カスケード原宿
メインPhoto
落ち着いたオトナのグルメスポット
原宿駅から徒歩2分、表参道から一本入った場所に昨年秋オープンした商業施設が「カスケード原宿」です。若者の街というイメージが強い原宿ですが、こちらは「都会で働く大人」をターゲットに落ち着いた食事を楽しむことができるグルメスポットになっています。
何より特徴的なのは建物の構造で、中心の吹き抜けを囲むよう地下1階地上4階の建物をコの字型に配置することでカスケード(=流水階段)の名前通りのイメージとなっています。テラス部分には各飲食店の座席も設けられており、暖かい季節には原宿の街並みや夜景を眺めながらの飲食もできるのも大きな特徴と言えそうです。 気になる出展店舗は日本初上陸となる3店舗を含む厳選された計7店舗がオープン、リラックスタイムやくつろぎの時間、甘くスイートなティータイムなどなど、それぞれの形で「大人の時間」を提供してくれますよ。


原宿のメインストリートから少し入った場所にあり、落ち着いた雰囲気から男女を問わず幅広い世代が気兼ねなく入れます。

夜になると照明とイルミネーションで建物の様相が一変。落ち着いた昼の顔から、食事やお酒をじっくり楽しむ「大人の夜」を演出しています。
原宿ダッチ
大分出身のシェフが地元・大分県の市場から直送された魚介をはじめ、鹿児島の霧島豚、時にはシェフ自らが釣りあげた魚介類など厳選された素材を使って作り上げるイタリアンレストラン。イタリアンの顔とも言えるパスタにもこだわり、低温で長時間乾燥させる特殊な製法で作られた四種類の乾麺をチョイス。この製法のパスタだからこそ生まれる特有のもちもちとした食感と、ソースのうま味が絡み合い最高のハーモニーを奏でます。 ランチのパスタセットは1000円(+税)から、ディナーのコースも2500円(+税/席料)からと、かしこまらずに気軽に楽しめるも嬉しいポイントです。

店内はカウンター&テーブル合わせて31席。座席は一席一席を広めにとり、ゆったりとしたゆとりの空間を演出。

テラス席使用時はキッチン部分の窓が開いてカウンター状になり、直接キッチンスタッフに注文がすることができます。
● こだわりのパスタと新鮮魚介のイタリアン
原宿ダッチのオススメはやはりこだわりのパスタ。中でもナポリのパスタグラニャネージ社の1.9mmのスパゲティを使い、パンチェッタと淡路の納豆菌栽培タマネギを煮込んだチリトマトソースに24カ月熟成したパルミジャーノチーズを振りかけたアマトリチャーナはぜひ一度お試しいただきたい一皿です。ランチタイムにはこのアマトリチャーナにサラダとドリンクが付いたセットが1200円(+税)で楽しめます。特に魚介類の鮮度にはこだわり、カルパッチョやソテーはその日によって魚介の種類だけでなく仕入れ元の市場から変わります。ときにはシェフ自ら釣り上げた魚介類がメニューに並ぶこともありますから、タイミング良く出会えた日はチャンスかもしれません。クルマの運転の心配がないならお料理に合わせたお酒もオススメ。グラスワインが500円(+税)からありますが、ここでは自家製のサングリア(850円+税)やリモンチェッロ(500円+税)もあり、ここならではのお味が楽しめますよ。
お料理が気に入ったら、持ち帰り用に販売しているパスタはいかがでしょう? もちもちのパスタを使えばいつものパスタもワンランクアップするかも!? お手軽にプロの味を再現できるパスタボックス(2500円+税)もありますから、お友達へのお土産にしてはいかがでしょう?

メインディッシュの「霧島豚肩ロースのグリル 春野菜添え」(2100円+税)。ボリューム満点の一皿ですが、あっさりいただけてしまいます。

コースは2500円(+税)から用意しており、プラス2500円(+税)で飲み放題も付けられます。ボトルワインも2000円台からとお手頃なものも。

原宿ダッチで使用している低温熟成パスタは店頭販売中。特製アマトリチャーナソースやパルミジャーノチーズとのセットもあります。

オーナーシェフの足立義紀氏。六本木にあるスパニッシュイタリアンのお店で料理長を務め、この原宿ダッチが独立一号店に。
スポット情報
  • 営業時間
    【月〜金】11:30〜15:30(15:00ラストオーダー)17:00〜24:00(23:00ラストオーダー)
    【土日祝】11:30〜24:00(23:00ラストオーダー)
  • 定休日:不定休
  • TEL:03-6455-5210
  • 公式ホームページhttp://www.dacci.co.jp/harajuku/
ローラズカップケーキ
ロンドンで大人気のカップケーキのお店『ローラズ・カップケーキ』、その日本第一号店が原宿カスケードにあるんです。色とりどりのかわいいカップケーキは日本の女性にも大人気! 本場ロンドンの人気フレーバーはもちろん、日本人の舌に合わせた日本限定のメニューや期間限定メニューを合わせた15種類のカップケーキが並んでいます。カップケーキにはレギュラー以外に小さめのタイニーサイズがありますから、複数の種類を食べ比べたい人にはタイニーサイズがオススメです。
ご家族へのお土産はもちろん、女性が多い職場や取引先への差し入れに持って行けば、センスの良さから職場での評判も急上昇! なんてことがあるかもしれませんよ。
● ロンドンっ子に愛されている魅惑のカップケーキ
ロンドンで愛されている『ローラズカップケーキ』ですが、人気の秘密はフルーツやクリーム、チョコレートにナッツとカラフルな見た目だけではありません。人気の秘訣はやはり味があってこそ。土台になるカップケーキはふんわりと優しい口当たりで、2個3個と思わず手が出る軽さ。トッピングのクリームやソースはどれもバランスが良く、海外のお菓子にあるキツさは感じません。
ロンドンでは不動の人気ナンバー1という「レッドベルベット」(R480円+税/T260円+税)は、甘酸っぱいチーズクリームに真紅のチョコレートがまぶされた目にも鮮やかな一品。人気2位の「クッキー&クリーム」(R480円+税/T260円+税)はクリスピーなクッキーとしっとりしたカップケーキの食感の違いを、ふんわりとしたクリームが上手く受け止めています。海外では定番のお菓子バナナトフィーをアレンジした「バノフィー」(R520円+税/T280円+税)は、バナナ甘い香りで人気3位につけています。フレーバー選びに困ったら、まずはこの3品を選べば間違いありませんが、用途などを伝えてスタッフにオススメのセットを作ってもらうこともできます(要電話予約)。
 このほか、オリジナルメッセージを入れられるカップケーキ(Rのみ600円+税/〜15:00まで)もありますから、ちょっとしたお祝いのときに持って行くと喜ばれますよ。


サイズは2種類で、手のひらサイズのレギュラーとその半分ほどのタイニーがあります。写真は3月まで販売されるストロベリーチーズケーキ。

ロンドンでの人気トップ3をズラリ。人気ナンバー1は中央のレッドベルベット、2位が左のクッキー&クリーム、3位は右のバノフィー。

こちらは4月から販売する限定フレーバーのピスタチオ&ラズベリー。ナッツのコクとラズベリーの甘酸っぱさがピッタリです。

かわいいオリジナル缶ケースは単品2500円(+税)ですが、カップケーキ12個とセットで購入すると1500円(税・カップケーキ代別)です。
スポット情報
まだまだ話題のグルメスポットがいっぱい
他にもカスケード原宿には、イタリアの人気ピッツァ店『SPONTINI』や台湾の人気カフェ『彩茶房』という日本初上陸の2店舗を始め、メキシコ料理を中心にしたカジュアル・ラテン・ダイニングの『LAS DOS CARS』、熟成タンとユッケが人気の焼き肉店『KITAN』、本格アメリカングリルの『AMERICAN HOUSE BAR&GRILL』といった話題のお店が入っています。
スポット情報
  • 所在地:東京都渋谷区神宮前1丁目10-37
  • 駐車場:近隣に有料駐車場あり
  • 公式ホームページhttp://cascade-harajuku.com