百観音温泉
今回ご紹介する「百観音温泉」は、平野部では非常に珍しい自然と湧き出てくるお湯を使った「自噴温泉」です。また東北自動車道の久喜ICからクルマで10分、さらにJR東鷲宮駅から徒歩3分と、アクセス良好な立地条件もポイント。お仕事帰りのお父さんは会社から電車で直行、お母さんと子供達はクルマで向かって、温泉や食事を楽しんだらみんな一緒にクルマで帰る……なんて利用方法も可能です。小さなお子様がいるご家族でも、内風呂付きの個室があるので安心して利用できます。
昨年4月にリニューアルオープンして、炭酸泉の追加や休憩施設がより使いやすくなっており、より快適な温泉施設へとパワーアップしていますよ。
● 百観音温泉 Data
  • 所在地:埼玉県久喜市西大輪2-19-1
  • 電話番号:0480-59-4126
  • 休所日:毎週第3火曜日 ※祝日の場合は翌日
  • 営業時間:
    平日8:00〜23:00/食堂11:00〜21:30
    土日祝6:30〜23:00/食堂10:30〜22:30
  • 入館料:
    大人800円(4時間)/子供400円(4時間)※3〜12歳
    ※タオルセット(バスタオル+フェイスタオル)、
     館内着のレンタル各300円
  • 駐車場:210台分の無料駐車場あり
  • 公式ホームページはこちら
温泉&サウナ
ここ「百観音温泉」の特徴はその泉質で、大昔に地殻変動などで閉じ込められた海の水がわき出している化石海水温泉。ですから、海水由来の様々なミネラルが豊富に含まれた泉質になっています。しかも湯量が豊富なため、炭酸泉や水風呂といった一部以外はすべて源泉掛け流し。常に新鮮な温泉の成分を全身で楽しむことができます。また新たに追加された炭酸泉は、お湯の中に含まれた二酸化炭素の効果で血管を広げ、血圧を低下し新陳代謝を促進してリラックス効果が高いのが特徴。ゆっくりと長時間漬かっていられるように、ぬるめの温度設定となっています。たっぷり汗をかきたい方にはサウナがオススメ。こちらは入館料のみで利用できるのも嬉しいですね。


泉質は「ナトリウム塩化物強塩温泉」で、リューマチや皮膚病、神経痛に効果があり。塩分濃度が高いため、湯冷めしにくいのも特徴です。

石風呂の「阿弥陀の湯」と岩風呂の「菩薩の湯」があり、2週間ごとに男湯と女湯が入れ替わる形で異なる景観を楽しむことができます。

様々な種類の温泉はそれぞれ温度設定が異なっており、写真の炭酸泉はぬるめ。ガッツリ温まりたい人には熱めの立ち湯がオススメです。

屋内風呂には洗い場のほか、高めの温度設定の浴槽とジェットバスがあります。またサウナと水風呂も内風呂の中にあります。
個室風呂

人目を気にせず、家族水入らずで温泉を楽しめる個室の貸し切り風呂もあります。お客様ごとに清掃&源泉100%のお湯を張り替えており、誰も漬かっていないお湯を心ゆくまで堪能できます。食事もオーダーシステムで個室ごとに届けられるため、ゆったりのんびりとした時間を過ごすのに最適。檜造りや石造りなど、個室ごとに異なる浴室も楽しみのひとつ。1部屋3300円/3時間(入館料別)でご利用いただけます。

リラクゼーションコーナー

リクライニングチェアやゆっくり横になれる休憩室は2階にあります。温泉の定番・マッサージチェアで身体をほぐすのも良いですが「整体 ほぐし処」では本職の整体師さんの手で至福のひとときを過ごすことができます。全身コースは3800円/40分から、お疲れの部分だけなら2000円/20分からのコースがあり、その日の疲れに応じたコースが選べます。女性向けにはビューティーエステ、全身オイルトリートメント+洗顔+美顔パック+保湿ケアが4200円/40分。全身の古い角質を取り除いて新陳代謝を促進する韓国式アカスリは、全身コースを3200円/30分で利用することができます。

観音堂

温泉のすぐ隣には、名前の由来にもなっている百観世音菩薩を祭った観音堂があります。この温泉も観音様の「お告げ」で掘られ、その霊験のおかげで順調に掘削が進められたのだとか。元は江戸時代に建てられ、明治維新の混乱による焼失から再建などを経て今に至る歴史のあるお堂です。決して大きなお堂ではありませんが観音様が並ぶ堂内は壮観。山門の両脇には八百屋さんとお団子屋さんがあり、歩いてきてお参りの帰りに野菜やお団子を買って帰ってゆく人も多く見られ、近隣の住民から親しまれていることがわかります。

グルメ&レストラン
松竹亭

更衣室を出るとすぐ目の前にあるのが、フードコート「松竹亭」です。イートイン形式の気軽な食堂なので、ご家族やお友達とワイワイお話をしながら楽しい時間を過ごすことができます。オススメは写真の「百観音弁当(980円)」で、お刺身や天ぷらなど旬の食材をたっぷり使った松花堂弁当。ほかにも3段階の辛さが選べる「カレーうどん(680円)」や、山菜・海藻・トロロと3種類のおそばと天ぷらの盛り合わせがセットになった「三色おそばセット(980円)」といった麺類も好評です。たっぷりお湯につかって温まった身体には、シロップがかけ放題の「かき氷(300円)」や「ソフトクリーム(300円)」も季節を問わずに楽しむことができます。


百観音弁当は、十文字の仕切りの箱に盛り合わせる松花堂弁当スタイル。内容は日によって変わりますが、旬の食材にこだわっています。

天ぷらの主役といえば海老ですが、季節の野菜も熱を通すことで甘味を増し、メイン級の美味しさに。この日のパプリカの天ぷらも絶品です。

海に面していない内陸だからこそ、お刺身の素材にもこだわりが。海鮮重(1100円)や鉄火重(950円)といった海鮮メニューも豊富。
おみやの逸品
次号予告