほど濃厚な時間を味わえます。

屋内風呂も大きなガラス窓が設置されているため、見晴らしが良く四季の移り変わりを楽しむことができます。日中であれば露天同様荒川の流れを見ることもでき、ロケーションは露天に負けません。
個室風呂
人目が気になる家族利用などに最適な温泉付きの個室は3時間4300円で利用できます。また、お風呂なしでのんびり過ごしたいという方向けの個室休憩所は、5名までの通常個室(2600円/3時間)と大部屋(3200円/3時間)の2種類があります。
岩盤浴&サウナ
岩盤浴は予約制になっており、30分530円(岩盤浴着レンタル代を含む)で利用できます。岩盤浴場内には「幸運の石」とも呼ばれる貴蛇紋石や宇宙ロケットにも使われる特殊塗料の「ガイナ」など、遠赤外線の放射率が高い素材を組み合わせて身体を芯から温められるようになっています。また温泉の源泉を利用した足湯と遠赤外線ヒーターを組み合わせた低温ミストサウナもあり、こちらは入場料だけで利用できるのも嬉しいポイントですね。
グルメ&レストラン
梵の湯食堂

館内にある「梵の湯食堂」は、お手軽な食券形式となっています。店内はカウンター&テーブル形式ですが、隣接しているお座敷形式の休憩所や、川辺のテラス席でお料理をいただくこともできますよ。こちらの人気メニューは本格的な「石焼きビビンバ(1000円)」で、熱々の石窯に入ったご飯とナムルを甘辛ダレに混ぜながら、しっとりご飯とカリカリおコゲの両方を堪能できます。ほかにも季節の天ぷらが付いた「天麩羅5種もりうどん(890円)」も食べ応え十分。同じ値段でおそばもありますから、おそば派ならこちらをどうぞ。もちろんお風呂上がりにぴったりな、冷たいドリンクやアイスクリームも各種取りそろえてありますよ。


自由にご利用いただける休憩所。食堂と隣接しているので、お料理やお飲み物ならこちらでいただくこともできます。

荒川を望むテラス席は休憩所のすぐ外にあります。温泉上がりに川のせせらぎを耳に冷たいドリンクでクーリングタイムもオススメ!

人気の「石焼きビビンバ(1000円)」は辛味の効いたコチュジャンと石鍋を使った本格的なひと品。香ばしいおコゲも楽しめます。
梵天茶屋
こちらの「梵天茶屋」は、梵の湯への入り口にあるお食事処。温泉外の施設になりますので、通りがかりに立ち寄ったりして利用できます。オススメメニューはわらじ大のカツが2つも乗った「梵天わらじかつ丼(1100円)」と、手打ちの本格的なおそばとうどん。テラス席ではワンちゃんとご一緒の利用もできるので、愛犬連れでも気兼ねなくお食事できます。

その名の通り"お茶屋さん"といった雰囲気のお食事処。普通自動車7台分の駐車場を備えており、クルマで立ち寄るにもぴったり。

お店で出すおそばとうどんはどちらも手打ち。どちらもオススメですのでお好みでどうぞ。写真は人気の「葉わさびそば(850円)」。

「葉わさびそば」は、おそばの上に湯通しした葉わさびが乗っており、おそばと一緒に口に含むと爽やかな辛味がクセになる一品です。
ドッグラン&オートキャンプ場

梵の湯に隣接する敷地にはオートキャンプ場とドッグランがあり、ご家族みんなで1日楽しむことができます。オートキャンプ場は一泊5070円から、エアコン付きのバンガロー(5人用)は1万6500円から利用することができます。日帰りのお出かけに最適なデイキャンプ(3670円より/5人・車1台)は、荒川の川辺で水遊びもできるのでオススメですよ。
一方、ドッグラン(小型犬1頭/1700円より)はワンちゃんのリードを外して思いっきり遊ばせることができるスペース。ここの特徴はなんといっても、ワンちゃん用の温泉を完備していること。温泉の気持ちよさにうっとりするワンちゃんの姿は、滅多に見れない姿です。


オートキャンプ場は芝生を区切ったキャンプサイトのほか、エアコン完備のバンガローもあり。こちらも愛犬と泊まれます。

ドッグランスペースには芝生と砂の2種類があり。広々としたスペースにワンちゃんも大喜びすること間違いなし。

ドッグランには犬用のシャワーと湯船があり、どちらにも梵の湯の温泉が使われます。ドライヤーも完備で長毛種も安心です。
おみやの逸品
次号予告