わたらせ渓谷鐡道わたらせ渓谷線
メインPhoto
どんなところ?
秋も深まりいよいよ紅葉シーズンが到来! というわけで、紅葉の名所をご紹介しようと思いまして、場所を探してみました。埼玉といえば、やはり秩父が身近な紅葉スポットとして有名ですが、今回はちょっと足を伸ばして群馬県の紅葉スポットをご紹介です。
今回ご紹介するのは、わたらせ渓谷鐵道(以下、わ鐵)が運営する路線「わたらせ渓谷線」です。この路線は、群馬県桐生市の桐生駅から栃木県日光市の間藤(まとう)駅を結ぶもので、路線名のとおり渡良瀬川の渓谷に沿って走る風光明媚な路線で、初夏の新緑と晩秋の紅葉で多くの人に愛されています。特に人気は、窓ガラスをなくしたことで風を感じながら渓谷の風景を楽しめるトロッコ列車です。満席になることも多いので、事前に予約してからお出かけすることをオススメします。足尾までの往復を利用したり、途中下車して散策を楽しむ場合は、「1日フリーきっぷ」(大人1800円、小学生900円)の利用がお得です。
わたらせ渓谷鐵道の正式な略称が「わ鐵」。かつて、足尾銅山からの積み出し用の貨物列車で賑わった路線ですが、現在では観光用と地元の方の通勤・通学の足として愛されています。
雄大な自然の紅葉だけでなく、足元の愛らしい花々もわたらせ渓谷線の魅力です。途中下車して花を愛でるのも楽しいですよ。
トロッコわたらせ渓谷号
kisaradu_donna01.jpg コトコトと車体を揺らしながら、列車は上流へ向かいます。取材日はまだ緑も深く、秋晴れの空とのコントラストが美しい日でした。季節によって違った魅力ある景色が楽しめるため、リピート客が多いのもうなずけます。
わ鐵が誇る看板観光列車が「トロッコわたらせ渓谷号」です。大間々駅と足尾駅の間をゆったりとした速度で走るため、景色を存分に楽しめるのがうれしいポイント。編成は、DE10形ディーゼル機関車を先頭にして、その後ろに4両の客車がつくもの。4両のうち真ん中の2両は、京王電鉄5000系電車改造のトロッコ車両となっていて、窓ガラスがないため爽快な列車の旅を楽しめます。両端の2両はJR12系客車でこちらには窓ガラスもあり空調も用意されています。気候によって風が冷たいときなどは、こちらの車両に移動することもできるので、冷え性の女性でも安心して乗車できます。
本来、桐生と間藤駅間を結ぶわたらせ渓谷線なのに、なぜ大間々と足尾間での運行なのか、不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれません。これは機関車を列車の前後に付け替える作業(通称・機回し)ができるのが、大間々駅と足尾駅のみだからです。マメ知識としてお子さんや奥さまに教えてあげるといいですね。
運行は4月から11月の土日祝日。1カ月前からの予約が可能です。くわしくはこちら(PDFファイルが開きます)をご覧ください。
取材日もトロッコ列車は大人気! 朝9時にご覧のような状況です。予約なしで訪れたお客さんのなかには、残念そうに普通列車に乗って足尾に向かわれる方も……。確実に乗るためにも予約をオススメします! さわやかな風に吹かれながら、美しい渓谷を満喫できるトロッコ列車。路線は数度にわたって橋で渓谷を渡るため、左右両方の車窓から渓谷美を鑑賞できるます。どちら側の席に座っても十分楽しめるので、安心してくださいね。 ヘッドマークも誇らしげに入線するDE10形機関車。エンジンはDML61ZB形。排気量6万1070ccのV形12気筒ディーゼルエンジンで1350馬力の出力を誇ります。みなさんの愛車のエンジンと比較してみてはいかがでしょう?
長いトンネル内はイルミネーションタイム!
わ鐵の見どころのひとつは、途中の神戸(ごうど)駅と沢入(そうり)駅の間にある、全長5.2キロの草木トンネルにもあります。このトンネルは、トロッコ列車を運行する第三セクター鉄道のなかで一番長いトンネル。通過には約10分ほどかかるのですが、この間トロッコわたらせ渓谷号の車内はイルミネーションが点灯。車内が幻想的な空間となり、お子さんや女性も大喜びの演出となっています。
大人気のお弁当を販売中!
列車の旅の醍醐味のひとつといえば、やっぱりお弁当! わ鐵では人気のお弁当2種類が提供されています。トロッコわたらせ渓谷3号の大間々駅発車時に車内で販売されますが、こちらも数に限りがあるので事前に予約しておくのがオススメです。

群馬県内の牧場で飼育されたブランド豚を贅沢に使った「やまと豚弁当」(1000円)。自慢のタレで仕上げた豚肉は、やわらかく風味も抜群です! つけあわせのお芋もおいしいと大好評。オリジナル手ぬぐいもついてきます。

「トロッコ弁当」(900円)は、ボリュームたっぷりの舞茸の天ぷらがメインのお弁当です。野菜が多いので女性に人気なほか、おかずの種類が多いためお酒といっしょに楽しまれる向きにもオススメです。
往年の特急列車の車両を使ったレストラン
kisaradu_donna01.jpg途中の神戸駅構内では、東武鉄道で特急列車の車両として使われていたデラックスロマンスカー1720系が2両が見られます。実はこれ車両を使ったレストラン「清流」なんです。各種の定食やそば、うどんに加えて生ビールなどを提供しています。詳しいメニューなどはこちらをご覧ください。
1960年から30年以上東武鉄道を代表する車両として活躍していた1720系・通称デラ。旧国鉄のグリーン車と同等の装備を持つ豪華さで、多くの旅客を魅了してきました。 人気の「きのこカレー」(800円)。辛さも控えめでマイルドな味なので、お子様でも安心して食べられます。 「きのこそば」(600円)。お蕎麦のおいしい土地柄だけあって、風味の良さが自慢です。
トロッコわっしー号
2012年4月1日にデビューした新トロッコ列車が「トロッコわっしー号」です。名前の由来は、わ鐵が誇るゆるキャラ「わっしー」(音が出ます)から。これまで1日1往復だったらトロッコ列車ですが「トロッコわっしー号」のデビューにより、1日3往復まで増発され紅葉や新緑のシーズンでも、多くの人にトロッコ列車の旅を楽しんでもらえるようになりました。
 「トロッコわっしー号」に使われる車両は、わ鐵としては17年ぶりとなる待望の新型車両。気動車を使用しているため、機回しがいらないので、桐生から間藤駅までの全区間運行が可能になりました。さらに、トロッコ列車部分に窓ガラスを取り付けられるため、冬期にも運行が可能です。くわしい運行スケジュールは、こちら(PDFファイルが開きます)をご覧ください。
「トロッコわっしー号」は2両編成。間藤側の車両はトロッコ気動車WKT-551形です。通常は窓ガラスを外したトロッコ車両として利用され、冬期には窓をつけて運行するイイトコどりの車両になっています。
大間々駅を発車した「トロッコわっしー号」。桐生側の車両は同じく新型のWKT-501形。わ鐵伝統の愛称である「けさまる」を継承した車両でもあります。左には発車を待つ「トロッコわたらせ渓谷号」が見えます。
トロッコ列車の車窓から紅葉を満喫!
トロッコ列車で楽しむわたらせ渓谷のハイシーズンは、春の桜の季節と、これからやってくる晩秋の紅葉時期。通常の列車より、ゆっくりと進むトロッコ列車なら、存分に渡良瀬渓谷の紅葉を楽しめます。そこで気になるのが紅葉の情報。いつごろが見ごろなのか、しっかりチェックしてからお出かけしましょう。なお、わたらせ渓谷線は、桐生駅と間藤駅で約550メートルの標高差があるため、全線同時には紅葉しません。通常は10月下旬前後に足尾付近で紅葉が始まり、1カ月程度かけて大間々周辺まで降りてきます。この期間にトロッコ列車に乗れば、どこかで紅葉を見られます。大間々付近の紅葉情報は、こちらを参考にするとよいでしょう。
スポット情報
● 所在地(大間々駅)
〒376-0101 群馬県みどり市大間々町大間々1375
Tel.0277-72-1117(7:30〜17:10)
● 駐車場(50台)
500円/1日
● 運賃
トロッコ列車整理券:
大人(中学生以上)500円、小児(小学生)250円
※整理券は各トロッコ列車ごとに必要です。
 往復でトロッコ列車を利用する場合は2枚必要になります。
運賃(大間々〜足尾):大人片道900円、こども片道450円
運賃(桐生〜間藤):大人片道1080円、こども540円
一日フリーきっぷ:大人1800円、小学生900円
公式ホームページはこちら