東芝未来科学館
メインPhoto
どんなところ?
2014年1月にオープンした「人と科学のふれ合い」をテーマにした施設です。前身は、東京オリンピックを間近に控えた1961年に設立された「東芝科学館」で、当時としては珍しい企業が運営する科学館として注目を集めました。その後、多くの企業が独自に企業館を運営する際に参考とされる草分け的存在でした。しかし、2013年9月に惜しまれつつも閉館し、ラゾーナ川崎プラザに隣接するスマートコミュニティセンター内に移転し、「東芝未来科学館」としてリニューアルオープンしました。
名前に未来が加わったことからもわかるように、こちらの施設では東芝の過去の栄光や歴史、現在の最先端技術の解説はもちろん、それらの技術や知識の発展が未来の社会にどのように貢献するかという情報発信まで視野にいれた展示内容となっています。こう書くとなにやら難しそうに聞こえますが、展示自体はゲーム感覚の体験型コンテンツを多数用意するなど、子供でも遊びながら科学や技術に興味を持てるようになっています。また、親子でいっしょに遊べるようなコンテンツも豊富にそろっていますので、ぜひ家族で遊びにいってみてはいかがでしょうか。入館料無料なのがびっくりなぐらいの充実した科学体験ができるのは間違いありません!
東芝の歴史がひと目でわかる電子年表です。時系列で東芝の発展の過程が見られます。節目節目で発表される新製品や、ロゴマークの変遷も学べます。 企画展のスペースもあります。取材日は、川崎市と東芝の関わりをテーマにした展示が行われていました。写真は川崎市の3Dジオラマです。 サイエンスショーでは、電気を使わずに簡単に涼しくなる「ひえひえ大実験!」など、科学知識が学べる実演プログラムが楽しめます。
創業者の部屋
東芝の創業者の偉業を振り返る展示です。創業者のひとり田中久重は、江戸時代から明治時代にかけて活躍した発明家で、「からくり儀右衛門」の異名を持つ人物です。彼が製作したからくり人形の数々や、最高傑作とされる万年時計(正式名称:万年自鳴鐘、2006年に国重要文化財に指定)が展示されています。ぜひみなさんも、6面の表情を持つ機械時計・万年時計の表情をぐるりと一周して見てみてください。
もうひとりの創業者・藤岡市助は、「電力の父」と称されたエンジニアで、日本初の国産電球を生み出したことで知られます。日本の技術であらゆる電気製品を作ること、そしてそれによって人々の暮らしを豊かにすることを志しました。展示では、明治44年に発売されたタングステン電球「マツダランプ」が見られます。
1号機ものがたり
数多くの国産第一号、世界初の電気製品を開発してきた、東芝の歴史を振り返るコーナーです。展示エリアには、日本初の扇風機や洗濯機、冷蔵庫といった、いまでもおなじみの電気製品の始祖はもちろん、ラジオ放送の送信に必須であるラジオ用送信管などの産業用電気製品など、数多くの製品が展示されています。時代の移り変わりにより、小型化が進み、機能も多機能化、デザインもよりモダンになっていく様子が子細に見て取れます。
常設展示展
東芝未来科学館の魅力のひとつは、豊富な体験型コンテンツです。館内には、先端技術を中心とした展示が数多くありますが、体験型コンテンツによりそれを体感することが可能になっています。ここでは、数多くの体験型コンテンツのうち、一部をご紹介しましょう。
● ウェルカムゾーン
入り口を入って真正面にあるのがウェルカムゾーン。大画面のスクリーンがあり、映像が流れているほか、身体を使って設問に答えるクイズを楽しむことができます。
● マチスキャナー
模型で作られた町を専用端末を使って探険します。町の中で使われている、さまざまなテクノロジーについて、AR(拡張現実)の映像で学ぶことができます。
● キミセンサー
身体を分析して、身体のサイズをキューブの数で表したり、水分量を色で表現。測定した情報を視覚化することで、ゲームとして楽しめるようになります。
● ビルタッチ
ビルを上手に管理して省エネを実現できるか? タッチ対応の大型モニターに映されたビルの、エレベーターと照明、空調をコントロールします。
● ナノライダー
東芝の半導体技術を体感できるコンテンツです。半導体の中の世界を専用の乗り物を駆って疾走します。ワールド内にあるアイテムを入手して高得点を狙いましょう。
● 静電気発生装置
常に人気の科学実験コンテンツです。50万ボルトの静電気を帯びたボールに触れると、身体にも静電気がたまります。そこで頭を振ると、髪が徐々に……。
超伝導実演
リニアモーターカーや医療用MRIなどに使われている超電導技術の原理をわかりやすく説明してくれる実演です。実際に浮上走行する様子は必見です。
スポット情報
● 所在地
神奈川県川崎市幸区堀川町72-34 ラゾーナ川崎東芝ビル2F
Tel:044-549-2200
● 営業時間
10:00〜18:00(火曜日〜金曜日)
10:00〜19:00(土曜日、日曜日、祝日)
● 休館日
月曜日、当館の定める日
● 入館料
無料
● 駐車場
なし
※車で来館の際は、近隣の駐車場(ラゾーナ川崎プラザパーキングなど)をご利用ください。
● 公式ホームページ
http://toshiba-mirai-kagakukan.jp/