東京タワー
メインPhoto どんなところ?
今月は、東京の観光名所にしてシンボルとして長く愛されてきた東京タワーをご紹介しましょう。昭和33年(1958年)12月にオープンした東京タワーは、高さ333メートルを誇る電波塔です。かつては、テレビ各局とラジオ各局の電波を送信していましたが、2013年のTOKYO MXのスカイツリー移転を最後にテレビ放送の送信は終了。現在は災害時に東京スカイツリーから電波が送信できない際に使用する予備電波塔としての機能を持つほか、TOKYO FMや放送大学、InterFMなどのFM放送が引き続き主電波塔として利用しています。
放送施設として長きに渡って首都圏をカバーしてきた東京タワーですが、東京きっての観光名所としての側面も持っています。なんといっても、ほかに並ぶもののない優美なデザインは、東京スカイツリー開業後も評価が高く、国内外の観光客で賑わっています。近年は趣向を凝らしたライトアップでも人気を集め、デートスポットとしてもメジャーな存在になっています。東京を一望にできる圧倒的な眺望のよさと、魅力的な商業施設を備える東京タワーに、みなさんもぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

下から見上げる東京タワーは迫力満点! 巨大な建造物であることを実感できます。特徴的なトラス構造もにも注目です。

大展望台へ連絡するエレベーターは3基あります。それぞれにテーマが設定されていて、天井には移動時に色が変化する仕組みが用意されています。

フットタウンには、さまざまなフードを提供するお店が入居しています。写真はピザーラ エクスプレス 東京タワー店の「たっぷり4種チーズのイタリアーナ」。
雷門〜仲見世
地上150メートルに位置する大展望台は、2階建ての構造。最大の特徴はこの高さにして広々としたスペースを備えていることです。修学旅行や社会科見学の学生や園児がやってきてもへっちゃらなのも納得の広さです。もちろん、全周の見晴らしのよさも、東京タワーならでは。周囲には緑も多く、春には満開の桜が観られ、秋には樹木の紅葉が楽しめます。フットタウンからのエレベーターが到着する2階部分には、公式グッズショップやレンタルスコープコーナー、東京23区で最も高い位置にある神社・タワー大神宮などがあり、特別展望台行きのチケット売り場もこのフロアです。
大展望台1階部分には、カフェ ラ・トゥールや夜景と音楽をコンセプトにするClub333 特設ステージ、フットタウン行きの下りエレベーター乗り場などがあります。名物のルックダウンウィンドウは、足元に配置されたガラス窓。160センチ×60センチの大型サイズのものがふたつ、50センチ四方のものがふたつ用意されていて、はるか下の地上を見下ろせます。
カフェ ラ・トゥール
大展望台1階あるカフェです。カフェのフロアは展望台の床より60センチ高くなっていて、素晴らしい展望をみながらケーキやコーヒーを楽しめるため人気です。各種スイーツのほか、ビールも提供しています。夜景を見ながら一杯というのもおすすめのコースです。
特別展望台
地上250メートルに位置する特別展望台は、大展望台より100メートル高いだけあって、遠方への見晴らしはもちろん足元の見下ろし感でも一段上のスケールを誇ります。元々は、建設作業時に設置された作業台で、開業後は放送設備や機材の倉庫として使用されていましたが、1967年から特別展望台として供用を開始しました。エレベーターは大展望台とを結ぶ1基のみで、天候によって営業を取りやめることがあるほか、混雑時には入場制限を行うこともあります。昼間の展望ももちろん魅力的なのですが、一度は体験したいのが夜の特別展望台です。窓下のLED照明と夜景との調和によって、まさに上空に浮かんでいるかのような感覚が味わえると評判です。
レンタルスコープ
フットタウン
フットタウンは東京タワーの足元に位置する、地上5階地下1階建ての施設です。1階には、大展望台へのエレベーターのほか、お客様への案内を行うインフォーメションと、東京タワー開業時の貴重な写真や映像、多様なライトアップの様子を展示するコーナーを備えたWELCOME LOUNGEがあります。2階にはフードコートを筆頭に、喫茶店やおそば屋さんなど各種のフードを提供するお店がそろっています。3月13日には、モスバーガー 東京タワー店がオープンし、モスバーガー史上最高の高さを誇る「東京タワーバーガー」「東京タワーチーズバーガー」が同店限定で販売され、話題を呼んでいます。また、数多くのお土産屋さんも軒を連ねています。3階には直営売店であるタワーショップに加え、展示スペース・TOWER GALLERY、ランナーの拠点として人気のLOVE SPO TOKYOなどがあります。
また、3月13日からは1階と3〜4階を使った大規模施設「東京ワンピースタワー」もニューオープン。各種のアトラクションとワンピースの世界を再現したレストランとカフェが楽しめます。「東京ワンピースタワー」は、前売り券が大人3000円、子供(4歳〜12歳)1500円、当日券が大人3200円、子供(4歳〜12歳)1600円となっています。
昼夜で異なるふたつの表情
スポット情報
  • 所在地:東京都港区芝公園4-2-8
  • Tel:03-3433-5111
  • 営業時間
    9:00〜22:00(大展望台、最終入場21:45)
    9:00〜22:00(特別展望台、最終入場21:30)
    9:00〜23:00(2015年4月1日より、大展望台、最終入場22:30)
    9:00〜23:00(2015年4月1日より、特別展望台、最終入場22:30)
  • 休業日:年中無休
  • 料金
    大展望台(150メートル):大人900円、子供(小中学生)500円、幼児(4歳以上)400円
    特別展望台(250メートル):大人700円、子供(小中学生)500円、幼児(4歳以上)400円
    ※特別展望台へは大展望台を経由しないと登れません。特別展望台を利用する際は、大展望台の料金と特別展望台の料金を支払う必要があります。
  • 駐車場:あり(最初の1時間600円、以後30分ごとに300円)
  • 公式ホームページhttp://www.tokyotower.co.jp/
Licensed by TOKYO TOWER