エプソン アクアパーク品川
メインPhoto
都内屈指のアクアエンターテインメント施設
「エプソン 品川アクアスタジアム」として人気だった施設が、リニューアルにより「エプソン アクアパーク品川」として、この7月にオープンしました! 施設は品川プリンスホテル内に位置していて、駐車場もホテルと共用です。品川駅からのアクセスもよく、リニューアルオープンが夏休み期間だったこともあり、連日多くの人で賑わいました。取材は9月中旬に行ったのですが、まだまだお客さんの数は衰えず活気にあふれていました。スタッフの方によると、おすすめは夜とのこと。お客さんの数も落ち着き、大人の入場料金が400円安くなるのでお得です。仕事帰りのデートスポットとしても人気だそうですよ。また、年間パスポートも1.9回分の入場料金に設定されているのもポイント。ぜひ初回から年パスを購入するのがおすすめです。リニューアルによってさらに魅力を増したエプソン アクアパーク品川に、ぜひ足を運んでくださいね。

趣向をこらした水槽の展示がいっぱい! 都市型水族館ならではの工夫が随所に見られます。

魚だけでなく、海獣やペンギンなどにも会えますよ。愛らしい動きで人気のペンギンエリア前は多くの人で賑わいます。

ショップでは、オリジナルグッズを多数そろえています。お土産におすすめのお菓子類も豊富なバリエーションがあります。
2種類のアトラクションがお出迎え
水族館をイメージして入場すると、まず面食らうのが入り口から眼に入る大きな「ポート・オブ・パイレーツ」。そうなんです。「エプソン アクアパーク品川」では、2種類のアトラクションも用意されていて、展示やパフォーマンス以外の楽しみもあるんです。激しい動きが苦手という方やお子様には、「ドルフィンパーティー」がおすすめ。どちらのアトラクションも別途500円の料金がかかりますが、ぜひ乗ってみてくださいね。

威風堂々とした海賊船のたたずまいも魅力な「ポート・オブ・パイレーツ」。室内だからといって、振り子運動のダイナミックさは手加減なし! 120センチ以上の身長の方なら乗車できます。

海賊船が出発すると光と音の演出だけでなく、水族館らしく水しぶきの演出もあり! 目をつぶらずに、ぜひ演出もしっかりチェックしてくださいね!

「ドルフィンパーティー」は6歳以上なら利用可能なメリーゴーラウンドです。約12mの壁に配置されたLEDの光と音楽による演出も魅力です。5歳以下のお子さんは、18歳以上の保護者の付添い(有料)で利用が可能です。
光や映像の演出との融合が生み出す不思議な空間
常設展では世界初となる透過型液晶パネル(タッチパネル)搭載の水槽を使った展示や、水槽とお花によるコラボエリアなど、従来の水槽展示とは一線を画した演出が楽しめるエリアです。それぞれに趣向が凝らされているため、ぜひひとつずつじっくり観賞してくださいね。

お花と魚のコラボレーションが楽しめるアトリウムエリア。カラフルな魚とアートフラワーの競演を楽しみましょう。

インタラクティブエリアでは、タッチパネル搭載水槽による展示が楽しめます。水槽の前面には、操作のための指示が表示されます。

指示に従って操作をすると、それぞれの演出が! 水槽内のお魚と相まって、ここでしか見られない展示が楽しめますよ。
音と光の演出とクラゲが織りなす癒やしの空間
幅9メートル、奥行き35メートルという広い空間に配置された複数のクラゲの水槽のエリアです。周囲は鏡張りになっていて、実際の広さよりもさらに広く感じられる空間になっています。こちらのエリアでは、音と光の演出が施されているので、足を止めてゆったりと観賞してくださいね。演出は時期によって変更される予定なので、リピート来館する度にチェックする楽しみがあります。
プロジェクターを完備した市民ギャラリー
熱帯魚やサメなどが生活する大水槽と9つの水槽が楽しめる「リトルパラダイス」と、天窓からの自然光が差し込む長さ約20メートルの海中トンネル「ワンダーチューブ」。リトルパラダイスの水槽は、定期的にテーマが変わるので何度訪れても楽しめるのがポイント。取材日は、「生きものたちの生きる知恵」がテーマの展示になっていて、擬態したり、オスからメスへと転換する生きものなどが展示されていました。
ワンダーチューブは、世界で唯一となるドワーフソーフィッシュが展示されているほか、東日本唯一の展示となるナンヨウマンタもいます。このほか10種のエイが泳いでいて、形や模様の違いを楽しむことができます。エイならではの、身体の下側のづくりが間近にみられるのも、トンネル型の水槽ならではです。
世界のジャングルや海獣たちの生態を観察
世界のジャングルを再現した「アクアジャングル」では、生きた化石といわれるピラルクや淡水に生息するエイ、は虫類などを展示しています。ほかのエリアでもそうですが、水槽内の生きものの解説が、液晶ディスプレイに順次表示されるため、それぞれの生き物の生態についてどんどん学べるのもうれしいところです。
ペンギンやアザラシ、カワウソなどの人気者が集う「ワイルドストリート」では、水陸を自由気ままに行き来する生きものたちの姿が観察できます。こちらのワイルドストリートと上述したワンダチューブでは、規定の時間に飼育スタッフがごはんをあげるフィーディングタイムが用意されています。それぞれの生き物の特徴などの解説も行われるので、ぜひご覧ください。

上部開放型の水槽も用意されていて、陸の部分にも趣向が凝らされています。

みんなの人気者カピバラもいます。愛らしい動きを存分に楽しめますよ。お隣にはケヅメリクガメもいます。

屋外のフレンドリースクエアでは、アシカやオットセイ、ペンギンなどのミニパフォーマンスが行われます。入館されたらスケジュールを確認してくださいね。
イルカによるダイナミックなパフォーマンスが楽しめる!
エプソン アクアパーク品川の目玉のひとつがイルカたちによる大迫力のパフォーマンスが楽しめる「ザ スタジアム」。360度どこからでも観賞できる直径約25メートルのプールには、ウォーターカーテンが装備されていて水を使った変幻自在の模様を空中に描き出します。多彩な照明による演出も組み合わされて、季節ごとのテーマや昼夜で異なるプログラムが用意されています。イルカたちの華麗な競演は、動画でもご紹介します。

前列へ大量の水しぶきが! レインポンチョは売店で販売しているのでご安心を。大きな身体を使って水しぶきを作るオキゴンドウや、バンドウイルカの尾ひれでのキックで、場内は大きな歓声で包まれます。

夜のプログラムは、明暗コントラストが大きい神秘的な演出が特徴。音楽もしっとりと叙情的なものが使われているので、イルカたちの優美な動きに思わずうっとりしてしまいます。
軽食やドリンクも充実してます!
エプソン アクアパーク品川は、軽食やドリンクが充実しているのもポイントです。販売しているのは、「コーラルカフェバー」とザ スタジアム内の売店です。
コーラルカフェバーでは、ボトルタイプのアルコール(ハイネケン、ギネスエクストラスタウト、スミノフ)や、ソフトドリンクを販売。そのまま次のゾーンへ進み、館内を観賞できます。
ザ スタジアム内の売店では、ポップコーンやチキンNANKOTU、ソフトプレッツェルドッグなどの軽食に加え、ソフトドリンクと生ビールを販売。イルカによるパフォーマンスといっしょに楽しめるのがうれしいですよね。
なお、年間パスポートを持っているとドリンクの割引サービスがあります。ぜひご利用くださいね。

ザ スタジアム内の売店では、ドリンクと軽食を販売。パフォーマンスの直前は混み合うので、余裕を持って購入するのがおすすめです。

コーラルカフェバーは、ドリンクの充実ぶりがポイント。その名の通り、カウンターの隣には、発光サンゴをメインにした水槽が展示されています。

ソフトプレッツェルドッグ(450円)は、2本入りでサルサとサワークリーム、トマトケチャップの3種類のソースから選べます。写真はサワークリームです。
スポット情報
  • 所在地:東京都港区高輪4-10-30(品川プリンスホテル内)
  • Tel:03-5421-1111(音声ガイダンス)
  • 営業時間
    9:00〜22:00(最終入場21:00、9月19日〜9月23日)、
    10:00〜22:00(最終入場21:00、9月24日〜2016年3月31日)
  • 入場料
    大人2200円、小中学生1200円、幼児(4歳以上)700円、
    アクアナイトチケット1800円(17時以降の入場で使用可能、大人のみ)
  • 休館日:年中無休(貸切営業などでの入場不可日あり)
  • 駐車場:(品川プリンスホテル駐車場)30分につき500円
    ※アクアパーク入場や館内および品川プリンスホテル内での利用合計金額5000円以上で3時間無料のサービスあり。
    ※駐車場には限りがあります。混雑時には、長時間待つ場合がありますのでご注意ください。
  • 公式ホームページhttp://www.aqua-park.jp/