しもにた
お正月が近づき、忘れてはいけないのがお餅の準備です。そこで今回は、毎朝つきたてのお餅が入荷することで評判の道の駅「やちよ」におじゃましました。道の駅「やちよ」は、1993年に策定された「やちよふれあい農業の郷」構想に基づいて整備された施設で、1997年に道の駅としてオープンしました。施設は、国道16号線と新川(印旛沼の排水を目的に作られた人工開削の川)が交差する橋のたもとにあります。交通量が大変多い場所のため、常磐自動車道・柏インターチェンジ方面と、千葉方面へ向かう双方のお客さんが次々と立ち寄っていかれます。
●道の駅Data
■ 所在地:千葉県八千代市米本4905-1
■ 電話番号:047-488-6711
■ 休所日:
  第2月曜日(変更あり)
  12月28日〜1月4日(変更あり)
■ 施設開館時間:
  09:00〜19:00
  09:30〜18:00(農産物直売所/花の江緑園)
  09:00〜18:30(トミーガーデン八千代)
  10:00〜17:00(プチシャンテリー)
■ 駐車場:大型10台、普通車98台、身体障害者用2台、臨時駐車場50台
■ 公式ホームページはこちら
駅の特長&みどころ
施設は大きな建物一棟のみで構成されていて、そこに農産物直売所とお花屋さん、アイスクリーム屋さんとレストランが入っています。施設の特長は、とにかく天井が高いこと。入り口から入ると開放的な空間がお客さんを迎えてくれます。休憩所や情報スペースもしっかり整備されているので、休憩にもぴったりです。
◇農産物直売所
施設の中核になっているのが、農業組合法人クラフトが運営する農産物直売所です。千葉県北西部に位置する八千代市は、現在でこそ宅地開発が進みベッドタウンとして知られていますが、もともとは農業が盛んな場所です。特に野菜の生産が盛んで、トマトやきゅうり、ほうれん草、にんじんの産地として知られています。また、新川流域の低地では稲作が、台地では梨が作られるほか、酪農や畜産も盛んです。
こちらの直売所では地場の新鮮な野菜や上質な米を取りそろえるほか、つきたてのお餅やお総菜が豊富なのも特長です。農家の方がそれぞれ自前の加工所を持っていて、おこわやいなり、お餅などの加工品を出荷しているため、色とりどりのお総菜が並ぶ様は、こちらの直売所ならでは。特に毎朝つくというお餅は、やわらかい状態で販売されているので、その日のうちであれば、それほど火をいれなくてもなめらかな舌触りが楽しめると好評です。また、冬の風物詩である焼きいもは、1本100円で販売されていておやつ代わりに購入されていく方が多かったです。お土産にも最適な地酒・八千代桜もぜひチェックしてみてくださいね。
◇花の江緑園
鮮度のよい花がそろっていると人気のお花屋さんです。切り花と鉢物の両方を豊富に取りそろえているほか、誕生日祝いや仏花、多様なアレンジなどにも対応してくれます。気軽に予算とイメージを伝えて、相談してみてくださいね。
レストラン
◇トミーガーデン八千代
大きなガラスからの採光で明るい空間が特長のレストランです。席数も多く、多くのお客さんで賑わっていました。人気は写真の「カキフライ定食(1080円)」や、地場の野菜をたっぷり使った「八千代ご膳(1080円)」、ケーキがついた「レディースランチ(830円)」などです。うどんやそば、ラーメンなども取りそろえられているので、ぜひお立ち寄りください。
◇プチシャンテリー
いろんな種類のアイスとソフトクリーム、乳製品を扱っているショップです。人気はコクがあって香りもよいと人気の看板メニュー「牛乳アイス(250円)」。このほか、ブルーベリーやチョコチップ、抹茶、黒ごまなどの味も同じお値段で楽しめます。いちご味やかぼちゃ味など、一部のお味は300円なのでご注意くださいね。八千代牛乳を使ったおいしい「カフェラテ(120円・冬季限定)」や牛乳アイスがのった「アイスクリーム・ラテ(200円・冬季限定)」も人気です。ぜひ試してみてくださいね。