湘南の宝石
メインPhoto
どんなところ?
湘南きっての観光スポットとして、一年を通して多くの人が訪れる江の島。湘南海岸から相模湾へと突き出た陸繋島である江の島は、その独特の地形やアクセスの良さ、島内各所のスポットの魅力と相まって、有力な観光地になっています。
今回は、関東三大イルミネーションにも選ばれた江の島の冬を彩る人気イベント「湘南の宝石2014-2015」の様子をご紹介しましょう。
江島神社の表参道から、湘南港と対岸の腰越港エリアを望む。夕刻から夜にかけての景色は雰囲気たっぷりでおすすめです! 取材時は小雨が降っていたので、デッキや地面への映り込みもあって、幻想的な雰囲気に。お客さんの数も少ないので、風がなければ雨の日もぜひ足を運んでみてください。 1959年に開業した江の島エスカーは、国内初の屋外エスカレーター。高低差46メートルを4連のエスカレータで結んでいて、所要時間は約5分です。
弁財天仲見世通りから瑞心門へ
島内の駐車場に車を駐めたら、一路弁財天仲見世通りに向かいます。週末や祝日は、島内の駐車場が満車になることもしばしばですので、片瀬江ノ島駅や江ノ島駅、湘南江の島駅周辺の駐車場の利用や、藤沢駅や大船駅、鎌倉駅を拠点としたパーク&ライドも候補にいれるとよいでしょう。
魅力的なお店がいっぱい建ち並ぶ弁財天仲見世通りを抜けると、瑞心門に到着します。1986年に龍宮城をモチーフに造営された神門で、2002年に江島神社鎮座1450年を記念して弁財天像も建てられました。なお、イルミネーション点灯時間の最後まで点灯エリアにいると、弁財天仲見世通りのお店が閉まっていることもあるので、気になるお店がある場合は、ぜひ往路でチェックしておきましょう。
江島神社境内を登っていく
弁財天仲見世通りもゆるい上り坂になっていましたが、瑞心門からはいよいよ上りが始まります。とはいえ、シルバー世代の方でも容易に登れる階段と傾斜ですのでご安心ください。また、上りが苦手な方には、江ノ島電鉄が運営する屋外エスカレータ「江の島エスカー」の利用がおすすめです。料金は全区間の利用で、大人360円、小人180円です。なお、江の島エスカーは上りのみのエスカレータなので、下りは徒歩になるのでご注意ください。
江の島の頂上に至る表参道には、1206年に建立された辺津宮や1970年に法隆寺夢殿を模して建てられた八角の堂・奉安殿などがあるので、ぜひお参りしていきましょう。
光り輝くイルミに彩られた江の島サムエル・コッキング苑
江の島の頂上に位置するエリアにあるのが「藤沢市江の島サムエル・コッキング苑(以下サムエル・コッキング苑)です。サムエル・コッキング苑は、藤沢市が所有する観光施設で、1880年当時の金亀山与願寺(現在の江島神社)の菜園の敷地をアイルランド人貿易商のサムエル・コッキングが購入。植物園として開園したのがその始まりです。現在のサムエル・コッキング苑がオープンしたのは2003年。園内には、江ノ島電鉄が所有する江の島展望灯台、通称江の島シーキャンドルもあり、人気のスポットとなっています。
「湘南の宝石」の中心もやはりサムエル・コッキング苑で、色とりどりのイルミネーションが光り輝いています。園内にはウインターチューリップがたくさん植えられていて、昼間のうちはチューリップの観賞が楽しめ、薄暮時にはイルミとチューリップの共演も楽しめます。
夜空に浮かぶ湘南のシンボル・江の島シーキャンドル
1951年に設置された旧灯台の時代から江の島といえば、灯台がシンボルでした。2003年にオープンした現在の灯台は、江の島シーキャンドルという愛称を与えられ、夕暮れ時の景観が楽しめるデッキや、展望台があります。夕景を楽しみたい場合は、日没30分前を目安にシーキャンドルに到着しておきましょう。日没後は、サムエル・コッキング苑のイルミネーションも展望台から見下ろすことができます。角度を変えて見るとまた別の表情が楽しめるのでこちらもおすすめです。

そのほかのエリアにもイルミがいっぱい!
もちろんサムエル・コッキング苑以外のエリアでも、イルミネーションによる演出が施されています。サムエル・コッキング苑のエントランス近くにある、亀ヶ岡広場ではツリーやイルカのイルミが楽しめるほか、龍恋の鐘がある恋人の丘や江の島岩屋のイルミも見事です。また、日没前にサムエル・コッキング苑まで登った方は、帰路も表参道を選べば中津宮広場のイルミが楽しめます。
そのほかのエリアにもイルミがいっぱい!
イルミ観賞は冬季の屋外だけあって、どうしても寒さが気になります。とはいえ、逆に考えればおいしいフードの魅力がよりいっそう高まるイベントでもあります! おすすめは、サムエル・コッキング苑内のお店です。江の島シーキャンドルの直下には、ワッフルを中心としたスウィーツが人気の「Cafe du GABO」。500円からと手頃なお値段がうれしいですね。土日のみ11時から18時までの営業ですが、本格的な手打ちそばが楽しめる長野県松本市の観光PR館「そば道場 松本館」では、この時期温かいおそばがいただけるのがうれしいところ。金曜日は完全予約制のそば打ち体験教室が開催されているほか、月曜日から木曜日は無料の休憩所として開放されています。
もうひとつのフードショップが、写真でご紹介する「LONCAFE」。相模湾を一望にできる抜群のロケーションを誇るカフェで、フレンチトーストを中心としたメニューが楽しめます。今回いただいたのは、クリスマス期間限定のメニュー「2種のベリーとチョコレートソースのフレンチトースト」。フランボワーズとブルベリーのさわやかな酸味が楽しめるソースと、芳醇な香りと甘みがたまらないチョコレートソース。2種類のソースを交互に楽しみながらいただくと、一瞬で食べ終わっちゃうおいしさです! ぜひみなさんも食べてみてくださいね!
撮影協力:湘南藤沢フィルムコミッション
スポット情報
● 所在地
神奈川県藤沢市江の島
● 開催期間
2014年11月29日〜2015年2月1日
● 点灯時間
・17:00〜20:00
(最終入場19:30、平日および12月31日、1月1日)
・17:00〜21:00
(最終入場20:30、土日祝および12月22日〜1月6日※12月31日、1月1日を除く)
● 入園料(藤沢市江の島サムエル・コッキング苑)
大人(中学生以上)200円、小人(小学生)100円
● 駐車場
なし。近隣の有料駐車場をご利用ください。
● 公式ホームページ
http://enoshima-seacandle.jp/event/2014/shonannohouseki/