MEGA WEB(メガウェブ)
メインPhoto
どんなところ?
トヨタの単なるショールームに留まらず、見て乗って感じるクルマのテーマパークとして1999年にオープンしたMEGA WEB。場内はトヨタの最新車両を間近に見て触れることができるトヨタ ショウケース、最新車両を実際に試乗することができるライドワン、クルマの歴史を知ることができるヒストリーガレージ、子供から大人まで運転の楽しみを味わえるライドスタジオの計4施設で構成されています。来年3月の15年周年を間近に控え、累計5000万人以上の来場者を迎えた人気スポットがリニューアルしました。今回は、よりいっそう幅広い年代の人たちが楽しめるようになったMEGA WEBの魅力を紹介いたします。
MEGA WEBはお台場の人気スポット・パレットタウン内にあり、ショッピングなども同時に楽しめます。 市販車に限らず、レースマシンや業務用車両など普段目にすることのないクルマも間近に見ることができます。 ドライブで行くなら、お台場周辺の夜景も楽しみのひとつ。帰り道も退屈させる心配はありません。
トヨタ シティショウケース
フロアの1階にはトヨタの最新モデルがズラリと並んだショーケースになっており、コンサルティングスタッフ「ミレル」が各車両の機能や操作方法の説明から、購入相談まで幅広く対応してくれます。また期間限定の企画展示も行われており、様々なメーカーの車両が展示されることもあります。
ショウケース1階の展示コーナーは、ゆとりをもった空間でじっくりクルマの魅力を確認することができます。 最大規模のショールームとあって最新モデルが展示されることが多く、新型ハリアーも全国で最初に導入。 トミカとしておなじみのしまじろうカー、その実車も展示されていました。小さなお子様に大人気です。
● ワクドキゾーン
今回のリニューアルでトヨタ シティショウケースの2階に新たに作られたワクドキゾーンは、クルマを持つことやクルマで走ることの楽しさを体験できるコーナー。モータースポーツを始め、クルマの持つスポーティな面をピックアップしています。
ドイツのニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦した、TOYOTA 86とLEXUS LFAの実車。激闘の後が生々しい!
ドイツのニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦した、TOYOTA 86とLEXUS LFAの実車。激闘の後も生々しい。
人気ゲーム『グランツーリスモ』を使い、プロドライバーとサーキットで勝負ができるシミュレーター。
併設のカフェではニュルブルクリンクの人気メニューを再現、フォーミュラ・ニッポンの参戦マシンも公開中。
● グローバルディスカバリーゾーン
同じくトヨタ シティショウケース2階に新設されたこのコーナーでは、日本国内では販売されていないグローバル販売車や、環境や安全など最先端の技術を体験することができます。
海外車の周囲には販売地域を連想させるアイテムが配置され、クルマが活躍する環境を想像することができます。
大画面とタッチパネルを使い、ユーラシア大陸横断レースを体験できるゲーム。QRコードを使った記念撮影も。
北米の人気モデル・タコマ アクセスキャブ。小型のピックアップトラックとして、日本の軽トラ様に使われます。
グローバルモデルもドアを開け、中に乗ることができます。日本では滅多に見ないクルマに触れる希少なチャンスです。
ライドワン
好きなトヨタのクルマを選び、全長1.3kmのコースを2周試乗することができます(1台300円)。リニューアルに従いメインコース部分が約4割拡大され、スラロームなどのより幅広い走行を楽しむことができるようになりました。
乗車前にはビデオを使って注意ポイントを解説してくれるほか、コース内の誘導も行ってくれます。 試乗車種は40台以上と多いが、人気車は早々に予定が埋まってしまいます。公式サイトからの予約がオススメ。 走行コースには横断歩道や石畳など、様々なシチュエーションを再現。クルマの性能を確認することができます。
ライドスタジオ
今回のリニューアルで新設された、主に子供をターゲットにした屋内型試乗施設。安全が確保された全長約230mのコースには信号や交差点、横断歩道が作られており、楽しみながら交通ルールを学ぶことができます(15〜30分200〜300円)。

屋内に設営されたコースは、ミニサイズながら公道を忠実に再現。ライドスタジオは当日の受け付けのみ。

子供単独で乗るクルマだけでなく、親子同乗型やハイブリッドの仕組みを学べる組み立て式(写真)もあります。
トヨタのパーソナルモビリティ、
ウイングレットも講習はここで行います(30分300円)。
講習後は場外の走行も可能。
ヒストリーガレージ
国内外のクラシックカーに加え、雑誌やカタログ、ミニカーなどの貴重な資料を展示し、そのクルマが生まれた時代や背景まで体感できるアミューズメントスポット。
モータースポーツの歴史を振り返るGPアーカイブ。F1やル・マン、WRCなど様々なレースの歴史が集まっています。 ウイスキーの貯蔵庫を思わせる部屋に、多数の資料やミニカーがズラリ。書籍類は実際に読むこともできます。 '50〜'70年代の町並みを再現したフロアに当時の名車が並んでいます。なんとトヨタ車以外のクルマも多数展示。
スポット情報
● 所在地
東京都江東区青海1-3-12
Tel:03-3599-0808
● 営業時間
トヨタ シティショウケース 11:00〜21:00 ヒストリーガレージ 11:00〜21:00 ライドワン 11:00〜20:00(ウェルキャブは18:00まで) ライド スタジオ 11:00〜19:00
● 休館日
不定休
● 入館料
無料
● 駐車場
専用駐車場なし、ただし近隣駐車場あり
※タイムズ ヴィーナスフォートパーキング(470台)
 平日:最初の1時間まで500円/以降30分毎に250円/1日最大1,500円/回
 土休日:最初の1時間まで600円/以降30分毎に300円
※タイムズ パレットタウンパーキング(480台)
 平日:最初の1時間まで500円/以降30分毎に250円/1日最大1,500円/回
 土休日:最初の1時間まで600円/以降30分毎に300円
● 公式ホームページ
http://www.megaweb.gr.jp/