上野
秋の行楽シーズンを控えたこの季節、ドライブをしながら各地で“食欲の秋”を楽しんでみてはいかがでしょうか。さて、今回ご紹介する「道の駅 上野」は、周囲を山に囲まれた自然豊かな道の駅。名水として有名な神流川に沿って進む、国道299号線・西上州やまびこ街道近隣に位置しています。周辺にはキャンプ場や鍾乳洞、巨大吊り橋など、見どころもいっぱいです。これからの季節なら、紅葉に色づく山々を眺めながらのドライブというのも気持ちが良いですよ。
●道の駅Data
■ 所在地:群馬県多野郡上野村大字勝山127
■ 電話番号:0274-20-7021
■ 休所日:道の駅 年末年始/レストラン 毎週木曜日(祝日の場合は営業)
■ 施設開館時間:09:00〜17:00(道の駅 上野)
※冬期・年末年始は変更の場合あり
11:00〜15:00(レストラン)
9:00〜17:00(売店)
※冬期は変更の場合あり
■ 駐車場:普通車80台、身障者用2台
■ 公式ホームページはこちら
駅の特長&みどころ
じつはこの「道の駅 上野」は、群馬県内では一番最初にできた道の駅なんです。開業当時は今のように道の駅が大型化する以前だったため、簡素な休憩所といった雰囲気の施設でした。しかしその後、地粉を使ったおそば屋さんの「福寿庵」や村が育んだ樹木を使った工芸品を展示・販売する「ウッディー上野村 銘木工芸館」、人と森との関わり合いをテーマにした「森林科学館」などが建てられ、地元の特産物を販売する売店やレストランと共に観光拠点としての役割を果たしています。
◇道の駅 上野 琴平センター
道の駅 上野に隣接し、特産物の販売所とレストランを備える「琴平センター」です。販売所はちょっとした個人商店程度の広さですが、注目なのはその品揃え。地元で取れた農作物はもちろん、山間部ならではの山菜やキノコとその加工品がズラリ。中でもオススメは、数百年受け継がれてきた昔ながらの製法で作られる「十石みそ」でしょう。天然醸造ならではの優しい味と香りは、味噌汁はもちろん様々な料理にマッチします。
また、上野村で育てている「イノブタ」も見逃せません。イノシシとブタを掛け合わせることで、イノシシの豊かな風味とブタの食べやすさを兼ね備えています。お肉はもちろんですが、ソーセージやベーコンといった加工品も格別な美味しさですよ。
レストラン
◇お食事処 琴平
ここでのオススメはやはり「イノブタ料理」です。中でも「いのぶたソースカツ丼(1050円)」は、カリッとクリスピーな食感の衣に甘辛いソースが染みこみ、中から現れたお肉の適度な食感と溢れる肉汁がまさに絶品! ひとつの丼にロースとヒレのカツが乗っているので、最後の一口までまったく飽きさせません。冬にはイノブタを使ったお鍋の定食もあるので、こちらもチェックしてみてはいかがでしょう。
◇道の駅 上野
休憩所と観光案内所を兼ねた、オープン時からある「道の駅 上野」の中心です。ここで販売しているソフトクリームには、定番のバニラ(300円)だけでなく地元産のプラム味(350円)や十石みそ味(350円)があります。「えっ、みそ味!?」と思うかもしれませんが、写真のようにバニラ味と変わらない見た目に十石みその風味がほんのり香る絶妙のバランス。まさにここでしか楽しめない味になっています。