原鉄道模型博物館
メインPhoto
どんなところ?
2012年7月10日にお目見えした新しい横浜の名所・原鉄道模型博物館。この博物館は、文具やオフィス家具で著名なコクヨで活躍したエンジニアであり(後に専務)、世界的に著名な鉄道模型製作・収集家でもある原 信太郎氏の希少なコレクションを中心に、世界でも有数の規模と質の鉄道模型の展示を行なっています。オープン直後に夏休みを迎えたこともあり、連日多くの人で賑わい入場制限を行うこともしばしばでした。
博物館の延べ床面積は1700平方メートルで、展示される鉄道模型の総数は約1000両。そのうちの一部は、室内ジオラマ「いちばんテツモパーク」で実際に走行させられています。リアルさや細密さで世界でも有名な原氏のコレクションが実際に走行する様子は、来場された多くのお客さんの目を釘付けにしています。ぜひみなさんもその迫力を体感してみてください。
エントランスは白を基調にした明るい雰囲気の空間に、鉄道車両を描いた線画がデザインされています。 コレクターとしてだけでなく、製作家としても知られる原氏。そのコレクションのリアルさは圧巻のひとことです。 高低差もあり、ミニチュアのお人形さんの生活が息づくようなジオラマの造形もみどころのひとつです。
第一展示室
原氏のコレクションのうち、代表作となる模型を展示しています。各車両にまつわるエピソードや部品についての解説なども紹介されていて、それぞれの模型から、その背後にある壮大なストーリーが感じられます。
こちらの展示室も白を基調した空間で、円形の展示室です。各車両はショーケースに収められ、間近で見られるようになっています。 原氏が小学6年生のころに初めて制作した自由型電気機関車「8000号」。 箱根登山鉄道(小田原電気鉄道)で活躍したチキ1形。大正期の木造車両ならではの質感に注目です。
第二展示室
原氏の所有するコレクションのなかから、厳選した逸品をテーマ毎に展示しています。各時代の鉄道の進化と、その文化的な背景について触れられる貴重な展示です。古き良き時代の良質な客車を思わせるウッディーな雰囲気も感じてみてください。
照明もぐっとやらわかくなり、落ち着いた雰囲気のなかでコレクションを鑑賞できます。ソファも用意されているので、ひと休みするのもいいですね。 東武鉄道で活躍していた特急型電車デハ10系。昭和10年に華々しくデビューし、過酷な戦中期も生き残り、昭和50年まで東武鉄道の屋台骨を支えました。 イギリスの四台鉄道会社のひとつLNERが誇る蒸気機関車クラスA4。車台番号4468の個体は、マラードと呼ばれ人々に親しまれました。
第三展示室
切符 原氏のコレクションのうち、希少性の高いアンティーク模型や、旅の記録などの資料を展示解説しています。右の写真は、東海道新幹線開業時の一番切符。正真正銘の一点物なので、ここでしか見られない大変貴重なものです。下の写真は、1919年にドイツの模型メーカー・メルクリンが製造したヴッパタールの懸垂電車の模型。世界唯一の現存品といわれ、原氏は1980年代にクリスティーズのオークションで落札されたとのことです。
てつもパーク
photo 約310平方メートルの面積のジオラマです。高低差のある風景の中を一番ゲージがド迫力で走行します。
一番ゲージの車両が走行するための壮大なジオラマが鎮座する展示スペースです。一般公開されている一番ゲージの室内ジオラマとしては、世界最大級の面積を誇ります。軌道(線路)は、電気・蒸気・トロリーそれぞれに用意されていて、各時代の列車がヨーロッパの街並みや風景の中を駆け抜けます。展示室内には、この雄大なジオラマを俯瞰できるように、一段高くなっている観覧席も設けられています。かぶりつきで模型の迫力を堪能したあとは、観覧席でジオラマの風景が時間の経過とともに変化していく様子を鑑賞するのがおすすめです。
取材にお伺いした日も、このジオラマは大人気で老若男女すべてのお客さんを虜にしていました。模型を運転するスタッフの方もどこか誇らしげで、そこもまた微笑ましいポイントのひとつです。
余談ではありますが、お子さんに人気のテレビ番組『きかんしゃトーマス』も一番ゲージの模型を作って撮影されているんですよ。お子さん連れの方は、ぜひこんなエピソードも披露されてみてはいかがでしょうか?
蒸気機関車は専用の軌道を走ります。奥側に見える自動車の列も、ちゃんと走行してるんですよ。
ジオラマ内も注目のポイントです。このような小さな時計も、すべて本物の電波時計で正確な時を刻んでいます。
横浜ジオラマ
photo 見慣れた風景の中を電車が疾走します。
また、朝夕の街の様子の変化は、光と音で表現しています。
横浜の今と昔の風景を再現したジオラマです。走行している車両はHOゲージのものです。見慣れた景色や車両が見られますが、よく見るとかつての横浜駅(現在の桜木町駅)の風景も混じっています。ジオラマ全体に配置されたフィギュアも注目のポイントで、横断歩道では歩行者が横断するギミックも見られます。
中華街では春節のお祝いが。小さなフィギュアたちの生活感さえ感じさせる作り込みにぜひ注目してください。
夜用の照明に照らされると、駅前にいるフィギュアもどこか家路を急いでいるように見えてきます。
● 横浜三井ビルディング
原鉄道模型博物館が入っている横浜三井ビルディングは、2012年2月に竣工した三井不動産が手がける最新のオフィスビルのひとつ。横浜みなとみらい21の新たなランドマークとなるべく設計された超高層ビルで、その規模は地上30階地下2階です。建物の環境性能を評価する「CASBEE横浜認証制度」では最高位のSランクに認証されたエコなビルでもあります。
私たち一般のお客さんが入れるのは、地下の駐車場と1〜2階のみ。1階には、海鮮・寿司・牛しゃぶの「せんざん本店」やカフェ&ダイニングの「マリブ」、カフェ&バーの「プロント」と食事を楽しむための施設も充実。お腹が減ったり、ちょっと休憩したいときも安心ですね。このほか、コンビニの「ファミリーマート」や、原鉄道模型博物館のグッズも扱う「天賞堂 横浜みなとみらい店」も入っています。ぜひチェックしてみてくださいね。
スポット情報
● 所在地
神奈川県横浜市西区高島1-1-2 横浜三井ビルディング2階
Tel:045-640-6699
自動車でのアクセスはこちらから
● 営業時間
11:00〜18:00(入館は17:30まで)
● 休館日
毎週火曜日(祝日の場合翌営業日に振替)
および年末年始(12/31〜1/2)
● 入館料
一般:1,000円/中高生:700円/小人(4歳以上):500円
● 駐車場(100台)
普通乗用車(軽自動車含む)250円/30分(7:00〜23:00)、100円/60分(23:00〜7:00)
※入出庫は7:00〜23:00の時間内のみ
 平日最大料金:7:00〜23:00内1000円
 平日最大料金:23:00〜7:00内500円
 土日祝最大料金:7:00〜23:00内1400円
 土日祝最大料金:23:00〜7:00内500円
公式ホームページはこちら