ストリームフラッグ
クルマの販売店に限らずですが、新商品が発売になったときやイベントのある日など、店先に必ずと言っていいほど出現するのが、「のぼり旗」。でも、いつも私たちが目にするのは、縦長の四角い旗が風にひらめいている姿。どれも同じような形だと、次第に何だか当たり前になってしまって、目を引かなくなってしまいますよね!
そこで、ネッツ埼玉は考えました。
「もっと個性的なのぼり旗はないか?」
………ありました!!
アルテック ジャパンという会社が提供している新しい“カタチ”ののぼり旗「ストリームフラッグ」。旗のフォルムが四角ではなく、“逆”ティアドロップ型になっているのです。
上部が直径90センチもある大きな円形状のため、遠くからでも目立ちますし、旗自体をうまくデザインすれば非常にインパクトのあるPRツールができあがります。
ストリームフラッグ
さらに旗全体の形状も「ギザギザ型」や「ブレード型」など4種類の形が選べるのですが、ネッツ埼玉ではその中から、蝶々の羽のような形をしている「バタフライ型」をセレクトし、「アクア」と「86」のストリームフラッグを作成しました。写真をご覧ください。いかに特徴的な形かがわかっていただけると思います。
撮影協力:ネッツトヨタ埼玉 草加店
「アクア」の旗も「86」の旗も、アピール度抜群でしょ? これなら、通りを歩く人も、クルマで通り過ぎる人からも、そしてショールームにいるお客様からも、興味を引くこと間違いなしですよね!
現在(2012年6月)、各ショップにストリームフラッグを設置してありますので、みなさんも最寄りのネッツ埼玉に寄ったときは、ちょっと気をつけてご覧になってみてください。もしかしたら、ご自分の家にも飾りたくなるかもしれませんよ!?
ネッツ埼玉では、お客様によりよい商品を知っていただいたり、お客様に快適にショップで過ごしていただけるよう、さまざまな工夫を心掛けています。今後もこのコーナーで、このような取り組みをご紹介していきますので、ぜひ、記事をお楽しみいただけると幸いです。