Check it! ネッツ埼玉
みなさんは、クルマの店舗の役割ってどういうものだと思いますか? クルマを買う場所、クルマの点検や修理をしてもらう場所。最近では、もうひとつ「お客様に快適に過ごしてもらう場所」というものが加わりました。それは、クルマの販売形式がお客様の家に営業マンが赴く「訪問型」から、お客様が店舗にいらしていただく「来店型」に変わってきたからなのです。特に点検や修理の時、お客様に店内でお待ちいただく場合など、いかにお客様を退屈させないようにするかという工夫が必要になります。雑誌やテレビ、娯楽コーナーなど、店舗ごとにさまざまなアイデアで、お客様のニーズにお応えしていますが、ネッツトヨタ埼玉・東松山店では2012年の初夏より、ちょっと面白い試みを始めました。
それは、店舗2階のスペースを使って、スロットカーとドライブシミュレーターのコーナーを設置したのです。どんなモノか、ご紹介しますね! お隣のスペースには新生代スポーツカー「86」も展示されていますので、ご興味を持たれましたら、ぜひ東松山店を訪れてみてください!
スロットカー
店舗の2階に上がると、ドーンと巨大なスロットカーのコースが目に入ります。ちなみにスロットカーとは、車線に溝(スロット) が設けられたコースの上を、溝に噛み合う突起がついた模型車を走らせるレースゲームのこと。ピストルのグリップのようなコントローラーで、スピードを調整しながら速さを競うようになっています。ここに設置してあるのは2車線のコースですので、2人でレースを楽しむことができます。用意されているクルマは、1台は、トップスピードは速いけれど、全開だと急カーブでコースアウトしてしまうタイプ。もう1台は、トップスピードは遅いけれど、安定感のあるタイプ。どちらを選ぶかは、お好み次第。起伏に富んだテクニカルなコースなので、速度調節など試行錯誤しながら楽しんでみてください。

ドライブシミュレーター
スロットカーコースの奥には、レーシングカーのコックピットと大型液晶モニターが! ソニーのプレイステーション3用ソフト「グランツーリスモ5」とロジクールのステアリングコントローラー「G27 レーシング ホイール」を組み合わせた、本格的なドライビングシミュレータが設置されています。「グランツーリスモ5」をプレイしたことがある方はいらっしゃるかもしれませんが、ステアリングコントローラーは触ったことのない方がほとんどでは?
このコントローラー、ステアリングにはシフトパドルまでついている上に、プレイ中には路面からの反力も返ってくる凝りよう! ついつい運転に夢中になってしまいます。当然!?ドライブするクルマは「86」。さまざまなコースで「86」のドライブを満喫してください!

ネッツ埼玉では、お客様によりよい商品を知っていただいたり、お客様に快適にショップで過ごしていただけるよう、さまざまな工夫を心掛けています。今後もこのコーナーで、このような取り組みをご紹介していきますので、ぜひ、記事をお楽しみいただけると幸いです。