埼玉カフェさんぽ

image
image

川越駅近くのダイニングカフェ&バーをご紹介します。店名の通り、お店のシンボルになっているのは三輪車。なんでもオーナーさんが、アンティークのアイテムを探している時に、アンティークの三輪車と出会ったのがきっかけだそうです。カウンター側の壁には、アンティークの三輪車が飾ってあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。柔らかな曲線で構成された味わい深いシルエットが楽しめます。三輪車以外にもアンティークの品が各所に使われているので、見ているだけでも楽しい時間を過ごせます。
また、お店ではジャズライブなどのイベントが開催されることもあり、音楽を楽しみながら食事やドリンクを楽しむこともできます。最新のライブ情報は公式ツイッターをご確認ください。なお、スイーツのみでの利用は不可で、1ドリンク制となっています。チャージは、ライブ開催時のみのミュージックチャージのみで、通常営業時はチャージなしです。

● トライシクルカフェ
所在地: 埼玉県川越市菅原町19-5
電話番号: 049-224-3115
定休日: 火曜日
営業時間: 17時00分〜24時(L.O.23時、ドリンクL.O.23時30分)
駐車場: なし(近隣のコインパーキングをお使いください)
公式ツイッター: https://twitter.com/taichiinoue3
見出し
image

トライシクルカフェのフードは、オープン当初から健康を意識したメニューが多く、厳選された素材が最大の特長。豆や豆腐、豆乳、玄米などを取り入れたメニューが目を引きます。特に豆腐は、地元川越の小野食品が手がける「仙波豆富」を使用。濃厚な味となめらかな舌触りが魅力的です。
メニューは、新鮮な野菜がふんだんに使われたサラダをはじめ、ボリュームたっぷりのお食事メニューやドリンクがすすむおつまみメニュー、〆のデザートまで豊富な品揃え。思わず目移りしちゃうバリエーションです。3名から利用できるお得な宴会プランも用意されていますので、3人以上で来店する際はぜひ試してみてくださいね。

image

生地からお店で手作りしているキッシュは、九州産小麦粉を使用。写真の「ほくほくカボチャとクリームチーズのキッシュ カレー風味」は、見た目以上に食べ応えあり!生地のサクサク感と中身のしっとりとした食感をお楽しみください。

image

人気ナンバー1の「仙波豆富のベイクドチーズケーキ」。チーズの風味はしっかりしているのですが、仙波豆富のおかげで重くなく、なめらかな口当たりと豆腐の甘みが感じられるケーキに仕上がっています。このほか「仙波豆富のなめらかティラミス」や「仙波豆腐とバナナのガ豆富ショコラ」などがあります。

image

地元川越産の玄米を使ったリゾットも人気です。写真は「自家製ローストビーフの濃厚クリームリゾット 温玉のせ」。プチプチとした玄米の食感と旨味が凝縮されたローストビーフ、なめらかなクリームの調和がたまりません。アクセントのバルサミコソースの酸味が、味を引き締めてくれます。

image

「地元川越『仙波豆富』と水菜のシャキシャキサラダ」。シャキシャキの水菜がたっぷり食べられる人気メニューです。仙波豆富のなめらかな食感と甘みと、地元川越のまろやかな松本醤油とゴマ油のドレッシングの相性は抜群。ピーナッツが時折顔をのぞかせ、カリッとした食感が楽しい一品です。

見出し
image

なんといっても注目は、50種類以上と品揃え豊富な梅酒です。日本一をとったグランプリ梅酒を筆頭に、地元埼玉の梅酒や冷え性の方にうれしい身体を温めるしょうがの梅酒、いやし系の美容梅酒に各種フルーツ果汁の入った梅酒など、1回ではコンプリートできないラインアップです。また、季節に応じて限定の梅酒が用意されていますので、こちらもぜひおためしください。6月からは「恋する梅酒サングリア」が夏仕様にモデルチェンジ。夏らしい果実をふんだんに使った1杯になっています。情熱の赤、魅惑の白ともに800円です。
もちろん、カフェですので梅酒以外のドリンクも豊富です。ビールやワイン、焼酎、各種ハイボールに、ノンアルコールカクテルやノンアルコールビール、ソフトドリンクの品揃えも圧巻の量。アルコールなしでも十分楽しめますのでぜひお試しください。

image

食事との相性抜群の「すっぱい」。通常の梅酒の3〜4倍の梅を贅沢に使った梅酒です。

image

大きなワイングラスで飲む「恋する梅酒サングリア」。数量限定ですのでご注意を!

image

季節の梅酒も人気です。写真は5月末までの「イチゴ梅酒」とそれを使った「フローズン苺の梅酒スパークリング」の黒板。

image

赤白どちらから頼むか目移りしてしまいます。迷ったときは両方頼んでシェアがよいかも?

image

魅惑の白はすっきりとした味わい。旬のフルーツを使って仕込まれるため、時期によって入っているフルーツが変わります。

見出し
image

店内は焼板調の壁が印象的な空間になっていて、カウンター席と通常のチェア席に加えて、ゆったりくつろげるソファ席も用意されていて、思い思いのひとときを過ごせます。壁面にはお手製の黒板によるメニュー紹介のほか、雰囲気満点のポスターなどが飾られています。壁面に飾られたアンティークの三輪車や優美なシルエットの照明がかもしだす、さりげないアメリカンアンティークの雰囲気を存分に楽しんでください。