世界キャラクターさみっとin羽生2016
メインPhoto
どんなイベント?
毎年11月、世界中のご当地キャラクターが羽生市に集まって、たくさんのお友達と一緒に過ごすイベント、それが『世界キャラクターさみっと』です。今年も11月19〜20日の2日間、約400体のキャラクターたちが集まりました。キャラクターたちは場内に設けられた3つのステージで、それぞれ個性あふれるステージイベントを開催。さらにステージの合間を縫って、会場の中を“おさんぽ”するキャラクターとは、直接触れ合ったり一緒に写真を撮ったりもできちゃうんですよ! このほか場内には、ご当地グルメの屋台が集まったエリアもあり、キャラクターをきっかけに全国各地を盛り上げる、「世界最大のご当地キャラの祭典」となっています。
全国の人気キャラが羽生市に集結!
ご当地キャラ人気の火付け役ともいえる、彦根のひこにゃん。じつはこの羽生市でのイベントに、第1回から欠かさず参加しています。もちろん今回もステージに登場、かわいい姿を見せてくれました!

千葉県船橋市の非公認キャラ・ふなっしーも、全国区の人気になる以前からこのイベントに参加しているキャラクター。今年はふにゃっしーやふなごろーと一緒に、19日のステージに登場。

場内をおさんぽ中のキャラクターとは、誰でも自由に記念撮影ができます。でも、ステージ出演のために急いでるときは遠慮してあげてね。

“まゆお姉さん”こと、いとうまゆさんは、キャラクターたちと「ご当地キャラダンス部」を発足! メンバーのみっけちゃんとかわいく踊ります。

19日のイベントは史上初の雨天開催に。雨具を着たキャラクターの姿は、滅多に見れない貴重なお宝ショットだったかも?

場内のテントでは、来場したキャラクターたちのグッズを販売。中には地元以外ではめったに手に入らない物や、イベント限定アイテムも!?
とっておきのお衣装公開!? 「はにゅコレ」
かわいいキャラクターたちが、普段は見ることができない特別な衣装に身を包み、ステージでパフォーマンスを見せてくれる、キャラクターさみっとの定番イベントが『はにゅコレ』です。今回は19日が個人戦、20日には団体戦の形式で、来場客の投票によってファッションリーダーを決めました。中には特別衣装に身を包んだまま会場を“おさんぽ”するキャラの姿もあり、貴重なレアショットをカメラに収めるチャンスと大勢のファンが集まりました。

東京都多摩市の銀ギツネ“ちょこ太郎”は、パッチワークの上下に身を包んだ「イケイケ」がテーマのファッションで登場!

アロハシャツ姿の首(?)にレイをかけているのは、静岡県下田市のご当地キャラ“ぺるりん”。ちょっと季節的には涼しすぎそう?

こちら、新潟県弥彦村の“もちうさぎ”は、セクシーなビキニ姿で会場中のお友達を悩殺!? プリティなおしりが見せられないのが残念!

会場に設置された投票所で、今年のファッションリーダーを決定。みんな個性的な衣装すぎて、誰に投票するか悩んでしまいますよね。
ご当地グルメもお楽しみ!
『キャラクターさみっと』のもうひとつのお楽しみは、全国から集まったご当地グルメの屋台の数々!  会場内に設けられたグルメエリアでは、北は北海道から南は九州まで、様々なご当地のソウルフードを食べ比べることができるんです。さらに今回は、地元キャラクターの「オススメご当地グルメ」も登場し、全国の自治体がキャラとグルメの両方でご当地の魅力を存分にアピールしていました。お子さんとママがキャラのステージを鑑賞中、パパはこちらのグルメエリアを満喫……なんていう楽しみ方もオススメです。

今年は気温が低かったこともあり、山形のご当地グルメ・芋煮は大人気。お味噌の優しい味と、ホクホクのおイモが身体を温めてくれます。

地元特産の牛肉を使った牛串も、1本500〜600円で食べられます。ガッツリ系で食べ応えもあり、場内を歩き回るイベント向きなご当地グルメです。

馬刺しが名産の熊本からは、馬肉がいっぱい入った「馬(うま)か鍋」(500円)が登場。ニンジンやキャベツなどのお野菜もたっぷり入って栄養満点!