クルマdeぐるり関東

マヨテラス

 
メインPhoto

どんなところ?

サラダにツナにお好み焼き、いまや日本の食卓に欠かせない存在となったマヨネーズ。そんなマヨネーズの魅力や可能性を伝えるため、日本で初めてマヨネーズを製造・販売したキユーピー株式会社が開設したのが、東京都調布市にある『マヨテラス』です。
施設はエントランスにあたる『サラダホール』と、マヨネーズの歴史を知る『キユーピー ギャラリー』、工場の工夫を体感できる『ファクトリーウォーク』、マヨネーズの秘密や工夫を学ぶ『マヨネーズドーム』、実際に試食のできる『キユーピー キッチン』の5つに分かれ、それぞれのテーマに沿ってスタッフが解説をしながら施設内を案内してくれます。お話はマヨネーズを使ったお料理のヒントも多く、役に立つこと間違いなし。
インターネットか電話で予約をすれば、無料で試食を含めた見学ができるので、お料理のバリエーションを増やしたい大人はもちろん、お料理に興味を持ち始めたお子様たちにもオススメ! 見学に参加した人にはおみやげがもらえますよ。
image

入口を入るとキユーピーちゃんがお出迎え! 施設内の色々なところにいるキユーピーちゃんを探すのも、隠れた楽しみです。

image

入ってすぐの『サラダホール(ページ最上部の写真)』にある『マヨネーズドーム』の星型ゲートは人気のフォトスポット!

image

同じ『サラダホール』にあるイスは、野菜がモチーフ。お皿に乗った野菜に、マヨネーズをかけようとしているイメージ。

image

見学参加者に配られるおみやげは、大人用と子供用があります。中身は開けてのお楽しみですが、時期によって変わるのだそう。

オリジナルソースを開発!? 『キユーピー キッチン』

マヨネーズの新しい美味しさを発見するため、見学した人が無料で試食できるスペースがこの『キユーピー キッチン』です。テーブルには各種調味料やドレッシングがセットされ、参加者1人に1個ずつ、マヨネーズのミニボトルとパック入りのサラダが配布されます。別途用意された小皿にマヨネーズとお好みの調味料をブレンドして、色々な組み合わせを試すことができるんです。用意される調味料は時期により変わりますが、マスタードといった定番から、シソやピーナッツなどの変り物もありますから、オリジナルのソースが生まれるかもしれませんよ。
image

参加者1人1人にサラダとマヨネーズが配られます。そのままかけても美味しいですが、ここは色々な味に挑戦しましょう!

image

マヨネーズとバジルソースをブレンド! 小皿はたくさんあるので、2種類、3種類と色々な組み合わせを試せます。

image

お気に入りの組み合わせは、レシピメモに記録してお持ち帰りを。常識にとらわれない子供ほど、新しい味を発見するかも?

image

『キユーピー キッチン』には手洗い場を完備! 食事の前にはしっかり手を洗う、お子様の教育にもばっちりです。

マヨネーズ工場を体感できる『ファクトリーウォーク』

映像や資料を使い、キユーピーのマヨネーズ製造工場を楽しく学べる『ファクトリーウォーク』。ここでは卵を割るところから、原料を混ぜ合わせ、パッケージにするところまでの流れを体感できます。右の写真でモデルが見ている画面内の映像は、「割卵機(かつらんき)」という卵を割って黄身と白身を分離する機械が、1分間に600個もの卵を割る様子を収めたものです。
ちなみに、キユーピーが1日に製造するマヨネーズを、450グラムのボトルに詰めて積み上げると、富士山が56山分になるのだそう。日本にマヨネーズがいかに普及しているかがわかりますよね!
image

工場で使われている割卵機。合わさった2枚の刃が下から卵を割り、開いて下の受け皿に黄身が落ち、白身は外に流れます。

image

指定された原料を取り出し、二次元コードを読み取ってチェック。実際の工場でも、こうしたシステムで間違いを防いでいます。

image

キユーピーのマヨネーズは黄身だけを使いますが、残った白身や殻、卵殻膜は様々な原料として使われています。

image

実際の工場と同じように、『ファクトリーウォーク』の入り口にエアシャワーを設置。こうしてゴミの混入を防ぎます。

image

『ファクトリーウォーク』内のチューブには、マヨネーズの製造工程に合わせたキユーピーちゃんが隠れています。

マヨネーズの誕生から普及までの歴史をたどる『キユーピー ギャラリー』

マヨネーズが誕生してから、今日に至るまでの歴史をまとめたのが『キユーピー ギャラリー』。元々はメノルカ島(現スペイン)に伝わるローカルな調味料だったものが、フランスの軍人がパリで紹介したことをきっかけに広まったのだそう。その後、日本人の体格を向上するため、食生活の改善を目指したキユーピー株式会社の創始者・中島董一郎が、ポテトサラダに使っていたマヨネーズに注目。1925年に日本で初めてマヨネーズを製造・販売することに。ギャラリーに展示された資料で、日本にマヨネーズが普及していく過程がわかります。
image

マヨネーズ発祥の地であるスペインのメノルカ島では、右のような陶器の鉢と木の棒でマヨネーズを手作りしています。

image

日本に伝わった当初は、容器が似ていた整髪料に間違われることも。そのため、宣伝や広告に力を入れていたのだとか。

image

こちらのパネルでは、1975年以降のテレビCMを見ることができます。お父さん・お母さん世代には懐かしい映像も!

image

『キユーピー ギャラリー』の照明は、マヨネーズのボトル型のユニークなもの。自宅のキッチンに欲しい人も多いのでは?

もっとマヨネーズに詳しくなれる『マヨネーズドーム』

こちらの『マヨネーズドーム』では、現在キユーピーが製造している様々な秘密を知ることができます。たとえば、マヨネーズは生卵を使っているのに、なぜ保存料を使わずに長持ちするのか知っていますか? また、酸素に弱いマヨネーズを守るため、マヨネーズのボトルに施されているある工夫とは? そんな、普段は気にも留めない疑問について、映像や実際に使われているボトルなどを使って解説して貰えます。こうしたお話はお子様の自由研究はもちろん、日頃の健康管理にも役に立ち、親子で楽しく学ぶことができますよ。
image

中央の円形モニターに出る映像を使い、楽しみながらマヨネーズに関する知識を深めることができます。

image

販売される国によって、マヨネーズのパッケージにも違いが。指をさしている漢字のパッケージは中国のもの。

image

『マヨテラス』のある仙川キユーポートには、キユーピーの研究開発本部があります。パネルには研究者のあるあるネタが。

image

ウッドパネルで作られた、巨大なマヨネーズボトル型のドーム。一般的なマヨネーズの450グラムボトル50万倍の大きさです。

キユーピーグッズがいっぱいの『キユーピーショップ』は予約不要!

『マヨテラス』と同じ敷地内にある『キユーピーショップ』は、予約なしでも入ることができます。中にはキユーピーの商品のほか、キユーピーちゃんグッズがズラリ!中でもフランス産の小麦粉と北海道産の生バター、さらにキユーピー特選の「エグロワイヤル」という卵を使った『たまごサブレ』はここでしか買えない限定品。また、長寿番組として有名な『キユーピー3分クッキング』の貴重な資料や、キャンペーンで使用されたキユーピー人形を展示するギャラリーも併設しています。
image

キユーピーや子会社であるアヲハタの商品やグッズが並ぶ店内。ここでしか買えない限定グッズもあるので注目です!

image

キユーピーちゃんのグッズは税込100円の小さなものから、特大サイズまで色々あり。一番かわいい子を選びましょう。

image

キユーピーショップ限定販売の『たまごサブレ 10枚セット』(税込1800円)は、ココアとプレーンの2種類の味が入っています。

image

50年以上の長寿番組、『キユーピー3分クッキング』のギャラリーを併設。眺めるだけであのテーマ曲が頭の中で再生される?

image

貴重な放送初期の台本や、献立表が展示されています。いまも昔も変わらない、家庭の味を伝えている番組です。

image

模型で再現された撮影スタジオの様子。放送では映らない、下ごしらえなどを行うスペースもあり、意外と大掛かり。

image

お帰りの際にはゲート脇にある時計に注目を。このキユーピーちゃんは、季節によって服装が変わるのだそうです。

モデル:さき(tfac)

●キユーピーショップ

住所:東京都調布市仙川町2-5-7仙川キユーポート
営業時間:11:00〜17:15
電話番号:03-5384-7734
駐車場:なし

スポット情報

所在地: 東京都調布市仙川町2-5-7仙川キユーポート
入館料金: 無料(完全予約制)
予約電話番号: 03-5384-7770(開館日の9:30〜12:00/13:00〜16:00)
WEB申込: https://www.kewpie.co.jp/mayoterrace/reservation/index.html
※10名以上の団体、車椅子をご利用、介助が必要な方の予約はお電話にてご予約を
休館日: 土・日・祝日・その他臨時休館日
※土曜日は臨時開館する場合あり、公式サイトのスケジュールで確認を
案内時間: 時期により異なります。
※見学開始15分前を目安にご来場ください。所要時間は各回90分です。
駐車場: 事前の申し込みが必要
公式サイト: https://www.kewpie.co.jp/mayoterrace/