東郷公園 秩父御嶽神社
メインPhoto
自然科学をテーマにした国内屈指の博物館
飯能市にある東郷公園 秩父御嶽神社は、県内有数の紅葉の名所として知られる神社です。毎年モミジやカエデで真っ赤に染まり、多くの人々に愛されています。
秩父御嶽神社は、御嶽教行者である鴨下清八により1894年に創建。その名の通り、信州木曾御嶽山を本山としていて、その分霊を奉斎しています。境内は広く、その広さは1万5000坪。日露戦争後の1925年には東郷平八郎元帥の銅像が建立され、神苑として東郷公園が整備されました。奥武蔵と呼ばれる高麗川流域の自然豊かな場所に位置していて、四季折々で様々な表情を見せてくれるパワースポットでもあります。

公園の入り口に設置されている清貫一誠霊神の像。神社の創建や山内の整備、東郷元帥の銅像建立と、行者として一生を捧げた鴨下清八が没後に祀られたものです。

中腹まではゆるやかな傾斜が続くので、お子さん連れでも十分楽しめます。もみじまつりの期間中はライトアップも行われるので、見応えが増します。

階段を含めて複数のルートがあるので、さまざまな順路が選べるのも魅力です。摂社の数も多数あり、朝からゆっくりお参りするのがおすすめです。
東郷平八郎元帥の銅像と東郷神社
山内中腹の東郷神社のあたりまでは、傾斜もゆるやかで階段の段差も低く、散策するのにうってつけのエリアです。取材日はもみじまつりの前の時期でしたが、紅葉も見応えがあり、多くの人がゆったりとした時間を楽しまれていました。銅像のある場所は、山内でも紅葉が見事なエリアのひとつなので、ぜひゆっくり訪れてみてください。
見どころのひとつでもある、東郷平八郎元帥の銅像は、生存中に本人自らの承認を得て1925年に建立されたものです。そもそも東郷元帥は自らの銅像の建立に否定的で、各所からの要請をすべて断っていたのですが、鴨下清八の熱意に押される形で許可を与え、本人立ち会いのもと序幕式が行われました。
日露戦争にまつわる遺物が各所に設置
山内には日露戦争にまつわる遺物が各所の配置されています。いずれも海軍省から下賜されたもので、激戦の様子を物語る逸品ばかりです。

日本海海戦で連合艦隊の旗艦を務めた戦艦三笠。その際にロシア戦艦からの砲撃を受け被弾した甲板の一部が展示されています。三笠に113名の死傷者が出たという激戦を物語る資料です。

日露戦争の際に、ロシア軍から鹵獲した3インチ野砲。当時の最新式の大砲で、日本軍のものより数段命中率が高く、日本陸軍が各所で苦戦する要因のひとつになりました。

参道に設置された水雷と主砲弾。水雷はロシア軍により旅順港に敷設されたもので、日本海軍の接近を阻止するのに大きな役割を果たしました。主砲弾もロシア海軍のもので、日本海軍よりも大口径で威力も高く、脅威となりました。
階段を登った先にある秩父御嶽神社
山内の下のエリアは、比較的ゆるやかな傾斜で散策が楽しめますが、東郷神社より先のエリアは山深くなり傾斜も急になります。まっすぐに山内最奥にある秩父御嶽神社に向かう階段は、なんと368段あります。雨の後などは、すべりやすくなっているので、十分注意してくださいね。階段を迂回するルートも整備されているので、体調や体力に応じてルートを選択しましょう。最上部の神社からは、遠くまでの見晴らしが楽しめ、空気が澄んでいる冬の時期には、スカイツリーが見られることも。

東郷神社の先にある秩父御嶽神社に続く階段。視界に入る階段はごく一部で、合計368段あります。無理は禁物ですが、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

山内の中腹には、祈祷殿があります。お正月や毎月の例祭日の祈願は、こちらで行われます。自動販売機やお手洗い、ベンチなどもあるので、神社へ向かう際の休憩所としても利用できます。
階段をもくもくと上がったご褒美は、なんといっても絶景です。紅葉と相まっていままでの苦労が報われるというもの。階段を振り返ると、われながらよく登ったなと感慨深くなる長さです。
山内最上部に位置する秩父御嶽神社。悪気退散、除災招福の御利益があるとされ、人々の幸運を守ってくれます。神社には、幸(しあわせ)の鐘も設置されていて、参拝される方が鳴らす鐘の音が響きます。
乃木大将の像もあります
第2駐車場から直接山内に入るルートには、日清戦争と日露戦争での軍人としての活躍や、学習院院長として教育に携わったことで知られる乃木希典大将の像があります。大礼軍装のディティールも細部まで再現された像となっていて、見応えも十分。こちらも見事な紅葉が見られるエリアなので、ぜひ足を伸ばしてみてくださいね。
社務所では授与品をいただけます
社務所では、お守りやお札などの授与品が購入できるほか、無料のおんたけ茶のサービスがあります。山内の散策で疲れたときの休憩に、ぜひ利用してみてください。季節によっては、社務所の外で農産物の直売が行われていることもあります。


今年のもみじまつりは11月21日・22日!

今年のもみじまつり紅葉の名所でもある秩父御嶽神社は、毎年11月の第3土曜日と日曜日にもみじまつりを開催しています。今年は今週末の21日と22日が開催日となっています。21日土曜日は前夜祭になっていて、15時から21時がおまつりになっていて、ライトアップや青竹キャンドルなどが行われるほか、18時30分からはジャズ演奏会も開催されます。22日日曜日は、9時から15時の間、芸能大会が開催され各種の催し物が楽しめます。もちろん、模擬店も多数出展します。長野県や木曽地方から遠征して出店するそば屋さんもおいしいと好評です。 ただし、駐車場が100台程度と限られていることと、毎年渋滞が発生することから、車でお出かけの際は、はやめのお出かけがオススメ。また、西武鉄道グループが提供しているパーク&ライドの割引サービスを利用して、電車を使うのもよいでしょう。最寄り駅の吾野駅からは、お祭りの間シャトルバスが運行されます。西武グループのパーク&ライド割引サービスの情報はこちらから

スポット情報
  • 所在地:埼玉県飯能市坂石580
  • Tel:042-978-0072
  • 祈願開始時間(要予約)
    10時〜(1日、9日、15日、18日、27日)、
    14時〜(1日、15日)
  • 入山料
    もみじまつり期間(2015年11月15日〜30日)は20歳以上100円
  • 駐車場:あり。約100台。
    もみじまつり期間(2015年11月15日〜30日)は500円。それ以外の期間は無料。
  • 公式ホームページhttp://www.togo-koen.jp