新東名高速道路NEOPASA巡り
メインPhoto
どんなところ?
NEOPASA みなさん、新東名高速道路(以下、新東名)はもう利用されてみましたか? 新東名は、2012年4月14日に開通したばかりの最新の高速道路。御殿場JCTから浜松いなさJCT間と、東名高速道路と接続する引佐連絡路と清水連絡路が開通しました。最終的には、2020年に海老名南JCTから豊田東JCTまでが全線開通する予定です。 そんな最新の高速道路のデビューとともにおひろめとなったのが、中日本高速道路株式会社(以下、NEXCO中日本)が運営する新しいパーキングエリア(PA)/サービスエリア(SA)のブランド「NEOPASA(ネオパーサ)」です。ネオパーサは、従来のPAやSAにはない斬新なコンセプトにもとづいて設計された施設で、広々としたフードコートやゆったりとした通路幅、地元の人が手軽にPAやSAを利用できるように高速道路外に「ぷらっとパーク駐車場」を設けるなど、意欲的な仕掛けがふんだんに盛り込まれています。今回取材してびっくりしたのが、ネオパーサのお手洗いのレベルの高さです。近年改良が進み高速道路上のPAやSAのトイレは格段にキレイになっていますが、ネオパーサはさらに1段上をいく洗練されたお手洗いを持っています。
小さいお子さん連れのご家族でも安心なのもネオパーサの美点です。フードコートに、ハイクォリティな子供用の椅子が用意されていて、お子さんが遊べるキッズスペースもあります。また、子供用のトイレがあるほか、お母さんといっしょに男の子がお手洗いにいけるように、女性用トイレに男児用の便器が設置されていたりと万全の備え。さらに、ベビーコーナーには、おむつ替えのスペースはもちろん、電子レンジと調乳専用の浄水給湯器も備えられていて、授乳室は個室となっています。ファミリー層に快適に過ごしてほしいという想いが十分に感じられる設備です。ぜひみなさんも一度足を運んでみてくださいね。
2回目の更新となる今回は、残りの西側の2カ所・ネオパーサ静岡SAとネオパーサ浜松SAをご紹介します。
NEOPASA駿河湾沼津
NEOPASA 下り
新東名で唯一海を望むエリアに位置するネオパーサ駿河湾沼津。下り線は、眼下に広がる海をモチーフにしたデザインが施されています。屋外には、オーシャンビューテラスが設けられていて、風を感じられる気持ちのよい空間となっています。
フードコートには、「二代目 植松ラーメン」と「かき揚げ蕎麦 酒井」、「MOKUOLA Dexe Diner」と、いずれも高速初出店となるお店が揃っています。コンビニは「ミニストップ」です。愛犬と楽しめるお店としては、「箱根ベーカリー」があり、わんちゃん向けのパンも用意されています。
眼下の海から上がってくる風が、とても気持ちいいオーシャンビューテラス。ウッドデッキの雰囲気も抜群によいです!
直下には茶畑、その奥に市街地、海ときて、一番向こうには伊豆半島が見えます。残念ながら取材日は、霞んでしまっていました……。しょんぼりですね。
天井を中心に波のゆらぎをイメージした曲線のデザインが施されています。また、客席についても、多くのフードコートでは、スペース効率を優先した画一的な席になりがちですが、駿河湾沼津では席探しが楽しくなるデザインのよい客席が用意されています。
港や波止場をイメージした小物やデザインも数多くあしらわれています。こういう席で楽しむ食事は、いちだんと美味しいですし、記憶にも残るんですよね。

NEOPASA 上り
上り線の施設は、地中海の港町を思わせるデザインが目を引きます。展望台までいれると3階建てとなっていて、2階まではエスカレーターで移動できます。2階には、すでに多くのファンが足を運んでいる「リサとガスパールカフェ」。絵本の世界と同じ情景が楽しめます。さらに、2階にはただでさえレベルの高いネオパーサのお手洗いをさらにグレードアップさせた「プレミアムトイレ」も用意されています。男性用のトイレはモノトーンの落ち着いたデザインと高品質な設備が特徴です。圧巻は女性用のトイレで、やわらかい曲線を多用した優美なデザインが目を引くほか、半個室のパウダールームも用意されています。こんなハイクォリティな空間なら、お化粧直しのパッティングにも力が入るってものです! 男性諸氏はぜひデートの際は、こちらのトイレに彼女を案内してあげてくださいね。
フードコートには、高速初出店となる「沼津港海鮮食堂 サマサ水産」をはじめ、「港町の旨い定食屋 かもめの台所」や「静岡地小麦・自家製うどん 地粉屋」、「駿州醤油らーめん 一滴屋」が入っています。取材日も「沼津港海鮮食堂 サマサ水産」は大人気で、すでに4回目のリピーターというお客さんもいらっしゃいました。コンビニは「ミニストップ」が入っています。
3階にある展望台には鐘が備えられています。ネオパーサ内を散策していると、「かーんかーん」と時折聞こえる鐘の音はこちらのもの。カップルで鳴らしたり、お孫さんを抱っこして鳴らさせてあげたりと、みなさん思い思いに楽しんでらっしゃいました。
ドッグランの隣に位置するドッグカフェ「PET PARADISE + OneDay Café」。フードやドリンク以外にも、ペット用の洋服や雑貨も取り揃えているため、商品をチェックするだけでも楽しめちゃいます。
魅力的なショップが並ぶフードコート。席の並びはスクエアですが、客席のサイズに変化が付けられているほか、客席間の間隔も広々としていて、ゆったりと食事を楽しめます。
館内の各所に「リサとガスパール」があしらわれています。何個見つけられるか、試してみるのも楽しいですね。目線の高さだけでなく、ちょっと上の方も探してみるといいですよ。
夜景も見逃さないで
ネオパーサ駿河湾沼津SAのもうひとつの魅力は夜景です。特に上り線側の施設には展望台もあるので、眼下に新東名の上り線と下り線、さらに東名高速や市街地、その先に駿河湾と伊豆半島がばっちり見えちゃいます。日没時には、夕陽によって照らされた景色が刻々と変化する様が楽しめます。特に空のグラデーションの変化は、時間を忘れて見とれてしまう美しさです。また、ネオパーサ駿河湾沼津SAの照明も暖色系のものが多く使われているため、日が暮れるほどロマンティックな雰囲気を演出してくれます。静岡方面へのお出かけの帰りを締めくくるにふさわしい場所だと思いませんか?
NEOPASA清水
NEOPASA 上下線集約型
現在のところ、唯一の上下線集約型の施設です。また、PAのなかでネオパーサの名前を与えられているのも、現在ネオパーサ清水PAだけです。従来のPAといえば、どうしてもSAより規模が小さい上にお金もかかっていないし、トイレの数も少なくて……、といったイメージがありますが、ネオパーサ清水PAは違います。トイレにはシャープなラインの専用の建物が用意され、空調もバッチリ。男女トイレの間のスペースには、おしゃれな時計もあります。さらに、ネオパーサ清水には、展望台もあります。ちょっと歩きますが、展望台からみるネオパーサ清水(上の写真)も綺麗ですよ。快晴の日には富士山も見えるそうなので、ぜひチェックしてみてくださいね。いままでのPAのイメージとはまったく違う、と驚かれる方も多いそうですが、それも納得です。
ネオパーサ清水のコンセプトは、「くるまライフ・コミュニティーパーク」。というのも、静岡県は国内でも有数の自動車やバイクの生産拠点を抱える県なのです。愛知県のイメージが強いトヨタ自動車も、トヨタ自動車東日本の東富士工場が数多くのトヨタ車を生産しています。そのため施設内には、自動車とバイクがそれぞれ展示されていて、時期によって展示内容が入れ替わるそうです。残念ながら取材した日には、トヨタ車は展示されていませんでしたが、近い将来トヨタ車が見られるかもしれませんね。さらに、バイク用品で知られる老舗クシタニによる「KUSHITANI PERFORMANCE STORE」も入っています。高品質なウェアやグッズで知られるブランドだけに、ライダーだけでなく、カムバック予備軍のお父さんたちも楽しそうに商品を眺めていました。
フードコートに入っている店舗は、すべて高速初出店のものばかりです。「鉄板焼 鐵一」に「PIZZA-LA EXPRESS & SWEETS」、「宮武讃岐製麺所」、「丼ぶり寅福(福の字の左の作りが示)」、「中華そば 華菜樓」、「明洞食堂」と充実のラインナップです。コンビニは「ミニストップ」が入っています。
BEAMSが運営するアメリカンダイナースタイルのカフェ「レムソンズ」。白を貴重にしたかっこいい内装とあいまって、レザージャケットを着たライダーさんたちが、いっそうかっこよく見えていたのが印象的でした!
「レムソンズ」のホットドックセット(850円)。サイドメニューは、フライドポテトとオニオンリングから選択できます。ケチャップとマスタードを好みの量かけて、がぶりといただきましょう。ソーセージ好きには、たまらないボリューム満点の逸品です。
上下線集約型の施設のため、フードコートも広めに作られています。PAのためレストランはありませんが、そんなことは気にならないぐらい豊富なメニューから選べるのがうれしいですね。
バイクの展示コーナーには、2011年シリーズまでMotoGPで戦っていたRC212Vが飾られていました。F1のエンジンを開発していたエンジニアが設計に参加していて、その馬力はなんと201ps以上もあるそうです。びっくりですね。なお、展示車種・メーカーは定期的に変更されます。
NEOPASA静岡
NEOPASA 下り
静岡県の中心に位置するネオパーサ静岡。下り線の施設は、静岡市の花であるタチアオイや、市の木であるハナミズキの色を要所に採り入れたデザインが特徴となっています。東西に長い県内から各地の名産品を集め、一堂に会する場として、ショッピングとフードにも力を入れています。ショッピングでは、県内の山と海の恵みをコレクションしたほか、静岡茶や県内の工芸品も扱う「しずおかマルシェ」と、バンダイが運営するガンダムファンのためのアパレルやファッション小物を扱う「STRICT-G」と、高速初出店のショップが注目を集めています。フードでは、高速初出店の海の幸を提供する「駿河丸」をはじめ、「炙ラーメン明」や「ハイウェーパオ」などのお店が美味しさを競っています。コンビニは「デイリーヤマザキ」です。
静岡を始めとしてネオパーサの各所には、ミストを噴霧する装置が設置されていて、暑い日でも涼感を演出してくれています。取材日もミストを身体に浴びて、涼んでいるお客さんもたくさんいらっしゃいました。
屋外にはウッドデッキが用意されています。ソフトクリームが人気の「富士山高原いでぼく」をはじめ、テイクアウトのお店も充実しているので、天気がよい日はお外でいただくのも気持ちよさそうです。

NEOPASA 上り
上り線の施設は、実験的な取り組みが盛り込まれています。環境に配慮した施設造りを目ざして「スーパー・エコ・エリア」として整備されているのです。具体的には、バイオディーゼル燃料製造プラントを備えるほか、空調設備に地中熱を利用し、太陽光発電も併用。照明にはLEDやハイブリッド照明を積極的に採用し、節水型お手洗い設備も投入。これにより、年間で750トンのCO2削減を見込んでいるとのことです。地域連携の一環として、小中学生の社会科見学や課外授業の受け入れにも積極的だそうです。
上り線のデザインは、白を基調にしながらアクセントカラーとして、静岡茶の緑を配したもの。店舗面では、下り線同様県内の名産品をふんだんに取り揃えることをテーマにしています。下り線同様「しずおかマルシェ」がショッピングの拠点となり、高速初出店のベーカリー「デリフランス」が富士山メロンパンをはじめ、静岡にちなんだオリジナル商品を提供します。テイクアウトのショップはいずれも高速初出店で、ソフトクリームやクレープが人気の「らくのうFACTORY」や、駿河の炒麺で知られる「海老寿屋」、鶏と豚の本格炭火焼きを提供する「KushikomA」と魅力的なお店が揃います。コンビニは「デイリーヤマザキ」です。
下り線に比べると規模こそ小さくなりますが、上り線にも「STRICT-G」があります。ガンダムの模型が展示されているほか、オリジナルTシャツを販売する自動販売機もあります。
フードコートには「とんかつ 新宿さぼてん」やラーメン店一風堂の新業態店「IPPUDO NOODLE EXPRESS」、「マイ・バーグ」、うどんの「つるこし」などが軒を連ねています。
同じくフードコートにある、チャーハンと餃子の専門店「西安餃子」。関東を中心に展開しているチェーン店ですが、満を持して静岡に進出です。
施設の全面には築山が設けられていて、立体的な休憩スペースとなっています。取材日もお子さんやペット連れのお客さんが、思い思いに築山を散策されていました。
NEOPASA浜松
NEOPASA 下り
古来から遠江の中心地として栄えてきた浜松は、現在でも静岡県最大の人口と面積を誇る都市です。特にトヨタ自動車の本拠地である豊田市と並んで、自動車や二輪車の生産拠点として知られるほか、世界でも類をみないほど楽器メーカーが集中している都市としても知られています。静岡県楽器製造協会という団体があるのですが、そこに加盟する会社はいずれも浜松市かお隣の磐田市に本拠を置く企業ばかり。例をあげると、世界でも有数の巨大楽器メーカーであり、トヨタの自動車部品もたくさん作っているヤマハを筆頭に、電子楽器のローランド、ピアノの河合楽器製作所、かつてはピアノメーカーとしても知られ、現在は電子ピアノを主力とする鈴木楽器製作所、ギターの東海楽器製造などが、いずれも浜松市を本拠として活動しています。そのため、ネオパーサ浜松には、楽器をモチーフにしたデザインが各所に採り入れられているほか、体感型のスペース「ミュージックスポット」が用意されています。
テイクアウト店舗には、高速初出店のお店が勢揃い。魅力的なスイーツを提供する「浜松ぬくもりの森」をはじめ、やまと豚を使った「肉巻ご飯串」や「豚串焼」、「遠州焼」などワンハンドグルメを提供する「とんくし亭」、焼津の削り節と地場野菜をふんだんに使ったたこ焼きや焼きそばが人気の「鉄板焼 しもん」と、いずれもすでに人気店となっています。コンビニは「ミニストップ」です。
下り線のミュージックスポットは、ローランドが協賛。同社の楽器が数多く展示されています。なかでも人気は電子ドラムで、お子さんが夢中になって叩いていました。
フードコートは、浜松名物の浜松餃子「浜北軒」とうなぎの「うな濱」を中心に、高速初出店の「とんかつの名門 せんざん」と充実のラインナップです。
広大な敷地を持ち、屋外にも楽器をテーマにしたオブジェが豊富に用意されています。
少し歩きますが、通称ドレミパイプと呼ばれる楽器も用意されていて、実際に自分の手で叩いて音を奏でられます。取材日には、巧みに曲を演奏されるお父さんがいらっしゃって、父親の意外な一面を目の当たりにした娘さんが大喜びする一幕も見られました。

NEOPASA 上り
ピアノをイメージした外観デザインが特徴のネオパーサ浜松上り線。取材日には青空が広がり、黒鍵と白鍵もより映えていました。施設内も床を中心に、黒鍵と白鍵をモチーフにしたデザインを全面に採用しています。
ショッピングの核となるのは、下り線同様「遠鉄マルシェ」ですが、ぜひチェックしていただきたいのが、上り線限定となる「チョコレートロールケーキ」。地元の銘店「入河屋」のパティシエ松嵜氏が手がけた逸品で、甘さを抑えた上品なロールケーキです。
テイクアウトのショップも充実しています。いずれも高速初出店となり、スペアリブとソフトクリームの「PECOLITA」を筆頭に、100グラムオーバーの豚バラ串や鳥串、お手頃価格のうなぎ串を提供する「串焼き じげん」、いつでも焼きたての「たこぽん」が魅力的なフードを提供してくれます。
同じく高速初出店となるベーカリー「サンエトワール」や「上島珈琲店」も出店しています。なかでも、「上島珈琲店」は同店初の試みとして、愛犬といっしょにコーヒーを楽しめるスペースを用意。取材時にも、みなさんが愛犬と共に語らう素敵な空間になっていました。コンビニは「ミニストップ」です。
上り線のミュージックスポットは、ヤマハが協賛。同社の楽器が展示されています。この日は、中央に展示されていたピアノの自動演奏に耳を傾けるご夫婦やカップルが数多くいらっしゃいました。
地域密着の遠州鉄道ならではの地元愛満点の品揃えが特徴の「遠鉄マルシェ」。地元で絶大な人気を誇る遠鉄百貨店を運営するノウハウもあり、はなやかな売り場はすでに人気を集めています。
フードコートは、高速初出店のお店がズラリと揃います。「肉つけうどん&丼ぶり はまきた食堂」をはじめ、「焼きスパ&カレー バルボア」や「陳建一監修 中華の鉄人」に加え、浜松餃子の元祖である「石松ぎょうざ」と万全の布陣で、食の楽しみを提供してくれます。
救急医療活動の支援として、ネオパーサを含む新東名のSAやPAにはヘリポートが整備されています。これにより、高齢者の多い静岡県の山側のエリアの搬送時間が劇的に短縮されるそうです。なお、ネオパーサ浜松は独自のヘリポートは持たず、隣接する浜松市防災ヘリポートを使用します。訓練に使われることも多いため、ヘリコプターを見るチャンスも多いようなので、ぜひデジカメや双眼鏡をお忘れなく!
ワンちゃんにも優しいNEOPASA
今回、すべてのネオパーサを訪れて素敵だなと思ったポイントのひとつが、ペットにも配慮した施設造りがなされていることでした。ペット連れのご家族は、おおむねネオパーサごとに休憩を取られることが多く、必然的に同じワンちゃんたちがドッグランで何度も顔を合わせることになり、1日でお友だちになる姿が数多く見られました。さらに、ネオパーサには一般道からの出入りが可能な「ぷらっとパーク」が用意されているため、地元のワンちゃんも散歩に訪れます。人だけでなくワンちゃんの地域間交流にも寄与できるのもネオパーサならでは。下の表にもまとめましたが、ゆったりとしたスペースのドッグランに加え、水飲み場やゴミ箱、シャワー、遊具なども完備したネオパーサは、まさにワンダフルな施設といえるでしょう。
●NEOPASAのドッグラン設置状況
施設名 ドッグラン面積 水飲み場 排泄物用ゴミ箱 ドッグカフェ併設 シャワー/遊具
NEOPASA駿河湾沼津下り線 770m2
NEOPASA駿河湾沼津上り線 450m2
NEOPASA清水
NEOPASA静岡下り線 500m2
NEOPASA静岡上り線 390m2
NEOPASA浜松下り線 230m2
NEOPASA浜松上り線 450m2
スポット情報
● 所在地
NEOPASA駿河湾沼津下り線:〒410-0309 静岡県沼津市根古屋字的場770-1-65(MAP
NEOPASA駿河湾沼津上り線:〒410-0319 静岡県沼津市井出字銭神1392-7-73(MAP
NEOPASA清水:〒424-0302 静岡県静岡市清水区小河内字池の沢885-1(MAP
NEOPASA静岡下り線:〒421-1224 静岡県静岡市葵区飯間字サヲリ939(MAP
NEOPASA静岡上り線:〒421-1225 静岡県静岡市葵区小瀬戸字谷川地1514(MAP
NEOPASA浜松下り線:〒431-2102 静岡県浜松市北区都田町3928-60(MAP
NEOPASA浜松上り線:〒434-0006 静岡県浜松市浜北区四大地9-6(MAP
● 営業時間:24時間
各店舗の営業時間は以下のページをご覧ください。
NEOPASA駿河湾沼津下り線はこちら
NEOPASA駿河湾沼津上り線はこちら
NEOPASA清水はこちら
NEOPASA静岡下り線はこちら
NEOPASA静岡上り線はこちら
NEOPASA浜松下り線はこちら
NEOPASA浜松上り線はこちら
● 駐車場
NEOPASA駿河湾沼津下り線:大型76台、小型98台
NEOPASA駿河湾沼津上り線:大型75台、小型98台
NEOPASA清水:大型136台、小型64台(※上下線合計)
NEOPASA静岡下り線:大型84台、小型102台
NEOPASA静岡上り線:大型84台、小型102台
NEOPASA浜松下り線:大型94台、小型92台
NEOPASA浜松上り線:大型94台、小型92台